政治・経済

20161115SUBARU_P01

新型「インプレッサ」を発表する吉永泰之・富士重工業社長(Photo=佐藤元樹)

スバルの快走が止まらない。世界の販売台数は前年度までで4年連続過去最高を更新。5年連続も確実な情勢だ。その結果、需要に供給が追い付かず、ユーザーは納車まで長い期間待たされている。いつになったら解消できるのか。文=本誌/関 慎夫

北米市場では「瞬間蒸発」

 「すべての車種が納車まで3カ月お待ちいただいています」とうれしい悲鳴を上げているのは富士重工業(スバル)の吉永泰之社長だ。

 10月25日には、5代目となる新型「インプレッサ」を発売。こちらも発売10日前の段階で、予定の2.5倍となる6千台の予約が集まるなど、上々の滑り出しを見せている。

 新型インプレッサは、スバルが誇る自動ブレーキシステム「アイサイト」と、衝突時にボンネット上にエアバッグが膨らむ「歩行者保護エアバッグ」、室内には「7つのエアバッグ」のすべてを標準装備とするなど、安全性能を一段と高めている。もっともそのために、2.0リットルの最廉価モデルでも200万円(税抜き)と、旧型車の同等モデルより10万円以上高い設定となっているが、「スバルの技術をお客さまに提供することがスタート。価格からのスタートではない」「以前は上級車種にしかアイサイトを付けていなかったが、分け隔てなく価値を提供したい」と、価格より価値追求のクルマであることをスバルの役員陣は強調する。これも納車待ち3カ月の自信のなせる業だろう。

 とはいえ、こと国内に限ってみれば、今年1~9月の登録車販売台数は約9万台で、前年比6%減にとどまっている。インプレッサの投入で販売が伸びたとしても、せいぜい前年並みが関の山だろう。

 ではなぜクルマが足りないかというと、北米での勢いが加速しているためだ。

 スバルは昨年、全世界で92万台を発売した。これは過去最高の記録だが、日本市場は12万台にすぎない。圧倒的シェアを誇るのが北米市場で、58万台を販売した。

 原油価格が高騰していた時代、北米市場ではハイブリット車などの低燃費車が人気を集めていたが、原油価格が下落するに従い、ピックアップトラックやSUV(多目的スポーツ車)などの人気が復活した。この波にのったのが、スバルの「レガシィ アウトバック」で、「工場から出荷した瞬間、蒸発する」と表現されるほどの人気となっている。そのお陰でインセンティブ(値引き)を低く設定できるため、業績寄与度も大きい。

 スバルは米インディアナ州に生産工場(SIA)を持つが、その生産能力は年間20万台。これでは北米市場の需要を賄うことができない。そのため不足分を日本で生産し輸出に回している。その結果、国内市場に出まわるクルマが少なくなり、冒頭の吉永社長の言葉にあるように、すべての車種で3カ月の納車待ちとなっている。新型車が出る場合は発売前にある程度、在庫を用意するものだが、インプレッサは予想以上に予約が殺到したことで、やはり3カ月待ちになるという。

増産に踏み切れない事情

 この状況を改善するため、スバルでは現在、SIAの生産増の工事を行っており、「11月末か12月末には現在の20万台が40万台になる」(吉永社長)という。それでも、現在のアメリカにおけるスバル人気を考えると「生産能力を倍にしても足りないこともあり得る」(同)という贅沢な悩みを抱えている。

 それならもっと増産体制を組めばいいようなものだが、吉永社長は過去に「スバルらしさを維持できるのは110万~120万台程度」と語るなど、規模を追うことは得策ではない、と考えている。

 現在のスバル人気はその独自性にある。スバルの代名詞である水平対向エンジンがもたらす走行安定性、他社に先駆け開発したアイサイトなど、スバルのクルマにはオリジナル技術が満載だ。それが差別化となって、ユーザーに「ほかのクルマとは違う」と満足させ、支持を集めてきた。規模が大きくなればなるほど、ユーザーの特権意識は小さくなる。独自性が強いメーカーだからこそ、適正規模はそれほど大きくない。

 そして「今年の販売台数は初めて100万台を超える」(吉永社長)。吉永社長の考える規模の限界まで、あとわずかだ。需要はいくらでもある。しかしスバルらしさは失いたくない。そのジレンマがスバルを悩ませる。

 規模拡大に慎重なのはもうひとつの理由もある。北米偏重の怖さである。全世界のスバル車の3分の2が北米で売られている。これはある意味、非常に効率がいいのだが、これまで北米市場は、原油価格の上昇・下降を繰り返し、そのたびに売れるクルマが変わってきた。今後、価格が高騰するようなことがあれば、いまのスバル人気もどうなるか分からない。それを考えれば、今以上の設備増強を決断するのは容易ではない。

 今が人気絶頂なだけに、その反動を恐れる気持ちは当然だ。とはいえ納車を待ちわびるユーザーのことを考えれば、いつまでも3カ月待ちを放置してはおけない。ある程度の納車期間は、人によっては期待を膨らませることにつながるが、長過ぎれば当然、メーカーへの不満につながる。

 贅沢な悩みと言ってしまえばそれまでだが、好調であっても、経営者の悩みは尽きない。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る