文化・ライフ

企業経営者の趣味と言えば、「読書」「ゴルフ」などが定番だが、意外に多いのが「落語」である。CDで聴いたり、足繫く寄席に通ったり、中には自ら落語会を開いて高座に上がる社長さんもいる。落語の何が経営者を惹きつけるのか、落語と経営の共通項とは何か、はたまた、落語の技術はマネージメントに活かせるのか。本シリーズでは、複数の噺家や経営者の取材を通じて、落語と経営の関係について考察していく。文・聞き手=吉田浩 写真=森モーリー鷹博

 弟子入り後の「しくじり」により、昇進が大幅に遅れたという立川談慶師匠。前座修行の時代を「完全なマネージメントの失敗」と述懐する。

 だが、そこで得たものは大きい。「しくじった後のリカバリーで個性が問われる」という落語家の世界は、完璧主義、効率主義に振れ過ぎた現代の企業社会が失ったものを思い出させてくれる。

 今回も噺家ならではの視点で、仕事に活かせる思考法と企業社会の問題点について語ってもらう。

 効率重視か?修行重視か?

談慶後編使用2

(たてかわ・だんけい)1965年生まれ。長野県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、ワコール入社。3年間勤務の後、91年、立川談志に弟子入り。前座名は立川ワコール。2000年に二つ目昇進、立川談慶に改名。2005年真打昇進。著書に『大事なことはすべて立川談志に教わった』(KKベストセラーズ)、『落語力』(KKロングセラーズ)、『「めんどうくさい人」の接し方、かわし方』(PHP文庫)、『いつも同じお題なのに、なぜ落語家の話は面白いのか』(大和書房)がある。

―― 談志師匠はサラリーマン社会より理不尽だった?

談慶 そりゃ、理不尽なんてもんじゃないです。サラリーマンの理不尽には、みんなが効率よく行動すれば企業全体が潤うという理由がありますが、談志の場合は効率じゃない。「修業とは不合理と矛盾に対する忍耐力。お前の仕事は俺を快適にすることだ」と言うわけですよ。さらに、「俺がお前にここに居てくれと頼んでるわけじゃない」とも言われました。

 入門したら落語や寄席の作法を教えてもらって、効率よく1~2年で前座修行を終えて、二つ目として好きな活動ができると思っていました。そしたら、「お前は俺に何をしてくれるんだ」と言うわけです。調べてみたら松下村塾がこの方針だったらしいんです。吉田松陰のところで大局的な世界観を教えてもらおうと入塾したら、塾生は「ところで君は僕に何をしてくれるんだ」と言われたらしいです。これは凄いな、教育の原点はここだなと。結局、問題は受け手にあって、受け皿を鍛えることが大事なんだと。

 ただ、そこで失敗したからといってダメではなく、捉え方なんですよ。じゃあ、こうすれば成功したんだなと切り替えることはできるんですから。大事なのはそこだと思うんです。

―― 談慶師匠の著書には「テクニックより受け止め力」「アウェーでこそ真の話力が問われる」「間を制する者は会話を制する」等々、ビジネスパーソンに役立ちそうな要素が多数紹介されていますが、その中でも落語家から特に学べそうなことは何ですか。

談慶 一番大事なのは修行だと思うんですよね。自分は天才的な瞬発力はなくても、「談志が好きだ。落語がやりたい」といって、ストーカーみたいに談志に付きまとって、怒られることも前向きに捉えて拡大解釈してここまでやってきた人間です。誰もがしゃべりのプロになれるという見本なわけです。では、なぜ自分がここにいられるのかと言えば、修行ありきなんですね。修業というのは完全に受け止め力。受け止め方の作法だけ身に付ければ、誰もが1つの道でいっぱしになれるという体現者でもあると思います。

―― 一方で、寿司屋修行の期間は無駄、クックパッドを見て料理すればいいといった効率重視の風潮もあります。それについてはどう考えますか。

談慶 それは、言う人のキャラによると思うんですよね。自分のキャラに近いことしか人間はできないわけで、天才的な発想の人が効率重視を打ち出しても、そこは優劣の問題じゃないと思うんですよね。

 芸人の世界でも、先輩にお茶を出してそれが何になるという意見もあるし、お茶出しに疑問を感じる人はやめればいい。2つの考え方が共存しても別にいいと思うんです。効率重視の考え方も修行重視の考え方も、両方のマーケットを開拓しているからいいと思います。

 それが、現代の幅の広さとも言えるわけですよ。その意味で、談志は天才的な発想がある一方で、自分みたいなどんくさい人間を真打ちまで育ててくれたという部分で、「鋭」と「鈍」の両方を兼ね備えた人だったんじゃないでしょうか。

―― 談慶師匠は「独演会名人になるな」という主張もされています。ただ最近では、SNSの活用など、ある意味独演会名人になって固定ファンを増やすことが、企業にも個人にも重要になっている気もしますが。

談慶 もちろん自分のファンを作ることは大事ですが、志をどこに置くかではないでしょうか。二つ目になった時に談志に言われたのが、「ここに来ることを目的にするな、ここを積み上げることを目的にしろ」と。談志は売れることを目的にした人ではなかった。24時間落語のことを考えて、日々の積み重ねを目的にすれば停滞することはありません。

 志の輔師匠からは、「会場を満杯にしても、会場に来なかった人にメッセージを送ってるか」と言われました。会場に入れなかったお客さんに声を届けるのが、会を大きくするコツだと。これが、志ということになると思います。

―― 企業でいえば、潜在顧客にメッセージを送っているかということでしょうね。

談慶 そうです。それがローカルで終わるのか、メジャーになるかの違いだと思います。

事業成功の鍵は「マメさ」と「打算」

―― 落語家のみなさんはある意味個人事業主なわけですが、その立場から事業を成功させるためには何が重要だと思いますか。

談慶 マメさ、、、、ですかね。地方に行くと、弟子の役目として楽屋への頂き物はすべて名前と住所を聞いて、談志に渡します。旅から帰ってくると、談志は疲れていても全員に礼状を書いていました。その積み重ねです。

 自分がワコールにいたころ、エリアマーケティングを行うと、市場規模が小さくてもかなりの売り上げを記録している店がありました。そこは地道にお客さんにバースデーカードを送ったり、その人にふさわしい手書きのメッセージを添えていたり地道な積み重ねを行っていたんです。談志の姿勢にもつながりますね。

―― 談志師匠は筆マメだった?

談慶 筆マメだし、電話魔でした。用事が終わると弟子に電話ボックス探させて、相手にお礼の電話をする。向こうからすれば、談志が電話をよこしてくれたと喜ぶわけです。俺が手紙を書けば喜ぶだろうとか、どう動けば効率的かをちゃんと計算していた人です。あれは多分、国会議員をやったからでしょうね。議員になる前からやってはいましたが、どうすれば票に結び付くかというのをちゃんと考えていました。

―― (笑)。

談慶 そういう打算も大事だと思うんですよね。それをどう自分らしくアレンジして、印象を良くしていくか。僕らの負い目でもありますが、落語は別にあってもなくてもいいもの。明日から仕事がなくなるかもしれない。談志は「もし明日から仕事がなくなったら、前座のお前が貰ってくる1万円や2万円の仕事を奪うからな」と言ったんです。「だから安直に俺に教えを乞うな」と。仕事に対する大事な姿勢を教えてもらったと思います。

馬鹿を受け入れる社会の凄さ

談慶2加工済み―― 過労死やパワハラが問題になる今の企業社会をどう見ていますか。

談慶 まじめ過ぎちゃうんじゃないですかね。ワコールでも、以前は「鬼十則」とほぼ同じ文言を朝礼で唱和してたんですよ。でも、僕らのころは言葉を比喩として受け止めていた。今は例えば、「仕事は死んでも離すな」を本当に死んでも離しちゃいけないみたいに受け止めて、シャレが効かないんです。

 鬼十則は比喩表現なのに、鬼のように仕事しろの「ように」が抜けちゃってるんです。部下に指示を出すほうもそうだし、まして新人はシャレが効かないから真に受けちゃう。僕らの修行のように、教えるほうも教わるほうも「これはお互いに修行だぞ」という共通認識があれば、もっと柔らかくなると思うんですよね。完璧を求めちゃうと失敗が許されない。修業にしくじりはつきものですから、しくじりはいいんです。でもしくじった時にどうリカバリーするかで個性が出るわけです。

 そんな世の中だからこそ、落語家が高座で喋る話が求められる部分があるのかもしれません。僕らにとっては追い風ですけど。

―― そういう意味で、日本人はもっと落語を聞いたほうがいいんでしょうね。

談慶 今、与太郎論の本を書いています。落語の与太郎が馬鹿なことをするのも凄いけど、それを受け入れる社会も凄いわけです。もしかしたら、与太郎は全人類の馬鹿さ加減を受け止めているキャラクターかもしれない。談志は落語を「人間の業の肯定」と言いました。人間の駄目な部分を認めるのが落語だと。もっと言えば、「人間はみんな馬鹿なんですね」と言ってるのが落語じゃないかと。 

 落語が持っているのは、人間という弱者への限りなく優しい目線。良い企業や経営者にもそれがあります。人間の弱さ、欲望にマーケットがあることを熟知して、そこにフォーカスしている。それが落語と経営の共通項じゃないかと思います。

落語に描かれた人間同士の交流は経営に通じる 

立川談志最後の弟子が学んだ「多面的な見方と真っすぐな目」立川談吉 

談志を怒らせた慶応卒サラリーマン出身落語家の「2つのしくじり」立川談慶① 

 

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

理想よりも現実。手段よりも結果。東北楽天・梨田監督の戦いぶり

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

二宮清純の「スポーツ羅針盤」

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト(第59回)

マラソンでメダル獲得目指す日本に妙案なき現実

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト(第57回)

不世出の大投手、沢村栄治をめぐるスピードボール論議

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト(第56回)

なでしこジャパン再建で高倉監督が着目したこと

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト(第54回)

世界屈指の強豪クラブと互角に戦ったアントラーズ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第19回)

壮大な目標を立てると努力しない人材になる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

CEOのゴルフ

一覧へ
eyecatch_CEOgolf_new

[連載] CEOのゴルフ(第19回)

腰と肩を同じように回すから飛距離が出ない

[連載] CEOのゴルフ(第18回)

右足の力で飛ばすには左股関節の「受け」が必要

[連載] CEOのゴルフ(第17回)

直線的に振り下ろす感覚がスライスの原因

[連載] CEOのゴルフ(第16回)

切り返しで下へ力を加えることが飛距離の源泉

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

「損して得を取る」事業モデル  不動産登記情報を扱う「登記簿図書館」をご存じだろうか。 かつては法務局でしか取得できなかった登記簿情報がオンラインで簡単に取得でき、かつ、法務局では対応できないさまざまなサービスを提供するというものだ。保有登記情報は全国2450万件、会員数9500社を誇る。 この登記簿図書館を…

支持政党なし

外国人を中心に需要が高まるソーシャルレジデンスで快走―オークハウス

独自のプラットフォーム戦略で、外食産業の新たなスタンダードを創造する――きちり社長 平川昌紀

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせください。 桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

20150609_INNOV_P02

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

パートナーズは全国の中古投資用不動産の売買仲介を手掛けている。2011年の創業以来、5期連続増収を達成。吉村社長は業績好調の原動力を「社員の人間力を養い、顧客満足度の向上に取り組む姿勢にある」と語る。── 数ある投資用不動産会社の中、独自の強みについて。吉村 当社では、社員の人間力を徹底的に磨きな…

企業eye

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

海外ビジネスの第一線で活躍した2400人のエキスパートを擁し、日本企業の海外事業を支援。

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界6月号 [月刊記念特別号]
[特集]
トップ企業の経営哲学

  • ・永守重信(日本電産会長兼社長)
  • ・新浪剛史(サントリーホールディングス社長)
  • ・北尾吉孝(SBIホールディングス社長)
  • ・林野 宏(クレディセゾン社長)
  • ・茂木友三郎(キッコーマン取締役名誉会長 取締役会議長)
  • ・樋口武男(大和ハウス工業会長)
  • ・北島義俊(大日本印刷社長)
  • ・澤田秀雄(エイチ・アイ・エス会長兼社長)
  • ・似鳥昭雄(ニトリホールディングス会長)
  • ・押味至一(鹿島社長)

[Interview]

 貝沼由久(ミネベアミツミ社長)

 経営統合で技術の受け皿を広げ新たなIoT時代に備える

[NEWS REPORT]

◆三井住友銀行、脱・たすき掛けの深層

◆一人負け、ソフトバンクに何が起きている

◆大塚家具、ロッテ……親子・兄弟相続の相克

◆ドキュメント シャープ鴻海入り1年のドラマ

◆長者番付で分かった日の丸ベンチャーの弱点

[政知巡礼]

 石破 茂(衆議院議員)

 「地方創生こそがポストオリンピックの鍵だ」

ページ上部へ戻る