広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

新型ゲーム機「スイッチ」で原点回帰目指す任天堂

WiiU

WiiU

Wii Uの販売は振るわなかったが….

家の中でも外でもプレーが可能

 東京ビッグサイトで開かれた発表会には、ゲーム業界の関係者らが集まった。発売日が3月なのは既に明らかにされており、価格が焦点だった。君島達己社長が発表した価格は2万9980円(税別)。任天堂の現行ゲーム機「Wii U」よりは高く、市場の想定の範囲内だった。だが、「ディスプレーが付いていることを考えると安い」(業界関係者)と、評価する声も多い。

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の「プレイステーション4」も現在は同じ価格だが、これは値下げの結果で、発売当初は3万9980円(税別)だった。任天堂は、スイッチ普及に向けスタートダッシュを狙う戦略的な価格設定に踏み切ったようだ。

 任天堂は2016年10月にスイッチの動画を初めて公開。それまで「NX(仮称)」と呼ばれてきた新型ゲーム機がベールを脱いだ。最大の特徴は、これまでのゲーム機と同じくテレビに接続して遊ぶほか、ディスプレー付きの本体を持ち運び、外出先でも楽しめることだった。君島社長は「ゲームのプレースタイルを多様化させる」と話した。

 新たに明らかにされたのは、ジョイコンの「HD振動」と「モーションIRカメラ」という機能。HD振動はコントローラーを微細に震わせることで、これまではできなかった表現を可能にする。例えば、持っているコップに水が注がれているという感覚を指先に伝えることなどができるという。モーションIRカメラはジョイコンに搭載されたカメラで、近くにかざされた手などの距離や動きを認識する。

 いずれも、これまでにないゲームの操作を可能にするものだ。スイッチ本体と同時に発売されるソフト「ワンツースイッチ」では、ボールが入っている箱を振動で表現し、何個入っているかを当てたり、牛の乳搾りの速さを競うなどのミニゲームを楽しめる。スイッチ総合プロデューサーの小泉歓晃氏は、「コントローラー自体が表現力を得た。新しい娯楽の世界にお誘いしたい」とアピール。斬新なゲームが楽しめるソフトの開発で、こうした新機能をどの程度生かせるかが重要になる。

 発表会では、セガゲームスの名越稔洋・コンシューマ・オンラインカンパニーCOOや、英エレクトロニック・アーツのパトリック・ソダーランド上級副社長らが登壇。名越氏が「ユニークさにあふれたハードで興奮している。それを生かしたソフトをつくりたい」と述べるとともに50社以上がスイッチのソフトを開発していることが紹介された。

 Wii Uでは、「サードパーティ」と言われる任天堂以外のメーカーによるソフトの提供が鈍く、販売低迷の一因になった。その反省もあり、スイッチにはサードパーティの参加を促すとともに、同じ轍は踏まないという意思をアピールした。

スマホとの親和性をどう構築するか

 据え置き型ゲーム機を販売しているのは任天堂のほか、SIEとマイクロソフトだけだ。このうち、任天堂は06年に発売してヒットした「Wii」が象徴していたように、いたずらに高機能化を志向せず、「誰もが楽しめるゲーム」づくりを目指してきており、今回もその特徴を前面に出す。

 ゲームファンだけでなく、幅広い利用者を取り込む戦略だ。Wiiでは、無線のコントローラーを振り回したりすることで、直感的な操作を可能にしたことが成功。ジョイコンもその延長線上にあり、複雑な操作を必要としないゲームを生み出せる素地をつくる狙いとみられる。

 スマートフォンをどう活用するかも注目される。ゲーム市場ではスマホ向けゲームが台頭し、任天堂も昨年12月に「スーパーマリオラン」をiPhone向けに提供を始めている。

 ゲーム機とは比較にならないほど多くの人が持っているスマホでゲームをする人を増やすことでゲーム人口のすそ野を拡大し、任天堂の「本領」であるゲーム機の利用者増につなげるという戦略だ。一方で利用者がスマホ向けゲームで満足してしまえば、ゲーム機ビジネスには逆風になってしまう可能性がある。スマホ向けの戦略の巧拙がスイッチの成否にも直結しそうだ。

 この点について、君島社長は、「スマートデバイス(スマホやタブレット端末)上で遊ぶ時間を約束したり、ボイスチャットできるようにする」と強調した。これを含む有料オンラインサービスに加入することで、遠くの友人らと対戦・協力して遊べるようになるという。今秋の正式スタートまでは無料で試せる。

 説明会当日、任天堂の株価は急落し、終値は6%安。市場関係者からは「サプライズがなかった」と厳しい指摘が出た。確かに価格が予想以上に安かったり、仮想現実を楽しめるプレイステーションVRのような新技術が打ち出されるなど、分かりやすい新機軸はなかった。ただ、任天堂はジョイコンで「可能性」を示し、サードパーティについても多くの有力企業の参加が明らかになった。

 販売面で振るわなかったWii Uに続く2回連続の“失敗”は、任天堂にとっても絶対に避けたいところ。世界的に有名な老舗ゲーム会社の真価が問われる。

 

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る