政治・経済

20170207DAIEI_P01

「ダイエー」といえばかつての小売業の雄だが、今ではその名を冠した店舗は数えるほどとなった。旗艦店だった碑文谷店などかつての店舗の多くがイオンに生まれ変わったが、なかなか結果が出せなかった。しかしここにきてようやく道筋が見えてきた。文=本誌/関 慎夫

業績の底を打った旧ダイエー店舗

 長い間、赤字を垂れ流し続けてきた旧ダイエーに、ようやく、光が見えてきた。

 1月11日にイオンが発表した2017年2月期第3四半期(3Q)決算によると、9カ月の累計連結決算は、営業収益が前年同期比1.1%増の6兆998億円、営業利益は同5.6%増の853億円。最終損益こそ、熊本地震による損失や、店舗の減損が響き172億円の赤字だが、営業成績は好調だったといっていい。

 特に好調だったのが、ドラッグストアや金融部門だが、懸案のGMS部門も、経費削減効果や店舗活性化などの施策が奏功し採算は改善した。しかしいまだにお荷物状態が続いているのがダイエーから引き継いだ店舗。完全子会社化からまる2年が過ぎたが、一向に赤字から脱却できない。

 中内功氏が創業し、一時は日本最大の小売業として覇権を握ったダイエーだが、無謀とも言える拡大策は、バブル崩壊後、完全に裏目に出る。部門の切り売りなどで生き残りをはかったが、「安いかもしれないが欲しいものが何もない」と消費者からそっぽを向かれ、業績は悪化する一方。結局、主力銀行のひとつであるUFJの業績悪化もあり、04年に再生機構の支援を仰ぎ、丸紅とイオンがスポンサーとなり再生を目指してきた。

 イオンにしてみれば、過去にヤオハンとマイカルの2つのチェーンストアの再建を手掛けたこともあり、その延長線上でイオン流を持ち込むことで再生は可能と考えていた。しかし長年の経営の停滞による、店舗の老朽化とそれに伴う顧客離れは深刻で、思ったような結果が得られなかった。

 そこで、イオンが全力を挙げて再生することを内外に示すため、15年1月1日をもって完全子会社化し、抜本的改革を行うことになった。

 そのダイエー再建スキームは、①完全子会社化②北海道、九州などの店舗をイオンに移管③本州の大型店をイオンスタイルに業態変更④ダイエーは食品スーパーに特化――というもので、「18年にはダイエーという屋号もなくなる」(岡田元也・イオン社長)。ダイエーの完全消滅計画といっていい。

 15年9月には北海道と九州の店舗などを先行移管(イオン北海道とイオンストア九州に変更)。そして16年3月には本州の29店舗をイオンに移管、看板を掛けかえるだけでなく、レジやシステムなどイオンの手法を取り入れ、店舗を活性化させることで、売り上げ拡大を目指した。

 ダイエーからイオンへの移管は、「移管期」「整備期」「改善期」の3つのステージからなる。「改善期」では看板の付け替え、制服の変更、システム移管、WAONカードなどの新販促の導入等を行い、「整備期」では売り場の改装やマーチャンダイジング改革など。そして「改善期」で回収をしていく。

 昨年3月に移管した29店舗は昨年11月に整備期を終え、現在改善期を迎えている。また一足早く移管したイオン北海道等は、昨年5月から改善期にある。つまりそろそろ利益改善しなければならない時期を迎えているのだが、先日発表した3Q決算には、その兆しが表れた。「旧ダイエーからイオンに移管してから1年以上がたった店舗は売上高が前年比100%を超えた」(近澤靖英・ダイエー社長)。

 例えばイオン北海道(8店舗)の売上高は、2Qが前年対比99.1%だったが、3Qには110.9%と大きく改善した。またイオンストア九州(24店舗)も、98.0%から104.4%へと改善した。

ダイエー旗艦店もイオンスタイルへ

 イオンでは当初、半年ほどで移管効果が出るとみていた。しかしダイエーの負のイメージは大きく、イオンに変わったといっても「では利用しよう」とはならなかった。それでも、時間とともに抵抗感が薄れ、そこに店舗改装などの活性化策が加わったことで、客足が増えてきた。

 そのひとつに旧ダイエー碑文谷店がある。東急東横線、学芸大学駅と都立大学駅の中間地点にあるこの店は、ダイエーの旗艦店として知られていた。ダイエーが新しい取り組みをする時に、ここの店頭で中内氏がハッピを着て気勢を上げていたのを覚えている人も多いに違いない。

 この旧ダイエーの「本丸」は昨年5月に閉店し、12月16日、イオンスタイル碑文谷店としてオープンした。現在は1~4階の部分営業にとどまっている、にもかかわらず、開業からの半月間の売り上げは、前年同期の113%を記録した。全館オープンは3月31日を予定しており、さらなる売り上げ拡大が期待されている。

 また、現在もダイエーの名を冠しているスーパーマーケットについても、粗利益率が改善するなど、3Qベースでみると、前期比6億円収益が改善した。消費不況の中でも食品スーパーの売り上げは好調であり、ここに力を注ぐことで、業績への寄与を狙っている。

 ダイエーの負の遺産の処理がようやく終わろうとしている。その先のイオンの戦略が見ものである。

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

広告やマーケティング、ブランディングを事業プロデュースという大きな枠で捉え、事業が成功するまで顧客と並走する姿勢が支持されているグランドビジョン。経営者の思いを形にしていく力で、単なる広告代理店とは一線を画している。 中尾賢一郎・グランドビジョン社長プロフィール &nb…

中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

人材戦略を経営の核に成長する駐車場ビジネスのプロ集団―清家政彦(セイワパーク社長)

「PCのかかりつけ医」として100年企業への基盤構築を進める―黒木英隆(メディエイター社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

自らの手で未来をつかみ取る革新者たちは、自分の可能性をどう開花させてきたのか。今回インタビューしたのは、学生でありながら自力で資金を集め、世界最年少で探検家グランドスラムを制した南谷真鈴さんだ。文=唐島明子 Photo=山田朋和(『経済界』2020年1月号より転載)南谷真鈴さんプロフィール&nbs…

南谷真鈴

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る