政治・経済

2020年までに訪日外国人観光客数4千万人を目指す日本。2千万人にまでは順調に増えたが、さらに倍の人数にするには、さらなる観光資源開発と地方への誘導が欠かせない。現在、その可能性に期待されているのがアニメ作品。そのゆかりの地を巡る「聖地巡礼」に注目が集まっている。文=本誌/古賀寛明

四国巡礼の経済効果1650億円

 9月16日、出版社のKADOKAWAやJTB、日本航空などが中心となり、アニメの舞台やゆかりの地から88カ所を選定。その地を連携することで、インバウンド客も含めた観光客の誘致を促進する「アニメツーリズム協会」を設立した。理事長には、「機動戦士ガンダム」の生みの親である富野由悠季氏が、副理事長には、KADOKAWA会長の角川歴彦氏が就任した。

 人気アニメにおいて、その舞台となった街や場所は、ファンから「聖地」と呼ばれる。その場所をまるで巡礼者のようにファンが訪れるため、こうした旅を「聖地巡礼」と呼ぶ。今回、誕生したアニメツーリズム協会は、こうしたアニメの聖地や作者の誕生地、記念館などから88カ所を厳選し、それぞれの地域の行政や企業などと結び付けることで周遊観光ルートをつくり、より多くのファンに来てもらおうと考えている。また、観光資源としてアニメ作品に注目し、それを核に地域活性の呼び水にしようといった狙いもある。88という数も四国八十八カ所霊場を巡る巡礼から着想を得たようで、四国中を巡るお遍路さんのようにアニメファンが全国を巡る姿を想定しているようだ。

 一般的に巡礼は、宗教的意味はもちろんだが、経済波及効果においても大きな意味を持つ。イスラム教のハッジといわれる大巡礼には今年も190万人の巡礼者が世界中から聖地メッカを訪れた。お遍路さんの経済効果も、宮本勝浩・関西大学名誉教授の試算によれば、約1650億円(16年)も効果があり、その8割の1320億円が四国を潤している。お伊勢参り、大山参りなど昔にさかのぼってみても、日本人の巡礼はひとつの旅の形態であり、なじみ深いスタイルである。そういった面ではアニメといえど、地域を潤す効果的な方法なのかもしれない。

 そもそも聖地巡礼のような作品の舞台を巡る旅は、何もアニメに限ったものではなく、広くはフィルムツーリズムと呼ばれる。北海道富良野市が、日本有数の観光地になった理由のひとつにもフジテレビ系ドラマの「北の国から」の影響が大きい。海外に目を向けても、ローマに行けば、映画「ローマの休日」ゆかりの地を巡る観光客は多く、ニューヨークでも数々の映画から多くの人気の観光地が生まれている。アニメでも、9月16日現在で、65億円を突破した話題の映画「君の名は。」の舞台である東京都新宿区や岐阜県の飛騨市で、印象的なシーンのモデルとなった場所を探し歩くファンが後を絶たないという。

 このようにアニメ作品を含む数多くの作品が、人を呼び寄せ、その土地にお金も落としてはいるが、果たしてインバウンド客までも呼び寄せることはできるのだろうか。

アニメを窓口に地方へ誘導

 神奈川県鎌倉市にある江ノ島電鉄・鎌倉高校前駅近くの踏切にはなぜか、多くの外国人観光客が七里ケ浜の海とともに江ノ電の踏切を撮影している。ここもアニメ「スラムダンク」に登場する場所のモデルとなった聖地で、その大多数が台湾人、次いで香港、中国からの観光客だ。既に放映開始から20年以上もたっていることもあり、子どものころに影響を受けた作品の舞台を大人になって訪れる人が多いのだそうだ。中でも台湾と湘南の縁は深く、江ノ島電鉄と台湾鉄道は1日乗車券の相互無償交換を13年から行い観光連携を図っていたが、16年3月には友好鉄道協定を締結。こうした提携深化の裏に聖地巡礼が関係していることは間違いない。

 アニメコンテンツの強さは、「スラムダンク」のような誰もが知っている作品だけではない。埼玉県久喜市(旧鷲宮町)を舞台にした「らき☆すた」は、老若男女が知っているアニメではないが聖地巡礼のモデルケースとして知られる。この作品の聖地である鷲宮神社の初詣客は、放送前には9万人だったものが放送後に一気に30万人にまで増え、近年は47万人前後で推移している。以前、久喜市商工会鷲宮支所に取材した時にも「中国、台湾、韓国からの観光客も増えてきた」と話していた。日本人が思っている以上に、アニメ作品の人気は高く、また、ファンの聖地に対する思いも強いことが分かる。

 しかし、発足したばかりのアニメツーリズム協会が考えるような88カ所を巡る周遊観光ルートがうまくいくかどうかは不明だ。アニメと一口でいっても、テーマやジャンルはさまざまであるし絵のタッチもまるで違う。また、地域との連携が欠かせないため、潜在的な需要があっても、地域の実力者が保守的などといった理由で新たな取り組みに積極的ではないことも考えられる。実際にそういったケースは多い。だからこそ、まずは成功事例をつくり、数字という分かりやすい指標を示すことが重要になる。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る