政治・経済

2%の物価上昇を達成するまで続く超低金利。しかし実効が上がらない一方で、さまざまな歪みが生まれている。その典型的な例ともいえるのが、極端な低利不動産融資と超長期の社債の登場だ。投機的と格付けされた会社の超長期の社債が、将来に禍根を残すことはないのだろうか。文=ジャーナリスト/森永真一

金利1%を下回る不動産向け貸し出し

 あまりに長期化する超低金利局面の下で、銀行や証券会社が将来に禍根を残しかねないようなビジネスに邁進し始めている。金融関係者の間からも「やばい」という声が出始めているほどなのだ。

 9月15日、金融庁は例年通り「金融レポート」を発表した。同レポートは直近1年間における金融分野の問題点を分析したもの。その中で、金融庁が取り上げたのが不動産向け貸出の拡大である。中でも、地銀など地域銀行について「アパートローンを含む不動産向け貸出が、特に拡大している」と指摘し、「今後動向について注視が必要である」と警鐘を鳴らした。

 不動産向け貸出の拡大を牽引しているのは、やはり、アパート・賃貸マンションの建設資金貸出である。相続税が引き上げられたことを背景にして、都心の土地所有者に対して「相続対策」の一環とするアパート・賃貸マンション経営とそのための資金借り入れを提案するケースが激増している。

 中でも、地銀が首都圏に進出し、不動産デベロッパーとの提携方式で貸出を伸ばし続けている。貸出金利も記録的な低さであり、例えば、新宿区で提案を受けた不動産所有者は「長期のローンで1%を大きく割り込んだ金利のローンを提示された」と驚いている。

 一方、メガバンクなど大手銀行は、大手・中堅企業向けに期間20年を超える超長期ローンを提案している。中には、30年ローンも売り込んでおり、やはり、金利水準は変動金利を前提として1%台という話も聞くようになった。これについて、ある大手銀行の役員は「貸出難とマイナス金利のダブルパンチを受けて、これしかやりようがなくなった」と弁明しながら「やはり、問題があることは否定できない」と苦虫をかみ潰したような表情でこう語る。

 「企業にとって、今、資金が必要であるというわけではない。ただ、金利が安いから借りてくれと、こちらがお願いセールスしているにすぎない」

叩き売りの後始末はどうなるか

 証券分野でも異変が起きている。満期償還まで60年というようなスーパー長期の社債が発行されて、一部の証券会社が売り込んでいるからだ。それらの社債はハイブリッド債券と呼ばれて、償還期限がきわめて長いことに加えて、途中で会社側の判断で前倒し償還できるという商品に仕立てられている。

 「期限60年とすれば、金利は決して良くないが、恐らく、5年で発行会社が期限前の前倒し償還に出る。そうであれば、金利水準は悪くはない」

 本来、国債など安全資産で運用していた資産運用会社のファンドマネジャーは、マイナス金利に陥った国債の代替手段として、それらの社債を購入したと言う。しかし、「万が一、前倒し償還がなければ、とんでもない債券に投資したということになってしまう」と苦笑いを浮かべている。

 そんなファンドマネジャーですら、「あの社債は買えない」と断言するハイブリッド債が売り出されたのは9月だった。ソフトバンクグループが発行した満期25年、27年のハイブリッド債がそれだ。金利は年3%という条件設定である。しかし、ソフトバンクグループは英国の半導体設計会社を3・3兆円で買収したばかりで、それ以前の段階で約12兆円の大借金企業となっている。日本の格付会社の格付はトリプルBにとどまっているものの、ムーディーズ、S&Pという国際的な有力格付会社は「投機的」という厳しい格付をソフトバンクグループに与えている。

 そんな同社が発行した25年、27年という超ロングの社債であり、「5年目以降」に前倒し償還の条項が盛り込まれているとはいえ、「本当に前倒し償還できるとは見込みにくい」と言う。

 こうした格付問題を別にしても、償還期限が異様に長い債券や銀行貸出が横行する現状について、ある大手証券の幹部は「本来、そんな長い資金の調達については、企業は株式発行(エクイティ)で実現すべきだ」と指摘する。だが、ここで株式発行すると、株式総数の増加によって株価が下がる懸念があることや、資本の増加によってROE(資本収益率)が低下する恐れがある。そこで、社債や銀行借り入れというデットで資金調達に動いているわけだが、もうひとつ、その背景にあったのは「この先も長く、金利は上昇しない」という見通しだったと言える。

 ところが、日銀は9月21日の政策決定会合において、長期金利(長期国債金利)を現状よりも引き上げるように誘導して、金利カーブ(イールドカーブ)を立たせることを決定した。「いつまでも上がらない金利」が上がる事態となった。償還期限30年前後の社債の金利は「もっと高くてよい」という場面が到来したことになる。「マイナス金利、超低金利で利ザヤが悪化した」と被害者の立場に徹してきた銀行には、経営環境が少しでも改善するかもしれないが、この間、叩き売りした極安レートの貸出はどう処理していくのか。

 「常軌を逸脱したようなビジネスは後始末に苦労する」。あるベテラン銀行マンは、自戒を込めて先行きを憂いている。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る