広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

越後正一の名言(伊藤忠商事 元社長・元会長)

成功は窮苦の間に芽生えており、失敗は得意満面の間に宿る

「繊維相場の神様」越後正一氏の名言

 越後氏は繊維相場で勝ち続け、「繊維相場の神様」と呼ばれた人物。綿糸布部長時代の1927年、大相場で勝利したことがライバル・丸紅の綿糸経営からの撤退のきっかけになったといわれる。1960年に社長に就任すると非繊維部門を拡大。自動車産業や石油産業に進出して、1974年に退任するまでの間に、資本金6.5倍、人員2.7倍、売上高10倍にするなど、伊藤忠商事を大きく成長させた。

 1901年、滋賀県愛知郡葉枝見村(現・彦根市)生まれ。7人も姉弟がいたため進学を断念して伊藤忠商事の採用試験を受けて合格。伊藤忠商事の創業者である伊藤忠兵衛氏の目に留まり八幡商業学校へ、さらに1年浪人して、神戸高等商業学校(現・神戸大学)へ進学した。

 神戸高等商業学校には伊藤氏の家に書生として住み込みながら通学した。当然、卒業後は伊藤忠商事に入社するつもりだったが、同社は世界恐慌の影響で大量の人員削減をしたばかり。やむなく他社の採用試験を受けて合格したが、「忠兵衛氏さんへの裏切りになる」と父親が猛反対したことから、同僚の約半分の給料で採用してもらうことにした。

 掲出は、冒頭に紹介したように繊維相場で勝ち続けた同氏の言葉。相場というもの、いうまでもなく上下する。その波をいかに読むかがカギだ。同じことはビジネス全般にもいえる。ずっと同じ調子で成長が続くことなど有り得ない。順境のなかに失敗の芽が、苦境のなかに成功の芽が生じている。それを見逃さず先手を打つことがリーダーの仕事だ。[提供:経営プロ]

keieipro_logo_R

 

 

 

【経営プロ関連記事】

[経営階層に求められる能力とは?]第7回 イノベーションに必要な思考法 [人と組織が活きる経営判断]第7回 経営成果を左右する集団性格(組織文化) [経営階層に求められる能力とは?]第6回 東洋論理と西洋論理の違い [おススメ書籍]第85回 ドラッカー 100の言葉 ―― 経営学の父が説く人生を成功に導く発想 [ヘンリー・ミンツバーグに学ぶマネジメントの実態] 第5回 社会をより良くしていくためには(内省を起点とした社会変革) [経営階層に求められる能力とは?]第5回 日本文化に息づく『観の目』の視点

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る