文化・ライフ

少年時代の生活風景がトレーニングそのもの

 9月場所こそ大関・豪栄道が全勝優勝を果たしたものの、最高位の横綱が白鵬、日馬富士、鶴竜と3人ともモンゴル出身であることを考えれば、依然として大相撲はモンゴル勢の天下であると言えよう。実に幕内力士42人のうち10人がモンゴル勢である。

 近年の幕内優勝を見てみよう。2013年からのモンゴル力士による賜杯占有率は9割を超える。

 いったい、どこにモンゴル勢の強さの秘密があるのか。

 元小結・時天空の間垣親方は説明する。

 「モンゴル出身の力士たちは子どもの頃から馬に乗っているからバランス感覚がいい。

 昔の日本人力士も船に乗ることで足腰が鍛えられていたという。名横綱の双葉山関も漁師の息子だったと聞いたことがあります」

 こう前置きして、自らの少年時代の生活風景について語り始めた。

 「自分の父親は(首都ウランバートルを取り囲む)トゥブ県の出身。子どもの頃、夏休みになると、家族で父の生家に行きました。マンションがたくさんあるウランバートルと違って、本当に田舎なんです。馬にも乗るし、井戸に水を汲みにも行く。

 井戸といっても家から1キロメートルはゆうにある。片手に10キログラム、計20キログラムの水をこぼさないように運ぶんです。水がなければ料理もできないから、必死で働きましたよ」

 生活そのものがトレーニングと言っても過言ではない。そもそも水汲みなどという言葉は、もうこの国では死語に等しい。

 別の見方をするモンゴル出身者もいる。元関脇・旭天鵬の大島親方だ。

 「僕もそうですが、白鵬も朝青龍も16歳頃から相撲を始めました。16歳になると、ある程度身体はできている。

 ところが日本には“わんぱく相撲”がある。あれが成長を阻害している面もあるのかなと……」

 わんぱく相撲の弊害。これは、どういうことか。

 「相撲を取る上で忍耐は大事です。でも小さい頃にケガをし、それに耐えるような生活をしていると、将来的にマイナスになるのではないか。

 というのも、今では小学生と言えども、体は結構大きい。中には体重が100キログラムを超えるような“豆力士”もいます。

 例えばヒザを痛めたとする。これが古傷になると苦労します。大相撲の世界に入ると、もっと体重の重い力士と戦わなければならないわけですから……」

 子どもの頃から、体を酷使してはいけないということか。モンゴル出身ならではの視点である。

相撲部屋の生活で日本語をマスター

 モンゴル出身力士や親方を取材していて感心するのは、日本語の上達速度である。来日して1年もたてば、ほとんどの力士が生活に不自由ない程度に日本語を操る。

 3年もたてば、日本人力士と、もう遜色ない。5年もたてば完璧と言っていい。

 プロ野球やサッカーのJリーグと比べれば分かりやすい。来日して3年、5年たつ選手でも、インタビューは母国語で応じている。

 ほとんどの球団が通訳を用意していることもあり、日本語をマスターする必要性が少ないからだ。

 日本のプロ野球で10年近く活躍した元メジャーリーガーが、帰国の際、「覚えた日本語は?」との質問に「こんにちは、ありがとう、さようなら……」と言った時には寂しさを禁じ得なかった。

 話をモンゴル出身力士に戻そう。大島親方によると、入門した当時の大島部屋には「モンゴル語を使ったら罰金」というルールがあったという。

 さて大島親方は、どうしたか。1人でカラオケ屋に行き、日本の歌謡曲を歌うなどして、1年もたたないうちに日本語をマスターしたという。

 モンゴル出身力士は母国語のモンゴル語に加え、たいていの者がロシア語を話すことができる。社会主義時代が長く、ロシア(旧ソ連)を手本としていたからだ。

 来日するまで、日本語を習った者は、ほとんどいない。学校ではなく相撲部屋での生活の中で身に付けていったのである。

 元大関・雅山の二子山親方のモンゴル出身力士評。

 「日本人力士にハングリー精神がないとは言わないが、小さい頃から何不自由なく生活し、高校や大学を経て入門する力士が今はほとんど。モンゴル出身力士は、親のため、家族のためという意識が非常に強い。だから、少々のことでは音をあげない。そこが決定的に違っているような気がします」

 豪栄道や琴奨菊、稀勢の里たちには、モンゴル出身横綱が元気な時に、横綱になってもらいたいものである。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る