文化・ライフ

企業経営者の趣味と言えば、「読書」「ゴルフ」などが定番だが、意外に多いのが「落語」である。CDで聴いたり、足繫く寄席に通ったり、中には自ら落語会を開いて高座に上がる社長さんもいる。落語の何が経営者を惹きつけるのか、落語と経営の共通項とは何か、はたまた、落語の技術はマネージメントに活かせるのか。本シリーズでは、複数の噺家や経営者の取材を通じて、落語と経営の関係について考察していく。

文・聞き手=吉田浩 写真=佐藤元樹

 直接話法で聴衆を引き込む

小笹会長2

(おざさ・よしひさ)1961年生まれ、大阪府出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、リクルート入社。組織人事コンサルティング室長、ワークス研究所主幹研究員などを経て、2000年リンクアンドモチベーションを設立、代表取締役社長に就任。13年代表取締役会長就任。

  本シリーズ初回から第3回までは、噺家への取材を通じて立川談志の思考法やマネージメント術を中心に探っていった。今回からは2回にわたり、古今亭志ん朝の大ファンである2人のビジネスパーソンに登場してもらい、落語の魅力と経営との共通点について語ってもらう。今回登場するのは、志ん朝の話術を講演で大いに参考にしているというリンクアンドモチベーションの小笹芳央会長。落語がテーマとあって、同社社内にある掘りごたつの和室でインタビューを行うこととなった。

*****

―― 落語に興味を持ったのはいつ頃ですか。

小笹 父親がよくカセットテープで落語を聴いていたんです。私の実家は大阪でして、当時ですと桂米朝や笑福亭仁鶴など、上方の噺家が多かったですね。それを聞いて引き込まれる部分がありまして、小学生3~4年の頃から、自分の寝床にカセットデッキを置いて、夜聞いていました。中学生になると部活動が忙しくなって聞かなくなりましたが。

―― 再び落語を聞き出したのはいつからですか。

小笹 経営者になってからです。多い時で年に100回くらい経営者やビジネスパーソン相手に講演会を行っているのですが、さすがにそれだけやると聴衆が被ることもあるし、話にもそれほどバリエーションがあるわけではないので困ったなあと。それで子供の頃を思い出し、講演の技術を高めて同じ話をしてもウケるためには古典落語がいいんじゃないかと思ったんです。最初、落語に詳しい人にアドバイスをもらい、古今亭志ん生を聞いたのですが、晩年の志ん生は滑舌が悪くて噺が聞き取りづらかった。その後、息子の志ん朝を聞いてハマりまして、志ん朝のCDは全部買いそろえました。

―― 志ん朝のどのあたりが参考になりましたか。

小笹 最も参考になったのは、滑舌の良さです。滑舌よくはっきりとした語り口は、聞く側にとってもリズムがとてもいいものです。あとは、マクラのところですね。最初に聴衆を和ませるアイスブレイキングの技術は講演会でも必要です。

 落語は噺家が登場人物の会話を演じる直接話法ですが、講演会でも「誰々がこう言ってました」と説明するのではなく「小笹さん、実はこういう悩みがありまして」「そりゃ、あんたこうでしょ」みたいに会話調にするとグッと聴衆が惹きつけられるんですね。エピソードを紹介するときに直接話法を使うと効果的だと分かりました。

―― 噺家は聴衆の様子を見ながらマクラの中身や話し方を変えますが、そういうこともやるんですか。

小笹 講演会によって参加者は経営者だったり学生だったりするので、ネタは当然変えます。ただ自分の場合、鉄板の掴みがあって、自己紹介の時に新卒でリ