政治・経済

20161004NISA

個人型DC(確定拠出型年金)が年明けからスタートした。その市場は1兆円規模とも言われており、銀行や証券、生保などが熾烈な獲得競争を行うと思われていた。しかしフタをあけてみれば、滑り出しは極めて静か。その理由を探った。文=ジャーナリスト/野原幸一

NISAを超える国民的商品に育てる

 確定拠出型年金は従来、企業ベースでの利用が原則とされた。このため、企業の正社員であるサラリーマン、OLに対象が限定されていたが、老後生活の安定、あるいは若年層の資産形成の必要性が叫ばれるなかで、制度利用の間口を国民各層に広げる潮流が強まっていた。年明けの対象拡大によって、公務員や専業主婦までが個人型DCを利用できるようになった。

 愛称は「iDeCo(イデコ)」。「individual-type Difined Contribution pention plan」という英語表記の頭文字をとったものだ。非課税少額投資制度のNISAが予想を上回る普及となったことにちなんだ「親しみやすい名称」(大手証券筋)だと言う。果たして、その期待どおりに普及するかどうか。これからの状況を見守るしかないが、少なくとも、同制度を取り扱う証券業界や銀行業界は並々ならぬ力の入れようだ。

 それもそのはずである。なにしろ、同制度の税優遇は厚い。掛け金は所得税の対象である所得から控除され、運用で生じた利息配当収入も非課税扱い。さらには、将来の年金給付金も税控除となる。税制優遇措置という面では「NISAを超える国民的商品になる条件を備えている」(同)わけであり、証券会社や銀行にとっては、個人マネーを取り込む絶好のビジネスチャンスとなりえるからだ。

 ところが、である。なぜか、NISAの解禁前後にみせられたような、激しい顧客口座獲得競争はいまのところ、影を潜めている。これは金融庁がフィデューシャリー・デューティー(顧客本位の業務運営)を証券、銀行両業界に強く求めているなかで、営業の過熱を抑制するムードになっているからでもある。だが、最大の理由は「20年にも及ぶ資産形成商品の販売のやり方が分からない」(準大手証券)というところにあるようだ。

 それでも、何もしていないというわけではない。例えば、リテールバンクの代表と言えるりそなグループでは独自の戦略を明確化させている。同グループは、親密なフィナンシャル・プランナー(FP)と契約して取り組む方式を導入した。具体的には、FPがりそなの顧客である個人宅や職場を訪問して、個人版DCの制度説明や利用方法を無料相談という形式で行う。1回1時間を目安にした相談業務で、原則2回までは無料と言う。

 一方、証券業界では、野村、大和という独立系大手証券会社が独自の営業スタイルを導入している。野村の場合、長期運用に適した投信をラインアップ化し、さらに顧客が支払うことになる運営管理手数料を無料化するキャンペーンを2018年3月まで実施。大和は手数料引き下げ戦略には与せず、制度理解のための活動に徹するスタンスにある。例えば、同社のホームページのウェブ動画で制度のポイントなどを丁寧に説明する手法などをとっている。これは野村も同様で、ウェブサイト、あるいはコールセンター機能などの活用を具体化させている。

銀行業界の本音は「収益メリットは小さい」

 そんな証券業界のなかで漂っているのは、「やはり、銀行優位になるのではないか」(大手証券幹部)という焦りだ。これは、企業ベースの導入方式である従来型DCの利用状況をみると、利用商品に預金を選択する人が半数近くになっているからだ。

 「何十年という長期の運用にもかかわらず、証券投資が選ばれないのはやはり、銀行の力が圧倒的に強いからだ」

 ある中堅証券のトップがこうぼやくほどなのだ。とくに、今回は、掛け金、配当利息収入、年金給付金という三段構えの非課税メリットが備わっており、この点がことさら強調されると資産形成という面よりも「預金で非課税」という理解が利用層の間で広がりかねない。従来以上に利用者のマネーが預金口座に流入する可能性があるわけだ。

 もっとも、マイナス金利の時代にあって、銀行も預金流入を回避したいという想いはある。そこで、「極力、投資信託の利用を促したい」(メガバンク)考えだが、そうなるかどうかは最終的には利用者の判断次第だ。

 証券会社も銀行も投信販売では顧客が購入時に支払う販売・募集手数料の獲得に向けたセールスを展開してきた。その発想からすると、次から次へと商品を乗り換えるのではなく、一つの商品を選んで、じっくり積み立て投資することを前提とする個人型DCは「収益メリットは低い」とある銀行幹部はホンネを語る。そのうえ、証券も銀行も個人型DCと並行して導入準備が進んでいる積み立てNISAへの対応にも迫られている。

 「いずれもシステム投資などコストを費やさざるを得ない」(大手銀行)とあって、実は、対応には頭を痛めている。

 かくして、1月、政府の肝いりで開始した個人型DCセールスはきわめて静かなスタートとなったが、それでも、個人型DCが個人マネー取り込みの有力商品であることはまちがいない。証券業界が「銀行優位」と警戒するなかで、そのうち、いずれかの証券会社が顧客獲得のテンションを一挙に高めることもないわけではない。しばらくは、そんなライバルの動きを見極めるにらみ合いが続きそうな雲行きだ。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る