テクノロジー

20161101CARRIER_P01

ソフトバンクのiPhone7発売イベント

防水とフェリカ対応で過去最高ペースの受注

 大手携帯キャリアは9月に米アップルのスマートフォン「iPhone」の新製品を一斉に発売した。

 今回発売されたのは画面サイズが4.7インチの「iPhone7」と5.5インチの「iPhone7プラス」。総務省によるガイドラインの適用から初めてのiPhone新製品だけに販売の動向が注目された。各キャリアとも、これまでの販売競争で展開してきた実質ゼロ円を謳えなくなり、価格はソフトバンクのiPhone7の32GBの場合で実質負担1万800円からとなる。

 「0円から1万円になると普通なら(受注は)下がる」(宮内謙・ソフトバンクCEO)が、ソフトバンクでは過去最高のペースで予約が入っているという。

 直接的な要因としては、新たに加わった防水機能とフェリカ対応が効いている。世界的にはiPhoneの需要が失速し、アンドロイドベースのスマホのシェアが高くなっている。逆に日本ではiPhoneの人気が高い特殊市場となっている。その中でもiPhoneがアンドロイドに劣っていたのが防水機能とフェリカ対応だった。この2つが改善されたことが今回の受注拡大につながった。

 「防水機能とフェリカ対応はわれわれも長年要望してきた。これらが実装されたことで、今後もiPhoneは爆発的に伸びるのではないか」と宮内氏は手応えを感じている。

リッチコンテンツへ向かうiPhoneユーザー

 総務省ガイドラインの販売への影響は今のところないという。総務省は格安スマホを普及させる方向に動いている印象を受けるが、格安スマホと大手キャリアのiPhoneとでは、基本的にはニーズが違うと考えられる。

 ソフトバンクでは、格安スマホの価格帯で「Y!mobile」ブランドを展開。サブブランドとの位置付けで、ソフトバンクブランドとの棲み分けを図っている。

宮内氏は次のように語る。

 「総務省が特におっしゃっていたのは安いやつを出せということ。それで(Y!mobileでは)1GBのプランを出しました。しかし、iPhoneユーザーからみて、1GBはありえないんですよ」

 iPhoneユーザーは比較的モバイルインターネットに慣れたヘビーユーザーが多い。そしてモバイルインターネットは動画をはじめとしたリッチコンテンツに向かう流れがあり、iPhoneユーザーほど大容量コンテンツを楽しむ傾向が強い。また、ユーザーが動画や写真などを撮り、リッチコンテンツを自ら扱うようにもなっている。このため、iPhone7のストレージ容量は32GB、128GB、256GBの3種類あるが、128GBの注文が一番多いという。

 また、これを機にネットワークのデータ使用量も拡充する。これまでの標準的なプランは5GBだったが、ソフトバンクによると、ユーザーの6割が5GB以上を使用し、通信制限を受けてフラストレーションを抱えている状況だったという。そこでソフトバンクはiPhone7の発売に合わせて、20GB使い放題プラン「ギガモンスター」を導入した。月額6千円で20GBまで利用できる。これを受けて、KDDIが「スーパーデジラ」、NTTドコモが「ウルトラパック」という、同様のプランを発表。20GBのデータ定額プランが、キャリアではスタンダードになりつつある。

 格安SIMであっても、SIMフリーのiPhoneであれば、MVNOのサービスを利用することができる。また、大容量データプランを提供するMVNOも出てきている。しかし、それだけの大容量を使用する際の通信品質としてはMVNOよりもキャリアのほうが優る。ヘビーユーザーがリッチコンテンツを楽しむという意味においては、大手キャリアのiPhoneを選ぶのが妥当だろう。

 今回のiPhone7発売が浮き彫りにしたのは、需要の二極化だ。これまでiPhoneを活用していたヘビーユーザーは、リッチコンテンツ優先で、多少の出費を厭わない層が多い。そこが一気に格安スマホに流れるとは考えにくい。むしろ格安スマホはこれまでスマホを利用していないエントリーユーザーやライトユーザーの掘り起しに向かうことになる。

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

電力業界のイノベーション

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

[連載] エネルギーフォーカス

日本は再生エネルギーで世界トップとなる決断を

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

リーマンショック後の2010年にスタートした柳前社長時代は大幅な合理化や新興国戦略を推進。経営改革に道をつけ、17年度は過去最高益を更新した。日髙新社長は、事業企画・経営企画や2輪事業の経験と豊富な海外経験を買われてバトンを受けた。売上高の約9割を海外が占めるヤマハ発動機のトップとして、改革路線を継続しつつ成…

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年11月号
[特集]
大丈夫? 御社の危機管理

  • ・サイバーセキュリティ後進国日本の個人情報流出事件簿
  • ・「リアル」「バーチャル」双方で企業を守るセコムとアルソック
  • ・南海トラフ地震、首都直下型地震は、今そこにある危機
  • ・「いつ来るか分からない」では済まされない──中小企業の事業継続計画
  • ・黒部市に本社機能の一部を移転したBCPともう一つの狙い(YKKグループ)
  • ・高まる危機管理広報の重要性 平時の対応がカギを握る

[Special Interview]

 大谷裕明(YKK社長)

 「企業の姿勢や行動が危機対策以上の備えになる」

[NEWS REPORT]

◆胆振東部地震で分かった観光立国ニッポンの課題

◆M&Aでさらなる成長を期すルネサスの勢いは本物か

◆トヨタは2割増、スズキは撤退 中国自動車市場の明暗

◆このままでは2月に資金ショート 崖っぷち大塚家具「再生のシナリオ」

[特集2]

 利益を伸ばす健康経営

ページ上部へ戻る