文化・ライフ

企業経営者の趣味と言えば、「読書」「ゴルフ」などが定番だが、意外に多いのが「落語」である。CDで聴いたり、足繫く寄席に通ったり、中には自ら落語会を開いて高座に上がる社長さんもいる。落語の何が経営者を惹きつけるのか、落語と経営の共通項とは何か、はたまた、落語の技術はマネージメントに活かせるのか。本シリーズでは、複数の噺家や経営者の取材を通じて、落語と経営の関係について考察していく。

 

話下手を克服するために落語研究会(オチ研)に入った大久保幸夫氏

 

20140708_OKUBO_Ph

(おおくぼ・ゆきお)1983年一橋大学経済学部卒業。同年にリクルート入社。人材総合サービス事業部企画室長、地域活性事業部長などを経て、99年リクルートワークス研究所を立ち上げ、所長に就任。2010年から2年間、内閣府参与を兼任。11年専門役員就任。12年より人材サービス産業協議会理事を兼任。著書に『マネージャーのための人材育成スキル』『会社を強くする人材育成戦略』(日本経済新聞出版社)など。

 前回登場した小笹芳央・リンクアンドモチベーション会長と同じく、古今亭志ん朝の大ファンであるという大久保幸夫・リクルートワークス研究所所長。大久保氏は、落語から学んださまざまなことを、現在の仕事に活かしているという。

*****

 一橋大学では落語研究会(オチ研)に入っていましたが、それまで落語に興味はほとんどなかったですね。父親が落語好きだったので、たまに聴く程度でした。

 大学に入学して、どのサークルに入ろうかと考えていて閃いたんです。中学、高校では人と話をするのが得意ではなかったので、これは話し下手を克服するチャンスだと。人前で喋るのはものすごく抵抗があったんですが、落語をやったら人生が変わるのではないかという期待を持ってオチ研に入りました。

 オチ研に入ってからは、深夜にラジオで流れていた寄席の放送を録音、編集して聞いていました。そうして録音した演目が、最終的にはカセット500本ほどになりました。中でも気に入ったのが古今亭志ん朝です。

 自分が落語を演るときも志ん朝の真似をして喋っていたのですが、真似しているはずなのに全然違うんです。なぜ志ん朝が話すと面白くて、自分だと面白くないのかの違いが最初は分かりませんでした。

 志ん朝の落語からは、独特の緩急や間の取り方など、ずいぶんと学びました。志ん朝は声がいいんです。喋り出しを聞くだけで、江戸時代の空気と世界観が感じられるというか、ああいう声を持ってる人はいないですね。志ん朝以外では、志ん朝の兄の金原亭馬生、桂米朝、柳家小三治など、本格派の古典落語が好きでした。

 

リクルートの源流は古典落語の「口入屋」だった!?

 

 明治時代の速記録などを読んでいると、古典落語で使われる言葉がどんどんブラッシュアップされて行き、1つの究極の言葉に仕上げられていくのが分かりました。大学を卒業して最初に就いたのがコピーライターの仕事ですが、自分の仕事の感覚に非常に近いと感じましたね。

 現在の仕事柄、講演することが多いのですが、一対一であろうが一対多数であろうが、喋る技術に関しては落語をやることのメリットは非常に大きいです。経営者をはじめとして、人前で喋らなければならない立場の人にとって、落語は最高の勉強ツールになります。

 講演は笑わせることが目的ではないですが、オチがなければいけないということは意識しています。途中で喋るのを止めて聴衆の反応を見たり、楽しそうにしていれば畳みかけたり、喋る内容も変えたりします。慣れてくるとそういうことができるようになりますね。聴いている人の反応を見ながらしゃべるのは、落語で覚えた感覚です。

 古典落語の効用として、昔の文化・社会に関する知識が凄く入ってくることも挙げられます。たとえば「口入屋」という噺がありますが、口入屋とは今で言う人材紹介業なんです。噺の中で、昔の人材紹介業がどんなふうに人を見立てて、職場に送り込んでいたかといった様子が出てきます。そのネタがきっかけで口入屋について本格的に調べました。

 昔は大店の暖簾の外側にいる人が今で言う新卒採用でした。地縁血縁の中から採用して、最初は学習を兼ねて給金を払わずに育成し、一人前になると給金を払うようにしていたそうです。終身雇用でタイムカードのようなものもあったし、内部昇進を重ねて、最後は宿持ち手代や番頭になるといった制度でした。

 一方、暖簾の内側にいる人がバックヤードで、主に非正規雇用でした。そこに口入屋が人を送り込んでいたんです。地方から出てきた人は最初に口入屋に行き、口入屋が身元保証人になる。そこからいろんな職場に派遣されて、クビになったら次の仕事が見つかるまで住まわせてもらえる、住宅付きの職業紹介所のようなところでした。住居を探している人のために不動産屋もやるし、結婚したい人がいると相手を紹介したりもしていたそうです。

 考えてみれば、これはリクルートだなぁと。リクルートの職業紹介と住宅情報と結婚サービスを合わせたようなものですね(笑)。

 

落語に学ぶ二次聴衆への想像力

 

 オチ研には、先輩にひどいことを言っても笑えればいいというルールがありました。面白くない悪口を言うとボコボコにされましたが、笑いに昇化できると許されたんです。

 物事に対して、自分の思っていることをただ口にするだけでは空気が悪くなりますが、文句を言って終わりではなく、笑いにしたりポジティブな方向に向かうように工夫して、本音をどんどん言えばいいと思います。言わないのではなく、どうやったら言えるのかを考えたほうがいい。言いたいことが言えなくて窮屈になるような社会では、こうした考え方が大事ですし、落語の世界観とも繋がっている気がします。

 政治家などで失言を多くする人には、そうした感覚が欠けているのではないでしょうか。さらに、失言するときは、たぶん目の前の人(一次聴衆)だけを見て、その向こう側にいる人(二次聴衆)のことを考えていないのだと思います。

 二次聴衆のイメージを持っていない人の喋りは上手くありません。経営者でも学者でも、優れた人はその場にいる人たちだけでなく、自分の発言が書き取られて不特定の誰かが読んだ時のことを考えています。

 

キャリア教育にも有効な「書き起こし」

 

 落語は、キャリア教育の1つの方法としても、とても有効だと考えています。

 特にお勧めしたいのが、「書き起こす」ということ。大学生の時に、オチ研の後輩を指導するために、志ん朝の口述を書き起こしたことがあります。手を動かして書き起こすことで、中身がどんどん頭に入ってきます。

 私は小学校に上がる前には漢和辞典を書き写していましたし、高校の時に伊勢物語を全編書き写したら、古文の成績が劇的に上がったということもありました。コピーライターの仕事をしていた時は向田邦子さんの小説を書き写して、文章の素晴らしさに感動したこともあります。

 書き起こすというのはとても良い学習法です。味わいながら書き起こすことで、聴いただけでは分からない、文章の流れや組み立てが頭に入ってきます。学習法であると同時に、深く味わうことにつながります。

 文章を書く仕事ではなくても、書き起こすことは役立ちます。今でも、ミーティングなどで説明のために手書きのチャートなどを書くと、すっと視界が広がる感じがして、みんなに納得されるんです。ただ、それをパソコンで入力すると急にプアになるんです(笑)。キーボードでは駄目ですね。手書きのほうがいい。

 最近、一橋大学のオチ研OB会が再結成されて、年に何度も落語会を開いています。私も出ろと言われていますが、今のところ出ていません。余裕ができたら、まだ真打になっていない落語家の中からすごい人を見つけて、応援するようなこともしてみたいですね。(談)

***

 大久保氏の話を聞いて感じたのは、これまで取材した噺家と共通する部分の多さだ。

 例えば、無駄な言葉を省いて完成していった落語とコピーライティングの魅力に関して言及した部分では、師匠の談志に「徹底的に無駄を省くのが落語」と教わった立川談吉氏のエピソードが思い浮かんだ。「二次聴衆」を意識しているかどうかという問題提起は、立川談慶氏の「独演会名人になるな」という主張と相通じるものがある。先輩に対して文句を言っても、笑いになるならOKというくだりも、落語家的な発想だ。「パワハラ、セクハラの境界線は、ネタになるかどうか」という談慶氏の言葉が思い出された。(文=吉田浩) 

落語に描かれた人間同士の交流は経営に通じる 

立川談志最後の弟子が学んだ「多面的な見方と真っすぐな目」立川談吉 

良い企業と落語の共通点は「人間の弱さに対する優しい目線」立川談慶② 

談志を怒らせた慶応卒サラリーマン出身落語家の「2つのしくじり」立川談慶① 

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年5月号
[特集] 巻き込む力
  • ・高岡浩三(ネスレ日本社長兼CEO)
  • ・唐池恒二(九州旅客鉄道会長)
  • ・河野 仁(防衛大学校教授)
  • ・入山章栄(早稲田大学大学院・ビジネススクール教授)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・中竹竜二(日本ラグビーフットボール協会理事)
  • ・時代も国境も超えた普遍のリーダーシップを学べるベストブックス
[Special Interview]

 小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)

 イノベーションを起こすために「人間とは何か」を問う

[NEWS REPORT]

◆零細企業でも活用できるインターネットM&A最前線

◆業界再編はあるのか 日本製鉄、巻き返しへの一手

◆技術研究所を解体してホンダは何を目指すのか

◆新型コロナウイルス治療薬 なぜ日本企業は創れないのか

[特集2]

 経営者に贈る「イロとカネの危機管理」

ページ上部へ戻る