政治・経済

予想以上に内容が濃かった民進党の代表選

 あらためて言うまでもなく、人事は組織運営の要諦である。人材を生かすかどうかは、人事に懸かっているといっても過言ではない。そしてそれが、リーダーにとって必要不可欠の要であることは、企業経営に関わっている人たちであれば、痛いほどよくご存じのはずだ。そんな人事について永田町では、まさに「明と暗」がくっきりと分かれた。

 9月15日、野党第1党の民進党代表選が行われ、蓮舫氏が新代表に選出された。蓮舫氏は、「富士山から飛び降りる覚悟だ」と語り、いの一番に出馬に名乗りを挙げた。岡田克也代表、枝野幸男幹事長、安住淳国対委員長といった当時の執行部が蓮舫氏支持を明らかにした。それぞれがどの候補者を支持するのかを明らかにするのは問題ではない。しかし、党幹部の中から無投票にする動きが出てきたことが「第1の問題」だった。

 「野党の代表選は『コップの中の嵐』で、世間の関心はない。無投票でいい」

 そんな声が伝わってきた。これこそ、民進党が看板を変えて中身が変わらない有権者の苛立ちを如実に表している。政権運営失敗の反省がない――これこそが、支持率低迷の一番の要因であるはずなのに、看板や代表の顔を変えれば済む、そんな思考が見え隠れするのだ。

 危機感を持つグループが、ようやく担ぎ出せたのが、前原誠司元代表、玉木雄一郎氏の2氏だった。とりわけ玉木氏が立候補に必要な推薦人20人を集められたのは、告示日前日の夜だった。「あからさまに恫喝の電話をかけ、推薦人から降りるよう働きかける党幹部がいた」と、玉木陣営の一人は語る。“コップの中の嵐”のはずが、内部では相当な足の引っ張り合いが展開されていたのである。

 その後、蓮舫氏の二重国籍問題が火を噴く。ところが、蓮舫氏本人の弁明はあるものの、党の選管などはソッポを向いたままだった。普通に考えれば、仕切り直しをするか、党本部主導によって蓮舫氏に説明の場を持たせるとか、説明責任を果たさせるかをしなければいけなかっただろう。せっかくの代表選が、陳腐な争いになったようだ。

 それでも、代表選の最終スピーチは3氏とも堂々たるものだった。誰が代表になってもおかしくない、見事な内容だった。かつてはタカ派の代表選手のように見られていた前原氏は、低い目線で内政を立て直すための政策を訴えた。しかも、自らが戦犯だったことを自覚し、反省とともに党の立て直し、国の立て直しの先頭に立たせてほしいとの言葉は心に響いた。玉木氏の「民進党を変えたい」という叫びにも似た訴えは、聴衆の胸に届いたはずだ。

 蓮舫氏の圧勝だった。それでも、内容の濃い代表選を戦った結果で、後は一枚岩の党になれば誰も異論はなかったはずだ。ところが――。

冷え切った民進党と凄みを見せた自民党

20161101NAGATACHO_P01

イラスト/のり

 翌日、党人事で真っ先に名前が挙がったのが、野田佳彦元首相だった。蓮舫氏が参加する花斉会の会長で、蓮舫氏が師と仰ぐ人物である。その野田氏をナンバー2の幹事長に据えたのである。その他、花斉会人脈や野田内閣時のメンバーが脇を固めた。これでは、蓮舫氏の自己保身や派閥重用人事と言われても仕方ない。一気に党内の温度は冷え込んだ。

 一方の自民党は、民進党代表戦から時計の針を遡ること約1カ月、参院選後に内閣改造および党人事を行った。

 注目されたのは、幹事長に二階俊博総務会長を抜擢したことだ。本来、谷垣禎一幹事長は続投の方向だったが、自転車転倒事故による頸髄損傷で入院中の谷垣氏が固辞したため、安倍晋三首相は“知恵を絞った”格好だ。

 官邸で冷え切った2人と揶揄されてきた安倍首相と菅義偉官房長官。霞が関を掌握してきた菅氏は、官邸の要と呼ばれてきた。安倍首相からすれば、菅氏を官房長官から外せない。かといって、これ以上力をつけさせるわけにもいかない。そんな時、もう一人の実力者を空いたポストに据える人事を見せたのである。

 2人の大関が、がっぷり四つの組手で大相撲を繰り広げる。両大関のガチンコ対決は、これまで以上に自民党の凄味を感じさせる。一人横綱の安倍首相は高見の見物といったところだ。支持率は下がることなく、「次の一手」をじっくり考える余裕すら作り出すことに成功したと言えるのではないか。

 永田町の人事の明と暗は、ものの見事に対照的なものとなった。人事の失敗で、低調から脱することができない蓮舫民進党を横目に見ながら、早くも官邸周辺では年明け解散の声が出始めている。野党がこのような体たらくでは、まだまだ安倍政権は安泰なのだろう。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る