文化・ライフ

 高齢社会の日本では、今後団塊世代が一斉に退場する大量死の時代を迎える。そこでは葬儀の在り方も変わらざるを得ず、死が身近になったことで、むしろ宗教の存在もクローズアップされていくのでは、と五木寛之氏は言う。宗教と経済の歴史的な結び付きや、高度成長期の後に来る高度成熟期の存在まで、論考は広がる。

経済格差と共に健康格差も著しい日本の高齢社会

20170221ITSUKI_P01

(いつき・ひろゆき)1932年福岡県生まれ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。67年『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞、76年『青春の門』で吉川英治文学賞を受賞。81年から龍谷大学の聴講生となり仏教史を学ぶ。ニューヨークで発売された『TARIKI』は2001年に「BOOK OF THE YEAR」(スピリチュアル部門銅賞)に選ばれた。02年に菊池寛賞、09年NHK放送文化賞、10年『親鸞』で毎日出版文化特別賞を受賞。主な著書に『戒厳令の夜』『風の王国』『親鸞』『大河の一滴』『下山の思想』など。1月から「週刊現代」で大河小説『青春の門』を23年ぶりに再開。

 現在は経済的な格差が激しいと言われていますが、日本のもう一つの問題は、高齢者の健康格差も著しいことがあります。日本人男性の平均寿命は約80歳、健康寿命は70歳くらいです。しかし、80歳を過ぎても矍鑠とし、海外旅行などを楽しみ元気に暮らしている人もいる一方で、70代を前に自分の足では満足に歩けなくなり、寝たきりで介護もままならず、年金を頼りにギリギリで生活している人も少なくない。高齢になると、生活の格差も露わになってきます。これらの人たちを一律に扱うことは難しく、一つの世代の中でどのように対処していくかは今後の大問題です。

 とはいえ、今の日本には80代、90代でも元気なお年寄りがたくさんいることは事実です。アラウンド・ハンドレッドも珍しくなくなりました。そんな中で、約700万人いる団塊世代が高齢化を迎え、一斉に退場する大量死の時代がいずれ始まるでしょう。医療の発達などで老後の時期は長くなりましたが、10年や15年老後が伸びたとしても、いずれは退場して行かなければなりません。日本は世界に先駆けて人類が初めて体験する超高齢社会となり、大量死の時代を迎えるのです。これは露骨な言い方をすれば、大量の高齢者をどうするかという問題でもあります。日本は使用済み核燃料の問題と、大量死という2つの後始末の問題を抱えている。これをいかにスマートにヒューマンに乗り越えることができるかと、世界は固唾を飲んで見守っているのです。

 数々の社会現象をつくり出してきた団塊世代が嵐のように過ぎ去った後に来る大量死の時代は、普通の葬儀では追い付かなくなることでしょう。既に葬儀にまつわるものは次々に簡略化の方向に進み、コストパフォーマンスを考える葬送になってきています。お坊さんもデリバリーする簡略な告別式や、無宗教の告別式などもますます増えていくことでしょう。葬儀や告別式も行わず、お墓も立てないというケースも出てきていますが、そもそもかつての日本では、お墓に墓標を立てない時代が長くありました。

大量死時代は死が身近になり宗教にあらためて脚光が

 法然や親鸞などが現れた平安から鎌倉時代にかけては、地震や災害で同じように多くの人が亡くなりました。京都でも死骸は鴨川の畔に捨てるのが一般的でした。河原に累々と折り重なった死骸が、雨が降って大水が出たことで下流に流され、住民がほっとしたというような記録も残されています。当時は平均寿命も短く、死というものが身近にあった時代なのです。これからの大量死時代は、死を身近に感じ始めて、死んだら人はどこに行くのか、それを意識する萌芽が生まれてくるかもしれません。そこではあらためて宗教というものがクローズアップされてくるのではないでしょうか。

 高齢社会は健康が重要なテーマで、あらゆるメディアが取り上げていますが、並行して宗教が老後を生きる上での精神的な支えであろうということで、個人の生き方としての信仰とか宗教との関わりが最近ことに注目されているのだと思います。3.11などの災害の問題は、経済的、社会的大問題であると同時に、心の問題でもあるのです。

 人々の悲しみや心の痛みをどう癒すか。海外で誕生したグリーフケアということに携わる人たちが日本でも活躍するようになってきましたが、本来そうしたことは宗教が担って来た訳です。これを行う場として寺があったのに、今や葬祭儀礼の場になってしまっています。住職のいない寺も多くなっています。檀家がいないとか、寺の後継者がいないなどの問題もあり、寺の統廃合も致し方ないことだと思います。

 実は宗教と経済は、基本的に密接に結び付いています。利子の問題がないと資本主義は成立しませんが、この利子を最初、宗教は認めませんでした。公認されるようになったのは、中世にバチカンが正式に認めた時までさかのぼります。だから経済は、経済の問題だけでなく、宗教の問題でもあるのです。

 ロシアでは今、ロシア正教が存在感を示すようになっていますが、そのロシア正教の中で異端とされてきた宗派があります。俗にいう「スタロヴェール」といわれる人たちです。ソ連では1666年に大きな宗教改革があり、それに反対した人たちが旧教徒として分離し、このスタロヴェールになりました。

 私は1965年にソ連に行った時に、イルクーツクの郊外でシベリア抑留兵士の日本人墓地に行きました。その時に、墓地の周辺にずらっと並んでイコンを売っている人たちがいました。黒い服を着て物乞いの老婆のような人たちがお皿を置いて、お布施を求めていました。通訳に彼らはどういう人たちなのかと尋ねたら、このスタロヴェールだと教えてくれました。別名ラスコーリニキとも言い、ドストエフスキーの『罪と罰』の主人公、ラスコーリニコフはここから来ています。社会主義国家なのに、そういう人たちがいることに驚きました。スタロヴェールは現在のロシアの人口の3分の1くらいを占め、この人たちはロシア革命ともつながっています。昔の宗教は社会の大きな変革とも密接に関係してきた証左です。

 社会の変革期ということで言えば、日本は高度成長期を経て、今や高度成熟期に向かっているのだと思います。この2つの間にはタイムラグがあるようです。イタリアなど海外の例を見ても、ものすごい高度成長があって、それが停滞する中で、ルネサンスが起きています。ところが成長期には必死に山を駆け上がっているので、足元にばかり目が行き、その先に来る成熟期を考えることができません。

高度成長期を経た後には高度成熟期が待っている

 私は『下山の思想』という本を書きましたが、登ったものはどこかで必ず下りになります。高度成長が終わって高度成熟に入っていくのだから、それは希望に満ちたハーベストタイムでもあるのです。低成長を恐れる必要はありません。いよいよ高度成熟の実り多き時代を迎えると思えば、希望も湧いてくるでしょう。成長が一段落ついて、その中で付加価値を生み出して行こうというのが成熟の時代です。

 では付加価値とは何かといえば、文化的価値ということです。例えば日本のトヨタ、日産、ホンダの車と、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、ポルシェのドイツ車の1台当たりの利益率を見ると、後者の方が3~5倍くらい高い。日本車は故障も少なくて走りもいいのに、何が違うかというと、付加価値の部分の違いだと思います。

 メルセデスとは、ダイムラー車のディーラーを経営していたオーストリア=ハンガリー帝国の領事でありユダヤ系ドイツ人の富豪の愛娘の名前です。アウディの「フォーリングス」と呼ばれる4つの輪を組み合わせたエンブレムは、設立に参加した4社の団結を象徴するものです。BMWのロゴマークは、黒く縁った円の中央を十字によって4等分し、点対称に青と白に塗り分けたデザインです。円と十字はかつて航空機エンジンメーカーだったことにちなみ、飛行機の回転するプロペラを表したイメージが確立しました。バイエルンの白い雲と青い空をイメージしているそうです。ポルシェにはフォルクスワーゲンを設計した技術者フェルディナント・ポルシェ博士の存在があるというように、それぞれに物語があります。

 ところが日本車各社のエンブレムは、社名をモチーフにしていることは分かっても、そこからは歴史やレジェンドなどが感じられません。スカイラインGTRが有名ですが、他の日本車メーカーにも、それぞれエピソードはたくさんあるのに、その物語を膨らませて、製品の上にかぶせるところまでは至っていないように思います。日本は明治、大正のころから、安いものを作り続けてきましたが、これからは単にいいものを安く提供するモノづくりだけではダメで、ヒューマンな物語やドラマを作って行かなくてはいけないでしょう。5のものを5で売るのではなく、10にも20にも付加価値を付けていくことです。

低成長時代こそ成熟した文化をつくり上げるチャンス

 これがうまいのは、やはり歴史に裏打ちされたヨーロッパです。フランスにはルーブル美術館があり、ベルサイユ宮殿やエッフェル塔があり、観光都市パリがあります。イタリアもローマやフィレンツェ、ミラノなどの遺産で食べているようなものです。

 先日、考古学の研究のために明日香に行く機会がありましたが、大勢の観光客で賑わっていました。周りを見回しても大したものはないのに、なぜ多くの人が集まるかというと、ここから万葉集が生まれ、古事記が生まれと物語があるからです。一木一草にまで伝説が染み付いているのです。古のある日、石川女郎(いしかわのいらつめ、奈良時代の大伴安万呂の妻)が、この道を髪を振り乱して走ったのだとか、この先には大津皇子(おおつのみこ、飛鳥時代の皇族)の墓があるなどと思いながら見ると有り難みが出てくるものです。そういう物語があるから人はそこに行くのです。付加価値や成熟とはそういうものだと思います。日本人は、なぜかこうした付加価値に関心がありません。低成長の時代は、成熟した文化をつくるチャンスです。イメージ戦略が大事なのです。

 政府はクールジャパンということで、原宿のファッションなども海外に売り出して行こうとしていますが、豊かな物語を作り出して行かないと心に響かないと思います。高齢社会イコール成熟社会です。今後、日本では労働人口が増えることはないのですから、人口が減少する中で、高度成長と高度成熟の間にあるタイムラグをうまくつかみ、次なる成熟の時代につなげていく取り組みが大切です。そう考えれば、人口減少も高齢社会もバラ色とは言えないまでも、悲観する必要はないと思うのです。(談)

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

自動車産業・産業機械の世界的サプライヤー、シェフラーグループの日本法人で2006年イナベアリングとエフ・エー・ジー・ジャパンが合併して設立。国内4拠点で自動車エンジン、トランスミッション、シャーシなど精密部品、産業機械事業を展開する。文=榎本正義四元伸三・シェフラージャパン代表取締役・マネージング…

シェフラージャパン代表取締役 マネージング・ディレクター 四元伸三氏

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

【特集】2019年注目企業30

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

高校中退、ITスキルなしの17歳の青年が立ち上げた会社が、わずか2年で利用企業約500社、ユーザー約6万人のアプリを運営するまでに成長している。「世の中を変えたい」という思いを原動力に突っ走る谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長に話を聞いた。(取材・文=吉田浩)谷口怜央氏プロフィール…

Wakrak(ワクラク)社長 谷口怜央氏

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る