政治・経済

インターネットの普及で情報漏洩やウイルス感染が日常化している。知的財産や個人情報が守りにくくなっただけではない。ISや北朝鮮など「テロ」の危険性が増す中、国レベルの諜報活動は重要性を増すばかり。主要国ではどのように活動しているのか。日本の現状はどうなのか。文=ジャーナリスト/梨元勇俊

諜報活動の主体は通信傍受が基本

20170307サイバーテロ 中国・北京の長富宮飯店は、日本の財界が中国と共同出資して1990年に開業した5つ星クラスの高級ホテルだ。ニューオータニが運営していることもあり、日中経済協会や経団連の関係者など日本人客が多い。

 このホテルではしばしば、妙なことが起こる。携帯電話に日本から見知らぬ番号の電話がかかってくるのだ。電話に出ると、相手は日本の家族や知人からで、発信元の電話番号だけが違う。直前までサクサクつながっていたパソコンや携帯電話の通信回線が、ある瞬間からブチッと切れることも珍しくない。このホテルに何度も泊まっている財界人は、「大事な仕事の電話はホテルを出てからかける。部屋の電話は盗聴されている可能性があるからね」と声を潜める。

 誰にも検証はできないが、長富宮では「電話や電信の通信内容が中国当局に傍受されている」らしい。

 かつて国レベルの諜報活動はスパイなど人を介していたが、インターネットの普及で膨大な情報がやりとりされる今、諜報活動の主体は通信の傍受になっている。なぜなら、コンピューターへの不正侵入やデータの改ざん・破壊などのサイバー攻撃が国の安全保障を脅かすリスクが大きいからだ。膨大な通信データを収集し、保存し、管理・分析してテロリストの割り出しなど自国の安全保障に役立てることは、もはや国際的な常識だ。

 2013年のスノーデン事件を覚えているだろうか。米国家安全保障局(NSA)がテロ対策のために大量の個人情報を極秘裏に収集していたことを元NSA外部契約社員が暴露した事件だ。元契約社員のエドワード・スノーデン氏は米国での訴追を逃れていまもロシアに滞在中だが、同事件で米国情報機関が個人のスマホやパソコンでやりとりしている情報を傍受して、諜報活動に役立てていることが明らかになった。

 主要先進国の諜報活動の転換点になったのは、01年9月の米国同時多発テロだ。9・11以降、米国では中央情報局(CIA)が活動の軸足を従来の秘密工作偏重から情報分析に移した。英語以外の外国語情報の分析にも力点を置き、国家情報長官(DNI)や、国家テロ対策センター(NCTC)も創設した。

 英国も9・11を受け、02年に安全保障・情報問題担当の内閣常任調整官を新設した。同ポストは情報支出財政の監督や公的安全保障委員会などを統括する諜報活動のトップだ。このほか政府内には内務省保安局(MI5)をはじめ、映画「007」シリーズで有名な秘密情報部(MI6)、第2次大戦時に開校した旧政府暗号学校(GC&CS)の流れを汲む政府通信本部(GCHQ)などの組織が連携して情報収集にあたっている。

 ロシアも負けてはいない。連邦軍参謀本部情報総局(GRU)をメーンに連邦保安庁(FSB)などで諜報活動を行っている。

 中国では中華人民共和国国家安全部が絶大な権限を持つ。暗号通信や管理を行う第1局から衛星情報の判読を含む各国の軍事関連映像を所管する第16局、企業をチェックする第17局まである巨大組織で、国内外の通信内容をチェックしている。

急増するサイバー攻撃と遅れる日本の対策

 安全保障対策は通信傍受だけにとどまらない。ときにはサイバー攻撃にヒートアップすることもある。15年12月にウクライナ西部で発生した大規模な停電はその一例で、ハッカーによる電力施設に対するサイバー攻撃だったとウクライナ政府が公式見解を出している。

 サイバー攻撃は電気・ガスなどのインフラ施設や、鉄道や飛行機などの交通網だけがターゲットではない。IoT(モノのインターネット)と呼ばれる第4次産業革命で家電や自動車など身の回りのあらゆるモノにネット接続ができる時代なので個人レベルのごく小さなスポットも攻撃の対象になり得るのだ。日本政府の関係者によれば、こうした小規模の攻撃も含めると、わが国に対するサイバー攻撃は近年急増の一途で15年で約545億1千万パケットと前年の2倍以上を記録している。

 だが、日本のサイバーセキュリティーは正直、お寒い限りだ。サイバーセキュリティー基本法がようやく14年11月に制定され、内閣サイバーセキュリティーセンター(NISC)が所管することになったものの、十分に機能しているとは言い難い。

 通信の傍受は個人情報などプライバシーの保護に抵触する。さらに表現の自由や通信の自由が脅かされる恐れもある。だから日本では通信傍受は、事件が起きた後に裁判所の令状で行う「司法傍受」は認められるが、事件の未然防止を目的にした「行政傍受」は認められていない。他国があたりまえのように実施している盗聴や他人名義のパスポートを発行することもできない。

 諜報活動はギブ・アンド・テークが原則でこちらの情報を提供できなければ他国から機密を教えてもらえない。19年のラグビーワールドカップや翌年の東京五輪は目前に迫っている。大規模なサイバー攻撃で観客の安全が脅かされては国際的な信用を失いかねない。少なくとも安全保障に関する通信傍受に関しては柔軟な対応が必要だ。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る