文化・ライフ

英パフォームグループと大型放映権契約を締結

 まさに慈雨である。Jリーグは来季から英動画配信大手のパフォームグループと10年総額2100億円の大型放映権契約を結んだ。

 1年平均で210億円。今季の放映権料が50億円だから約4倍だ。

 Jリーグは、この巨額の軍資金を成績や観客動員数に応じて傾斜配分する方針を示している。これまで約1.9対1だったJ1とJ2の配分比率は2.5対1に拡大する見通し。端的に言えば、世界に通用するビッグクラブをつくるというわけだ。

 カズこと三浦知良(J2横浜FC)が自らのコラムで、こう書いていた。

 〈スペインのバルセロナやレアル、ドイツならバイエルン。優勝してばかりでつまらないとしても、そういうチームがいるから盛り上がる。ネームバリューも圧倒的だから、お金を投じる人が出てくる。そんな断トツのビッグクラブが日本にもできないとダメかなと思う。リーグを潤すお金は水と同じ。上から下に流れても、下から上には流れにくい。下を平等に潤すだけだと繁栄もしないのでは〉(日本経済新聞9月16日付)

 Jリーグがスタートして23年。地域密着の理念は、ある意味、プロ野球に対するアンチテーゼだった。

 プロ野球がフランチャイズと呼ぶのに対し、Jリーグはホームタウンだ。前者が営業権を意味するのに対し、後者は地域権。初代チェアマンの川淵三郎は「Jリーグにプロ野球の巨人はいらない」と喝破した。

 実際、Jリーグに巨人は生まれなかった。Jリーグを制したクラブは鹿島アントラーズ(7回)、横浜F・マリノス(合併前を含む)、ジュビロ磐田、サンフレッチェ広島(以上3回)、ヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)、ガンバ大阪(以上2回)、浦和レッズ、名古屋グランパス、柏レイソル(以上1回)と9つもある。

 驚くことにこの数、87年の歴史を誇るリーガ・エスパニョーラと同じなのだ。

 内訳はこうだ。レアル・マドリード(32回)、バルセロナ(24回)、アトレティコ・マドリード(10回)、アスレティック・ビルバオ(8回)、バレンシア(6回)、レアル・ソシエダ(2回)、デポルティーボ・ラコルーニャ、セビージャ、レアル・ベティス(以上1回)。レアルとバルサ、2強の王座占有率は実に65.9パーセントに達する。

 23年の歴史しかないリーグと87年の歴史を誇るリーグのチャンピオンの数が同数というのは、確かに不思議ではある。

 もっとも、“どんぐりの背比べ”と化しているJリーグにも良い点はある。

 資金力が潤沢ではないローカルクラブでも、優秀な指導者がいて、育成システムが整備されていれば、都市部のクラブや大企業を母体とするクラブと互角以上に渡り合うことができるのだ。

「競争」と「協調」がプロスポーツ発展の両輪

 その好例が2012、13、15年とJリーグを制したサンフレッチェ広島だろう。広島の15年度人件費約18億円はJ118チーム中、真ん中あたり。それでいて、これだけの結果を残すのだから、クラブの経営者はもっと評価されていい。

 その広島でもアジアチャンピオンズリーグではベスト16止まり。15年のアジアチャンピオンズリーグで優勝した中国の広州恒大にはブラジル代表のMFパウリーニョや元同国代表FWリカルド・グラールが在籍している。中国のビッグクラブとの格差は広がる一方だ。

 日本にもビッグクラブを、と願っている関係者はカズだけではない。2100億円もの巨額放映権料は、それを後押しすることになるだろう。

 しかし、問題は分配される資金を有効にいかせるかどうか、だ。Jリーグの、そしてJクラブの発展はそこにかかっている。

 「リーグの二極化は時の流れ。強いチームにカネが集まり、弱いチームは廃れていく。競争原理とは、そういうものでしょう」

 そう語るのは元日本代表の大野俊三だ。続けて、こんな懸念も口にする。

 「問題は、せっかく巨額の分配金を手にしても、それを有効に使えるだけのフロントがいるかどうか。フロントの手腕が未熟では魅力的なチームは育たない」

 サッカーに限らず言えることだが、プロスポーツ発展のための両輪は「競争」と「協調」である。Jリーグは、これまでは協調路線に軸足を置いてきた。J1、J2、J3合わせて53クラブにまで拡大したのは、その成果と言える。

 だが、拡大路線はそろそろ限界に近づきつつある。ここから先はクラブ間の競争だろう。大野が指摘するように、今後はクラブ経営者のビジョンと投資戦略が問われることになる。(文中敬称略)

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

不世出の大投手、沢村栄治をめぐるスピードボール論議

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト(第57回)

二宮清純の「スポーツ羅針盤」

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト(第56回)

なでしこジャパン再建で高倉監督が着目したこと

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト(第54回)

世界屈指の強豪クラブと互角に戦ったアントラーズ

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト(第53回)

王貞治に“一本足打法”を伝授した名コーチ・荒川博

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト(第52回)

サウジアラビア戦の勝利で近づいたW杯ロシア行き

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第19回)

壮大な目標を立てると努力しない人材になる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

CEOのゴルフ

一覧へ
eyecatch_CEOgolf_new

[連載] CEOのゴルフ(第19回)

腰と肩を同じように回すから飛距離が出ない

[連載] CEOのゴルフ(第18回)

右足の力で飛ばすには左股関節の「受け」が必要

[連載] CEOのゴルフ(第17回)

直線的に振り下ろす感覚がスライスの原因

[連載] CEOのゴルフ(第16回)

切り返しで下へ力を加えることが飛距離の源泉

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

「損して得を取る」事業モデル  不動産登記情報を扱う「登記簿図書館」をご存じだろうか。 かつては法務局でしか取得できなかった登記簿情報がオンラインで簡単に取得でき、かつ、法務局では対応できないさまざまなサービスを提供するというものだ。保有登記情報は全国2450万件、会員数9500社を誇る。 この登記簿図書館を…

支持政党なし

外国人を中心に需要が高まるソーシャルレジデンスで快走―オークハウス

独自のプラットフォーム戦略で、外食産業の新たなスタンダードを創造する――きちり社長 平川昌紀

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせください。 桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

20150609_INNOV_P02

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

パートナーズは全国の中古投資用不動産の売買仲介を手掛けている。2011年の創業以来、5期連続増収を達成。吉村社長は業績好調の原動力を「社員の人間力を養い、顧客満足度の向上に取り組む姿勢にある」と語る。── 数ある投資用不動産会社の中、独自の強みについて。吉村 当社では、社員の人間力を徹底的に磨きな…

企業eye

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

海外ビジネスの第一線で活躍した2400人のエキスパートを擁し、日本企業の海外事業を支援。

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界4月4・18日号
[特集]
紙メディアの未来

  • ・青木康晋(朝日新聞出版社長)
  • ・一木広治(ヘッドライン社長)
  • ・村野 一(デアゴスティーニ・ジャパン社長)
  • ・嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長・共同CEO)
  • ・高井昌史(紀伊國屋書店会長兼社長)
  • ・消えたB2Bメディア コントロールドサーキュレーションの功罪

[Special Interview]

 吉永泰之(富士重工業社長)

 「守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した」

[NEWS REPORT]

◆三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

◆攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

◆“豪腕”森信親・金融庁長官の続投濃厚で戦々恐々の金融界

[著者インタビュー]

 手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

 稀代のスパイはインテリジェンスセンスを磨く最高のテキスト

ページ上部へ戻る