国際

20151222NIRUMARA

経済特区(SEZ)と自由貿易区はインドビジネスの拠点

 巨大な人口を抱えるインドは、28州7直轄地(UT)からなる。中央政府に用地取得を規制したり奨励したりする規定や資源獲得、インフラ開発政策があるのと同様に、それぞれの州政府にも政策や規定がある。ビジネス用地の取得を間違えば、成果が得られないばかりか、場合によっては重大な損失を抱えることになる。

 用地選択を進める一方で、地域や州ごとに資源や機会に富むセクターを研究することは役に立つ。

 州政府やインド商工会議所連合会(FICCI)は、地域ごとに成長産業と資源を公表している。

 インドの州には州政府があり、直轄地は中央政府が監督している。インド憲法では、中央政府は直轄地に議会をつくることができる。直轄地の中ではデリーとポンディシェリーの2カ所に議会がある。

 各州にはそれぞれの優位点があるものの、情報がワンストップで提供されないため、会社の設立や計画の遂行がいつもスムーズに運ぶわけではない。

 管理や認可の窓口がバラバラ、インフラが世界水準に達していない、会計制度が一定していない、などの欠点を克服し、外国資本をインドに誘致する目的から、2000年4月、経済特区(SEZ)政策が発表された。その趣旨は、国や州で質の良いインフラ、魅力的な財政優遇などを提供し、認可手続きも最小限で済むSEZを作り、それを経済成長のエンジンにしようというものである。

 SEZは国内で一番経済法規が自由化されている地区である。SEZはカテゴリー別に、自由貿易区(FTZ)、輸出加工区(EPZ)、自由区(FZ)、工業団地(IE)、自由港、都市企業区などのタイプに分かれる。

 FTZは事業や投資を誘致するために、貿易の障壁となる税金、関税、数量割り当てなどを減免した地区のことである。FTZは輸出入主体の労働集約的な工場のために設立された。こうした特区は発展途上国によく見られるが、その中でも低開発地域に作られる。インドのFTZでは物資の積み下ろしから生産、加工、再輸出といった過程で、税関の干渉を頻繁に受けずに済み、製品を国内に出荷する際にだけ課税される。

インドにおける4つのSEZ

 SEZは大まかに次の4つに分けられる。

1.貿易や保管を目的として、2つまたはそれ以上の分野の製品、サービスを生産する工場ための多品種SEZ。

2.特定セクターの1種類または複数種類の製品/サービスを生産する工場のための特定セクターSEZ。

3.港湾/空港に設置される港/空港SEZ。

4.貿易関係のインフラを作り、輸出入、フリーカレンシーでの輸出取引を促進するのを目的とする貿易と保管に特化した自由貿易/保管SEZ。

 インドではSEZは政府、民間、ジョイントセクター、あるいは州政府で建設する。現在政府公認のSEZは530以上あるが、そのうち300以上が公示された。EPZから経済特区に組み込まれたものもある。

 資産の取得、賃貸を認可する窓口を一本化する以外にも、通関の低減などのほかに、政府はSEZ入居企業への法人税減税と間接税優遇の2つの奨励策を提示している。

日本企業のインド拠点設置には建設前のSEZが最適か

 インドでの用地取得はいつもスムーズに進むわけではないし、醜い部分にも遭遇する。それは外国企業だけでなく国内企業も同様だ。論争や反対運動、暴力行為が用地を取得するのを困難にしている。反対運動は農地を取得する場合や、取得金額が不十分であった場合、環境問題が絡む場合に起こっている。

 用地取得法は政府による公的な目的での用地収用を許可しているが、反対運動の多くは肥沃な農地を奪われた農民が起こしている。貧困層を支援することで政治的なポイント稼ぎを狙う政治団体がそうした運動を扇動することもある。

 約1300社の日本企業がインドに進出している。SEZごとの強みとビジネスの目標にもよるが、日本企業が拠点を設置するには建設前のSEZが最適かもしれない。

 インド政府は、日本企業が優先権を得られるデリー・ムンバイ間産業大動脈(DMIC)などのインフラ開発事業に多額の投資をしているので、そこには道路、鉄道、発電、電力だけにとどまらない、PPPプロジェクトで参画できる巨大な可能性がある。

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

津山恵子のニューヨークレポート

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第16回)

米中間選挙で共和党が圧勝 16年大統領選はどうなる!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る