マネジメント

霧島酒造2代目、江夏順吉氏の執念

 「日本一になったのに、いまだに鹿児島県産と間違われることが多いんですよ」

 宮崎県都城市で観光PRを担当する職員は苦笑いしながらこう語る。

 話題にしているのは、現在、日本で最も売れている芋焼酎「黒霧島」。蔵元は同市に拠点を構え、今年2016年にちょうど創業100周年を迎えた霧島酒造だ。

 読者の中にも、芋焼酎と言えば鹿児島という認識の人が多いかもしれない。だが、霧島酒造が焼酎メーカーの売上高トップに立ったのは昨年で4年連続。15年の売上高は589億円と10年前の約2.9倍に達し、2位の三和酒類(大分県、主力商品は「いいちこ」)を約100億円突き放している。20年には1千億円突破が目標だ。

 現在、焼酎市場自体は縮小傾向にある。

 2003年ごろに始まった“焼酎ブーム”を覚えているだろうか。芋焼酎や麦焼酎などの乙類(いわゆる本格焼酎)が人気となり、全国的に愛飲者が増えた。だが、00年代半ばにブームは過ぎ去り、メーカー各社の売上高合計も08年をピークに減少を続けている。

 そんな中にあって快進撃を続ける霧島酒造だが、今に至るには長年にわたる生みの苦しみがあった。

 創業者、江夏吉助氏から1949年に社長を継いだ江夏順吉氏は、学者肌で研究熱心だった。霧島山脈からシラス層や砂礫(されき)、火山灰土などを潜り抜け、溶結凝灰岩(ようけつぎょうかいがん)にある無数の割れ目に溜まった地下水を掘り当てることに成功。この「霧島裂罅水(きりしまれっかすい)」を焼酎の仕込み水や割り水に使用し、原料となるサツマイモの選別にも没頭した。順吉氏の三男で現専務の江夏拓三氏いわく「シェパードのように敏感な鼻を持っていた」とのことで、晩年はブレンダー室にずっとこもっていたという。

 血のにじむような努力の一方で、販売は振るわなかった。「いいちこ」や「白岳」、「雲海」といった競合商品にシェアをどんどん奪われ、売上高は100億円を下回る時代が続いた。そんな中、1996年に順吉氏は他界、次男の江夏順行氏が社長を継ぐことになる。 

 

霧島酒造のこだわり―主役はあくまで「食」

 

霧島製造ライン3

水、米、芋などの原料には徹底的にこだわる

 志半ばで逝ったとはいえ、順吉氏の残した遺産は大きかった。

 品質を探求する根底にあったのは、焼酎はあくまでも“食”を引き立てるものであり、主従関係でいえば「従」であるという考え方だ。順吉氏が、スッキリとした味わいを実現できる霧島裂罅水を採用したことによって、これが実現できた。

 そして98年、後進たちの手によって本格芋焼酎「黒霧島」が世に送り出された。

 PRは、徹底的に「主」である食を強調する方法を取った。江夏専務は言う。

 「何百種類という食の紹介をして、社内からは食ではなく焼酎の宣伝をしてくれと言われましたが、頑としてやり続けました。新聞などで宣伝するときも、大半が食のPRで、1/20程度のスペースだけを焼酎の宣伝に当てるという具合です。その過程で、食べ物をより引き立てる黒霧島という商品が生まれたんです」

 食と焼酎の関係性をいち早く見抜き、それに合致する商品を徹底的に研究してきたことが現在の躍進につながっていると強調する。

 冒頭紹介したように、今のところ「黒霧島イコール都城」の認識が世間に浸透しているとは言い難い。しかし、江夏専務は

 「鹿児島の焼酎とは全く違う」

 と、つくり手としての誇りを滲ませる。

 

 行政と強固なタッグを組む霧島酒造

 

 業績が絶好調なことも理由だろうが、霧島酒造の社内には活気がある。社員の平均年齢は32歳と、高齢化が進む地方の企業としては異色だ。地元へのUターン就職組をはじめ、宮崎県とは縁のない若者も最近では入社してくるという。

 そのエネルギーに呼応した人物がいる。現都城市長の池田宜永氏だ。

 「行政もこれまでとは違うことをやらないといけない」

 2012年に就任した40代の若き市長は、地元の振興のために霧島酒造と包括連携協定を結び、地元産の「食」と「焼酎」を前面に押し出す戦略を展開。畜産業が盛んで焼酎文化が浸透している都城の特性を生かし、「日本一の肉と焼酎」をテーマにPRを行った。その結果、15年度のふるさと納税額で全国一位、2位以下を大きく引き離す42億3123万円の寄付金額を集めた。

 ふるさと納税の返礼品選びにあたっては、多くの地元企業が参画を希望した。しかし、霧島酒造が「食を引き立てる焼酎」にこだわったように、池永氏も当初は「肉」と「焼酎」に徹底的にこだわったという。現在は市と地元企業70社で「ふるさと納税振興協議会」を設立、企業が市に販売した商品売り上げの一部を地元のPRに活用する仕組みをつくり、さらなる地域の活性化に取り組む。

 都城市にとって、肉と焼酎という2つの日本一があったのはラッキーでもあった。だが、躍進を可能にしたのは、企業と行政トップの揺るがぬ信念、そして強固な信頼関係だろう。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る