政治・経済

20170110rapファンドラップ(ラップ口座)と呼ばれる個人向けの資産運用管理サービスの売り込みが目につくようになった。大手証券をはじめ、大手信託銀行にメガバンクも参入して顧客の取り込みに懸命だ。メリットや背景を探るうちにとんでもないトラップ(落とし穴)が見えてきた。文=ジャーナリスト/梨元勇俊

アベノミクスで急成長

 ファンドラップは、個人投資家が証券会社や信託銀行などと投資一任契約を結んで、自分の資産運用や管理、投資アドバイスを専門家に任せる金融商品だ。ラップとは「包む」という意味の英語で、資産を大切に包み総合的に運用することから名付けられた。

 金融機関はまず、顧客から資金量や運用目的、どのくらいのリスクを許容できるかなど運用方針をヒアリングして、国内債券を中心にリスクを抑えた投資をするのか、新興国の株式を中心にハイリターンを狙うのかなど、顧客の要望に添った資産配分を決める。

 国内外の投資信託や株、債券などに投資するが、基本スタンスは中長期の国際分散投資で、短期的な利益を見ながら年に数回、資産配分の見直しを行う。市況の変化で価格に変動が生じたとき、当初の見込みとのズレを調整するためだ。

 同時に詳しい運用報告書を定期的に作成して投資の現状報告と先行きの展望などの情報を顧客に送付する。ラップ口座の付帯サービスとして系列銀行の定期預金の金利を優遇したり、介護保険やがん保険がもれなく付いてきたりという金融機関独自の「おまけ」もある。

 顧客は運用額やリスクに応じた手数料や口座の維持管理手数料を取られるが、個別の投信や株の売買などにともなう手数料は取られない。

 約40年前に米国で富裕層向けのサービスとして生まれ、日本でも2004年に証券取引法等が改正されて解禁になった。本家の米国では、投資信託だけで構成するラップ口座など多彩な商品があり、残高は100兆円を超えているといわれている。

 日本国内の口座残高は12年末までバブル崩壊後、長引く経済の停滞で個人投資家の投資意欲が減退していたため約5千億円に留まっていた。

 ところが12年末に第2次安倍晋三政権がアベノミクスを掲げ、13年に日銀が異次元の金融緩和に着手すると、円安株高が進展。その結果ラップ口座をはじめとする金融商品の運用機運も高まった。

 ラップ口座の資産残高は、13年末に1兆円超え、14年末には3兆円超え、15年末には5兆円を突破して5兆6711億円に達した。急成長の背景は裾野の広がりだ。当初は富裕層向けのサービスで申し込みの最低投資額が1千万円~3千万円からだったが、300万円~500万円程度の残高で口座を開くことができるようになり、退職金を運用したい定年退職者や投資初心者の利用が増えてきた。

 利用者にしてみれば、ある程度、金融機関に運用を「お任せ」できるので、自分で運用実績に目を光らせるというわずらわしさから解放される。

 金融機関側の事情もある。証券会社の営業は株式や投資信託の売買で販売手数料を得ることを主眼にしており、どうしても顧客が投資中の信託商品を別の商品に乗り換えるよう勧誘することが多くなり監督官庁から再三、注意を受けていた。

 だがファンドラップなら、売買手数料があらかじめ決まっているため過剰な売買は起こり得ない。これなら監督官庁からも批判されない。それでいて金融機関にしてみれば、顧客の資産規模に応じた手数料が定期的に入ってくる。つまりファンドラップは預かり資産拡大が安定的に見込まれる「おいしい商品」だ。だからこそ店頭やホームページで、盛んに宣伝を行っている。

毎年15万円で収支トントン

 しかし、金融機関にとっておいしいファンドラップの手数料が顧客には大きな負担になる。ファンドラップの手数料は投信を個別に買うよりずっと割高なのだ。

 例えば、年率2%で500万円をファンドラップで預けるとする。すると口座管理手数料が毎年10万円かかる。さらに資産残高に対する運用手数料も定期的に口座から引き落とされる。管理と運用の手数料を合わせると資産の預かり残高や運用スタンスの違いで多少の違いがあるが平均で年に3%ほどになる。年に約15万円だ。毎年15万円以上のリターンを得られなければ、顧客は「手数料負け」することになる。しかも、ファンドラップは投資なので500万円の元本は保証されない。手数料負けどころか元本が目減りする可能性もある。

 米国の次期大統領に決まったドナルド・トランプ氏が示した経済政策が意外にまともだった安心感から市場は円安株高に傾き「トランプラリー」と呼ばれる堅調基調が続いているが、いつ潮目が変わるか分からない。債券も世界的な金利低下で主要国の債券利回りがマイナス金利に転じており、当面、高リターンは望み薄だ。

 日本投資顧問業協会が9月8日に発表したラップ口座の資産残高は16年6月末で5兆7596億円と、3月末の残高(5兆7776億円)より減少。4年ぶりにマイナスに転じた。ファンドラップのトラップ(落とし穴)に気が付く人が増えてきたのだろうか。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る