文化・ライフ

二宮清純の「スポーツ羅針盤」

前回は“繰り上げ当選”今回は実力で表彰台に

 金12個、銀8個、銅21個。

 リオデジャネイロ五輪の戦果は、4年後の東京五輪に向け、はずみをつけるものだった。

 その中で、多くの関係者に「あのメダルが一番価値がある」と言わしめたのが、陸上男子400メートルリレーの銀メダルだ。

 決勝で叩き出した37秒60はアジア記録。国別ではジャマイカ、米国に次ぐ世界歴代3位だった。

 オリンピックでの陸上トラック種目での銀は、1928年アムステルダム五輪の人見絹枝(800メートル)にまで遡らなければならない。止まっていた時計を動かしただけでも快挙の名に値する。

 大仕事をやってのけた4人とは一走・山縣亮太、二走・飯塚翔太、三走・桐生祥秀、アンカー・ケンブリッジ飛鳥。

 この4人の自己ベスト(レース前)は山縣10秒05、飯塚10秒22、桐生10秒01、ケンブリッジ10秒10。9秒台はひとりもいない。

 これが金メダルのジャマイカだとこうなる。

 一走アサファ・パウエル9秒72、二走ヨハン・ブレーク9秒69、三走ニッケル・アシュミード9秒90、アンカー・ウサイン・ボルト9秒58。

 3番目にゴールしたが、のちに失格となった米国も4人全員が9秒台だ。

 一走マイク・ロジャース9秒85、二走ジャスティン・ガトリン9秒74、三走タイソン・ゲイ9秒69、アンカー・トレイボン・ブロメル9秒84。

 「日本の五輪史上最強」と呼ばれた今回のチームだが、それでも「ジャマイカ、米国に勝つのは難しい。銅メダルなら万々歳」(日本陸連関係者)というのが多くの関係者の見立てだった。

 日本はこの種目、8年前の北京大会でも銅メダルを獲っている。

 しかし、あの時は米国や英国をはじめ有力チームが続々と失格するなど、運にも恵まれた。「選挙で言えば“繰り上げ当選”」と苦笑を浮かべる者もいた。

 今回は実力で表彰台に――。それが選手やコーチ陣の目標だった。

 銀メダル獲得の背景に、バトンパスの技術革新があったことは広く知られている。

 バトンをもらう選手が掌を下に向け、渡す選手が下から上にねじ込む「アンダーハンドパス」は、今や日本のお家芸といっていい。

 日本陸連の苅部俊二オリンピック強化コーチは「今までよりも人と人の距離を広げた」と語っていた。

三走の能力向上がカギに

 苅部によると2パターン用意していたのだという。

 一走はスタートのうまい選手、二走は走力のある選手、三走はコーナリングの巧みな選手、四走は走力に加えて勝負強い選手――というのが400メートルリレーのセオリーだが、刈部に言わせると、そう単純なものではないらしい。

 「キーマンをひとりあげるとすれば三走の桐生でした」

 そう前置きして、刈部は振り返った。

 「三走は非常にテクニックがいるんです。コーナーを走らなければいけませんから。遠心力によって(外に)振られてはいけない。

 バトンを受け取るのも難しい。二走は(バトンゾーンに)やってきて、そのまま渡そうとする。

 ちょっと出遅れるとバトンを受け取るタイミングを間違えてしまう。逆にそれを警戒して早く出過ぎてもダメ。二走のスピードに対応できる選手じゃなければ三走は務まらないんです」

 桐生が飯塚からバトンを受け取った時、ジャマイカの三走アシュミードは既にバトンを受け取って走り出していた。

 ところが桐生がアンカーのケンブリッジにバトンを渡した時、まだアシュミードはアンカーのボルトにバトンを渡していなかった。

 横目でボルトがケンブリッジの姿をちらっと追うシーンは、このレースのハイライトである。

 もし400メートルリレーが直進するだけのレースなら、恐らく持ちタイムどおりの結果になるだろう。

 しかしトラックレースである以上、コーナリングがあり、バトンパスは曲線上で行われる。そこに日本がつけ込む余地があるのだ。

――東京で日本が金メダルを獲るには?

 そう質すと、苅部は「やはり三走がキーマン。ここを担当する選手の能力を、どれだけ引き上げることができるか」を条件にあげた。

 言うまでもなく五輪史上、トラック種目で表彰台の真ん中に立った日本人選手はひとりもいない。

 苅部の話を聞いていて、歴史が変わる瞬間が確実に近づいていることを強く感じた。

(文中敬称略)

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。100年弱の歴史を持つ高砂香料工業── まず御社の特徴をお聞かせください。桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

コエンザイムQ10のCMで知名度向上、売上高1兆円を目指すカネカ--カネカ社長 角倉 護

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年9月号
[特集]
65歳からのハローワーク

  • ・総論 働く上で「年齢」は意味を持たなくなる
  • ・50歳からの15年間の準備が豊かなセカンドライフを保証する
  • ・エグゼクティブのセカンドキャリア最前線
  • ・企業のシニア活用(富士通、ネスレ日本、鹿島)
  • ・副業のすすめ 現役時代の副業は定年以降のパスポート
  • ・島耕作に見るシニアの今後の生き方 弘兼憲史

[Special Interview]

 赤坂祐二(日本航空社長)

 「中長距離LCC事業には挑戦する価値がある」

[NEWS REPORT]

◆社員の3分の1を異動したWOWOWの危機感

◆迷走か、それとも覚醒か B2Cの奇策に出るJDI

◆外国人労働者受け入れ解禁で どうなる日本の労働市場

[特集2]

 開幕まで1年!

 ラグビーワールドカップ2019

ページ上部へ戻る