国際

20151222NIRUMARA

3つに大別できるインドの言語の歴史

 インドは極めて広大で、多くの文化、多様な地理的要因を包摂しているため、地方ごとに異なる言語が話されている。

 インドの大半の言語は2系統の語族に属しており、アーリア語族とドラヴィタ語族だ。南インドの5州で話されている言語はドラヴィダ語系で、北部の言語の大半はアーリア語系に属する。アーリア語系の文字は全般的にドラヴィダ系の文字と異なる。また、インドの人々は基本的に、北インドの発音と南インドの発音の違いを認識することができる。この2大語族と同時に、シナ・モンゴル語族の言語も東インドで話されている。

 今日インドで話されている言語は、インド史のそれぞれ異なる段階に由来している。インド史の初期には多くの別の言語が使われていた。古代インドの諸地域で発展した聖典類は、それぞれ今日とは異なる言語で書かれている。

 ヒンドゥー教の聖典にはサンスクリットが、仏教の経典にはパーリ語が使用されていた。ジャイナ教の聖典はアルダマーガディー語であった。この3言語は今日のインドで、もはや一般的には使用されていないが、サンスクリットだけは公用語の一つに認定されている。現代のアーリア語系の言語はサンスクリットから進化したと考えられているためだ。南インドのドラヴィダ系諸語の間では、タミル語が際だって大きな影響を他のドラヴィダ系言語群に及ぼしていた。

 インド諸語が分岐していった歴史は、3つに大別できる。

 1.古期・ヴェーダ語と古典サンスクリットの時代、2.中期(だいたい3世紀以降)・地域ごとのサンスクリット系方言が生まれ、プラクリット語(パーリ語を含む)が生じる、3.新期、または近代(だいたい10世紀以降)、今日の中部・北部インドの言語が誕生。

 ヴェーダ系サンスクリット、すなわち聖典ヴェーダ類の中で使われている言語は、サンスクリットの最も古い形であり、紀元前1500年頃から紀元前200年頃にかけて使用されていた。

 そのより新しいバージョンである古典サンスクリットは、だいたい紀元前500頃以降使われ、文学書・実用書の言語であった。今日でも古典サンスクリットはインドで広く学ばれ、神聖な言語、教養語としての役割を果たしている。

 文字の書体や有文字言語は古代インドに源泉を持つ。その文字はブラーフミー文字という名で知られている。デーヴァナーガリー文字で書くヒンディー語は、インドの連邦政府が定めた公用語であり、英語は準公用語である。

インドには200以上の言語と1600以上の方言が存在

 サンスクリット文学の起源はリグ・ヴェーダ時代にまでさかのぼると思われる。サンスクリット語はインドの古典語であり、インド・アーリア語の高みを極めた。サンスクリット語はインド最古の有文字言語で、5千年以上前から存在し、現代のインド言語の多くの基となった。その最古の方言はヴェーダ時代にアーリア人たちによって話されていた。インドのすべての古典文学や叙事詩はサンスクリットで書かれている。

 サンスクリット語は、インドを十分に強く結び付ける絆である。広範囲にわたる言語の祖で、インド史の中で幾度もインドを繋ぎ留め、再統合してきた絆の一つと言えよう。

 インド史の進化の過程で、アーリア語系言語とドラヴィダ語の双方とも、サンスクリット語と、より発展を遂げてきた。その結果が、今日使われている200以上の言語と1600以上の方言であり、それ以外に第2言語として英語が存在する。

 現在、インドの憲法は22の言語を公用語として認定している。各公用語は、州が公用語として認定した、その地域で特に多く話されている言語である。

 一方でヒンディー語と英語はインド全体で広く使われている。しかし、インドには28の州と7の連邦直轄地があり、ごく少数の州で話される言語も存在する。22の公用語には英語も含まれる。

 すべての紙幣に、英語とヒンディー語、さらに最低15言語で額面が記してある。

 州の公用語はその地で話されているローカルな言語である。もちろん英語は例外だが。現在、インドの学校では3つの言語が教えられている。州の公用語、国の公用語ヒンディー語、第二言語の英語である。教育以外では、新聞、テレビ、ラジオ、ウェブサイトも、より多くの人々に情報を届けるため英語、ヒンディー語、州の公用語の3言語を使用している。

筆者の記事一覧はこちら

 

【国際】の記事一覧はこちら

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

社員17人で41億円を売り上げた社長が語る「中国で越境ECを成功させる秘訣」―栖原徹(ピルボックスジャパン社長)

今や米国と並び、世界最大級の消費市場となった中国。その中国で爆発的なヒットを飛ばしているのが健康食品・サプリメントなどの越境ECで展開するピルボックスジャパンだ。同社を率いる栖原徹社長に、中国市場で成功するための秘訣を聞いた。(取材・文=吉田浩) 栖原徹・ピルボックスジャパン社長プロフィール…

栖原徹・ピルボックスジャパン社長

意思決定の効率化を実現しデータ活用に革命を起こす―インティメート・マージャー

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

入学試験や資格取得のための勉強法については、さまざまなハウツーコンテンツが世にあふれている。そんな中、独自の学習理論で注目されているのが、サイトビジット社長の鬼頭政人氏。勉強法という個人的な問題を解決するためのサービスを、「働き方改革」を推進する法人向けにも展開している。(取材・文=吉田浩) …

鬼頭政人(サイトビジット社長)

アスリートのセカンドキャリア問題に真正面から取り組む―中田仁之(一般社団法人S.E.A代表理事)

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年2月号
[第45回経済界大賞]
  • ・[大賞]新浪剛史(サントリーホールディングス社長)
  • ・[特別賞]小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)
  • ・[優秀経営者賞]水田正道(パーソルホールディングス社長CEO)
  • ・[優秀経営者賞]青野慶久(サイボウズ社長)
  • ・[ベンチャー経営者賞]及川智正(農業総合研究所会長CEO)
  • ・[ベンチャー経営者賞]山本正喜(ChatworkCEO兼CTO)
  • ・[グローバル賞]ハロルド・ジョージ・メイ(新日本プロレスリング社長兼CEO)
  • ・[100年企業賞]高松建設(高松孝年社長)
[Special Interview]

 新浪剛史(サントリーホールディングス社長)

 創業精神の共有から始めた米ビーム社との統合作業

[NEWS REPORT]

◆海外メーカーを次々と買収 キリンがクラフトにこだわる理由

◆売上高は前期比3割増 止まらぬワークマンの快進撃

◆第3の都市はどこに? 「スタートアップ拠点」争奪戦

◆寿司屋の大将は3Dプリンター? 電通が画策する未来の飲食

[特集]

 もっと眠りたい

 明日のパフォーマンスを劇的に高める

 一流の睡眠術

ページ上部へ戻る