政治・経済

相次ぐ発火事故の原因を特定できず、韓国サムスン電子の最新スマートフォン「ギャラクシーノート7」の販売終了が決定した。今後はノート7の置き換え需要の行方に注目が集まる。サムスン以外のスマホの需要増加で、日本メーカーの状況好転が期待される。文=本誌/村田晋一郎

iPhone7に対抗する最高峰スマホで相次ぐ事故

 韓国サムスン電子は10月11日、発火事故が相次いだ新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」の生産および販売終了を決めた。

 サムスンの「ノートシリーズ」は、「ファブレット」というカテゴリーを確立したハイエンド大型スマートフォン。ノート7は最新機種であり、8月19日に韓国や米国、中国など10カ国で販売を開始した。9月に発売した米アップルの最新スマホ「iPhone7/7プラス」を意識し、ノート7には虹彩認証技術や高速無線充電、防水防塵機能など最先端技術を投入。最高峰のアンドロイドベースのスマホになるはずだった。

 ところがノート7は発売直後から本体の発熱による発火事故が相次いだ。サムスン側では9月2日に全世界での出荷と販売を停止。日本では発売されていなかったが、海外で調達したSIMフリー端末が持ち込まれる可能性があり、使用が問題視された。

 当初サムスンは発火の原因は内蔵バッテリーにあるとの見解を発表。ノート7に搭載されているリチウムイオンバッテリーは、7割がサムスンの子会社のサムスンSDI製、3割はTDK子会社の中国アンペレックス・テクノロジー(ATL)製となっていた。発火事故がサムスンSDI製で相次いだことから、サムスンはATL製バッテリー搭載品に交換し、なおかつソフトウエアのアップデートなどの対策を講じた。

 9月中旬には交換プログラムが開始され、事態は収束するかに見えた。しかしその後、問題ないとされたATL製バッテリーを搭載し対策を施した製品でも発火事故が起こった。原因はいまだ明らかになっていないが、バッテリー以外の要因が浮上。さまざまな機能を詰め込み過ぎたためにバランスを欠いた設計上のミスが問題視されるようになってきた。

 原因が特定されないまま、その後も事故が続く状況に至って、サムスンはノート7の生産および販売の終了を決定。日本でもNTTドコモやKDDIが16年冬モデルの目玉として販売する予定だったが、サムスン側から販売見送りの通告があったという。こうして最高峰スマホは発売開始後わずか50日で市場から退場することになった。

液晶パネル需要増加でシャープやJDIに恩恵

 既にノート7は全世界で1200万台が発注済みといわれる。サムスンではノート7ユーザーに対して、返金または同社製品への交換を行う方針。今回の販売終了で、この1200万台の需要がどこに向かうかが注目されている。

 ノート7がハイエンドのファブレットであることを考えると、ユーザーはサムスン製品よりは他社製品に流れる動きが強いと考えられる。有力視されているのは、世界シェアでトップのサムスンに続くアップルと中国Huawei(ファーウェイ)、さらに今年に入ってシェアを急拡大している中国の新興メーカーOPPO(オッポ)とVivo(ビーボ)。台湾の調査会社トレンドフォースのスマホ出荷台数予想は、アップルを300万台、ファーウェイを400万台、それぞれ引き上げている。日本メーカーについては、世界市場に展開するグローバル端末はソニーの「エクスぺリア」ぐらいで、あまり恩恵はない。

 むしろ日本メーカーへの影響はディスプレー部材が大きい。近年のサムスン対アップルの競合状況で煽りを食っていたのが、液晶ディスプレーを供給するシャープとジャパンディスプレイ(JDI)だった。

 サムスンはノートシリーズや主力スマホ「Sシリーズ」のディスプレーに有機ELを採用。有機ELは低消費電力や高い動画表示性能などから次世代ディスプレーの本命と目されている。シャープやJDIでも開発を進めているが実用レベルに至らず、現在スマホ向けはサムスンがほぼ独占的に供給している。

 一方、アップルのiPhoneには液晶パネルが採用されているが、昨年発売した「iPhone6S」の需要低迷が、シャープやJDIの業績を悪化させていた。特にディスプレー専業で、アップル向けが売り上げの5割を占めるJDIの状況は深刻で、2016年3月期には2期連続の赤字を計上。資金繰りの危うさから、経営危機が囁かれていた。それが今回の発火事故を受けて、アップルおよび中国メーカーからの受注が急増し、増産体制に入るという。

 また、サムスンとしても事故の全容を解明できない限り、次期製品の開発を進められない。今後の対応に時間を要すると、有機EL対液晶の競合状況も変わってくる。英調査会社のIHSテクノロジーは事故発生前の7月、スマホ向けパネル出荷金額で有機ELが液晶を18年に上回る予測を立てていた。サムスンの開発ペースが鈍ることで液晶が延命し、この予測が後ろ倒しになる可能性が出てきた。

 シャープやJDIにとっては、液晶で時間稼ぎができるうちに、液晶工場の稼働率を上げて財務を回復させて、次の有機ELの開発を加速し、サムスンに追い付くチャンスがやってきた。今回のサムスンの失策は、一瞬だが神風になるかもしれない。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

自動車産業・産業機械の世界的サプライヤー、シェフラーグループの日本法人で2006年イナベアリングとエフ・エー・ジー・ジャパンが合併して設立。国内4拠点で自動車エンジン、トランスミッション、シャーシなど精密部品、産業機械事業を展開する。文=榎本正義四元伸三・シェフラージャパン代表取締役・マネージング…

シェフラージャパン代表取締役 マネージング・ディレクター 四元伸三氏

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

【特集】2019年注目企業30

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

高校中退、ITスキルなしの17歳の青年が立ち上げた会社が、わずか2年で利用企業約500社、ユーザー約6万人のアプリを運営するまでに成長している。「世の中を変えたい」という思いを原動力に突っ走る谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長に話を聞いた。(取材・文=吉田浩)谷口怜央氏プロフィール…

Wakrak(ワクラク)社長 谷口怜央氏

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年6月号
[特集] 進化するリーダーシップ
  • ・あなたは北風、それとも太陽?
  • ・小路明善(アサヒグループホールディングス社長兼CEO)
  • ・鈴木貴子(エステー社長)
  • ・千葉光太郎(ジャパン マリンユナイテッド社長)
  • ・二木謙一(國學院大學名誉教授)
[Special Interview]

 中村邦晴(住友商事会長)

 「正々堂々と向き合えば、仕事は人を幸せにする」

[NEWS REPORT]

◆パイオニアに続きJDIも 中国に買われる日本企業の悲哀

◆会社はだれのものなのか サイボウズと株主がつくる“共犯関係”

◆24時間営業はどこへ行く コンビニ業界未来予想図

◆トヨタとホンダが手を組み参戦 「MaaS戦争」いよいよ勃発

[特集2]ブランド戦略 新時代

 技術やデザインだけではない ブランドとは商品の哲学だ

ページ上部へ戻る