政治・経済

20161206duterute

先日、来日したフィリピンのドゥテルテ大統領。日本では親日家ぶりを発揮したが、相次ぐ暴言や過激な麻薬取り締まりに国際社会からは強い批判を受けている。しかしフィリピン国内での支持は圧倒的だ。なぜこれほどまでにギャップがあるのか。その背景を探る。文=国際ジャーナリスト/戸田光太郎

タバオ市長として治安回復の実績

 「犯罪者は八つ裂きだ」と言ったフィリピン大統領ドゥテルテ。「裁判など不要。犯罪者ども、腐敗した官僚や警察は皆殺しだ」国際人権団体から抗議を受けると「人権派どもは、麻薬業者や強盗の被害者たちへの人権は忘れてる!」と怒った。

 この勢いは大統領になる前からだった。

 「人を撃ったのは初めてじゃない」と大統領選最中イロイロ市遊説でロドリゴ・ドゥテルテは言った。

 「サン・ベダ法科大学卒業間近に同級生が向こうからやってきて『おい、おい、ビサヤ野郎』と挑発してきたので見せしめに撃った。バン! で、退学さ」

 聴衆は沸き返った。革ジャンを着て大型バイクを乗り回し、射撃場で機関銃を撃ちまくる市長だったドゥテルテ。選挙戦では会場に流れる音楽に合わせて踊り、時にエルビスか矢沢永吉のように汗を拭いたタオルを聴衆に投げ、若者言葉を交えた演説で熱狂させた。

 通常、候補者はシンボルカラーを決めて選挙するが、ドゥテルテはステージに国旗を翻し、国旗に接吻して右手を左胸に添えた。ビサヤの遊説ではビサヤ語で語り掛けた。演説の終わりはいつもこの一言。「フィリピンを愛してるぜ!」。多様な宗教や人種を越えてフィリピンを愛すると吠えた彼に、嘘はないと国民は感じた。

 フィリピンは合わせて7107の島々からなる海洋国家だが、大きく分けるとルソン島、ビサヤ諸島、ミンダナオ島の3つに分かれる。ビサヤ野郎と揶揄されて発砲したというのは今までの政治がルソン島のマニラを中心にタガログ語と英語で行われてきたからだろう。大統領就任後もドゥテルテは市長だったダバオ(ミンダナオ島)とマニラを往復している。

 が、後に学友が打ち明けた。

 「当時は学校に銃を持ち込むのは当たり前で、ドゥテルテと友人のオクタビオ・ゴコはふざけているうちに発砲して、どちらの弾だか分からないが、木造の床にめり込んだだけさ。で、2人はその後も友達で、ゴコは後に米国に移住した。2人とも卒業している。退学は、ない」

 ダバオ市長に当選したドゥテルテは、スピード違反の取り締まり、夜間の酒販売の禁止、投資家を呼び込むための手続きの簡素化など改革を実行。ダバオ市長を計7期、22年務めた。そして2016年、39%の得票率を得て大統領にまで上り詰めたのだ。

 ダバオは1980年代、強盗や傷害事件が多発し、商店は夕方には店じまい。ドゥテルテは88年、検事から市長に就任。犯罪撲滅の大号令をかけ、深夜の酒類販売禁止なども制度化し、治安を回復した。今は夜間市場も開かれ、観光客や仕事帰りの市民で賑わう。彼がダバオ市で行った政治手法は、治安の改善に全力を尽くし、投資が国内外から自然に集まるようにするというものだ。

 厳格な犯罪対策のほかに、タクシーのぼったくり、歩きタバコなどを禁止し、ゴミの分別を導入した。フィリピンで初めて無料の救急センター911電話サービスをつくり、モールなど大型店舗には監視カメラを条例で設置。犯罪者を一切許さない強権をふるいながら、女性の権利向上の条例を発布したりして、ダバオ市を住みやすい街にしてきた。

 欧米企業がコールセンターを設け、現地複合企業サンミゲルも近郊で巨大な工業団地を計画するなど経済効果も生む。「無秩序都市」であったダバオ市は、彼が市長を務めていた間に「屈指の安全都市」になり、治安も景気も大きく回復し、市民から絶大な支持を得た。

植民地フィリピンの特別な事情

 フィリピンは14世紀後半からスペイン、オランダ、アメリカと数々の国からの支配で搾取され、階層はスペイン系を頂点に中華系、原住民もルソンやビサヤやミンダナオと錯綜している。今でも階級は峻別され、互いに口もきかない場合がある。

 政治家から役人、警官までが腐敗しきって、国のすべてが機能不全で、麻薬を取り締まるはずの警官が取引に加担し、売人は逮捕されてもすぐ釈放される。真面目に生きることには意味がなく、そこには荒療治が必要だった。

 ドゥテルテは大統領就任後、テレビで1時間以上にわたってインタビューされていたが、極めて冷静に語彙豊かな英語で答えていた。法科大学を出て司法試験に受かる者が、ただのナラズモノなわけがない。国連を呪い、オバマを罵り、中国に擦り寄りお金を引き出し、日本では親日ぶりをアピールと、なかなかの策士なのかもしれない。

 ドゥテルテには学生時代、共産党をつくった教授に師事した時から民衆への共感がある。支配者アメリカへの怨嗟がある。日本への信頼がある。政治家の父と教育者の母の間に生まれ、知性もあるが、ワイルドなパフォーマンスにも長けている。

 芯から腐ったフィリピンを支えるには強権発動しかないと腹をくくった大統領には初志貫徹してほしい。彼がフィリピンを愛し、歴代の大統領のように「うまい汁」を吸うことなく国民のために働けば、歴史に残る名君となろう。(文中敬称略)

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る