政治・経済

2017.02.21_R_ドコモ_Ph

業績好調のNTTドコモ

最近の携帯電話の話題といえば格安スマホのことばかり。シェアも10%近くにまで伸びてきた。その分、既存3社が食われているはずだが、先日発表されたNTTドコモの決算は大幅な増収増益だった。なぜ好調なのか。そしていつまで続くのか。文=本誌/関 慎夫

総務省の指導はドコモに追い風

 NTTドコモの業績が好調だ。1月27日に発表した今期第3四半期決算によると、売上高は前年同期比2.5%増の3兆4696万円、営業利益は同22.9%増の8423億円と、過去最高を記録した中間決算の勢いを維持している。

 格安スマホが勢いを増す中、ドコモの好調は意外な気もするが、現在、出回っている格安スマホの大半がドコモの回線を利用しているため、普及すればするほど、ドコモの契約者数が増える。しかしそれだけではない。「純粋な」ドコモ契約者も増えているのだ。

 昨年9月末の契約者数は前年比132万件増の7294万契約。これには格安スマホ分も含まれるが、auの64万件増、ソフトバンクの1万8500件減と比べても、ドコモの突出ぶりが目立っている。

 auがUQモバイル、ソフトバンクがYモバイルと、それぞれサブブランドで割安なサービスを提供しているが、ドコモにはそれがない。そのため、格安スマホによってもっとも影響を受けるのはドコモかと思われていたが、実際にはそうならなかった。その背景には、総務省の指導の影響があるという。

 「総務省の指導により端末0円販売などができなくなった分、他社への流出が減っている」と語るのは、都内のドコモショップの店員だ。

 端末0円が常識だった頃、ドコモはauやソフトバンクの草刈り場になっていた。他の2社が派手なCMを流し、インセンティブを積み増したのに対し、ガリバーであるドコモはそこまで思い切った施策を打てず、シェアを落とし続けていた。それだけに総務省の指導はドコモにとって追い風になった。また懸念された格安スマホへの移行も思ったほどではなく、各携帯ショップに話を聞いても、ソフトバンクユーザーのほうがはるかに格安スマホに流れている。

 解約率からもそれは明らかで、昨年7~9月期のドコモの解約率は0.53%と、auの0.72%、ソフトバンクの1.06%に比べて極めて低い。

 ここから見えてくるのは、これまで価格訴求の色彩のもっとも濃かったソフトバンクは、それ以上に安い格安スマホの影響を大きく受けたのに対し、価格よりサービスの充実を訴えてきたドコモの「被害」は最小限ですんだということだ。

 それを象徴するのが「スマートライフ事業」の伸びだ。スマートライフ事業とは通信事業以外の分野で、売上高は前年同期比6%増、営業利益は同30%増の高い伸びを示した。中でも「あんしん系サポート」(遠隔ロックや携帯位置検索等)やコンテンツサービスの利用が増えている。またクレジットカードの「dカードGOLD」の発行枚数が200万枚を超えるなど、金融・決済サービスも好調だ。

 もともとドコモは、1999年に「iモード」を始めて以来、コンテンツサービスに力を入れてきた。スマホ全盛時代となり、コンテンツの重要性はより増しており、長年の取り組みが実を結び始めた。

 また、「はじめてスマホ割キャンペーン」などドコモ内でフィーチャーフォンからスマホへの乗り換えを勧めるためのキャンペーンを展開したことが、他社への流出を防ぐと同時に収益に大きく貢献した。

これから本格化する格安スマホとの闘い

 しかし油断は禁物だ。今の好調がいつまでも持続する保証はどこにもない。前述のように、これまでのところ格安スマホの影響は限定的だが、今後、さらに拡大していくことは確実で、当然、ドコモの経営にも影響を与えるのは間違いない。

 格安スマホは、料金こそ安いが、通信速度やサービスは、既存3社に比べはるかに劣っていた。それでも最近は、以前に比べれば速度も上がり、また店舗を開設するなど、対人サービスに力を入れるところも出始めた。これがさらに進めば、これまで格安スマホに興味を示さなかった人たちも動き始める。スマホ料金が高いと考えている人はユーザーの8割以上にも上ることから、この流れを食い止めるのは至難の業だ。

 ドコモとしては、コンテンツや金融・決済サービスをさらに充実させることで顧客囲い込みを一層進めていくが、それだけでは人口減少時代を迎え、流出を軽減することはできても、新規加入者を増やすことは難しい。他の2社では、料金の安いUQとYモバイルを入り口に顧客を誘導できるが、ドコモは「サブブランドはやらない」と明言しているからそれは不可能。そこで648円と極端に安いスマホ端末を独自に販売するなど、格安指向のユーザーをも取り込もうとしている。

 携帯3社の戦いは、いち早くスマホ(iPhone)を発売したソフトバンクが序盤で大戦果を収め、その後、auが巻き返すという構図だった。しかしここにきてドコモが安定性を発揮、覇権を握り続けている。

 しかしもはや3社間の争いではない。格安スマホという新規参入組により大混戦になった。携帯ウォーズはこれから本格化する。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る