文化・ライフ

企業経営者の趣味と言えば、「読書」「ゴルフ」などが定番だが、意外に多いのが「落語」である。CDで聴いたり、足繫く寄席に通ったり、中には自ら落語会を開いて高座に上がる社長さんもいる。落語の何が経営者を惹きつけるのか、落語と経営の共通項とは何か、はたまた、落語の技術はマネージメントに活かせるのか。本シリーズでは、複数の噺家や経営者の取材を通じて、落語と経営の関係について考察していく。文・聞き手=吉田浩 

 

全日空寄席は根強い人気の落語コンテンツ

 

ANA1

初期のパンフレットに紹介された寄席プログラム。登場する演者の顔ぶれが懐かしい

  国内出張などで飛行機を利用する際、読書には時間が短すぎるし、音楽ばかり聞いても飽きてしまうといったビジネスパーソンに落語はちょうどよい。1プログラムが1時間程度なので、面白い演者なら良い時間潰しになり、たとえつまらなくても落語のリズムでフワフワ仮眠を取るのは心地よいものだ。

 全日本空輸(ANA)が機内で落語をはじめとする機内エンタ-テイメントプログラムの提供を始めたのは、トライスターの1号機が導入された1974年から。落語番組は当時、「とらいすたあ寄席」と呼ばれていた。それ以前は機内でBGMを流していたものの、乗客が個別にチャンネルを合わせて番組を聴くサービスはなかった。

 当時、国際線への進出前だったANAは、制作から搭載までのすべてを国内生産し、機内で流していた。現在の「全日空寄席」が始まったのは、79年1月から。以来、落語のプログラムは現在まで途絶えることなく続いている。

 CS&プロダクト・サービス室商品戦略部の熊倉早織マネージャーはこう話す。

 「機内では、通常の寄席や自社で企画する寄席の会で収録したものを編集して流しますが、落語はニーズが高いので必ずプログラムの一つとして入れるようにしています。音楽などの他に、40代以上のお客様にも楽しんで頂けるプログラムを考えると、落語が良いというのが当社の考えです。お客様の反響も、音楽より落語に関するものが多いですね」

 演者の話が面白かった場合は、「どこで入手できるのか」といった問い合わせも増える。熊倉氏によれば、ここ10年で最も問い合わせが多かったのは、桂文枝と立川志の輔の創作落語だという。

 国際線の座席に設置されたタッチパネルから得られたデータによると、たとえば16年12月は全160番組中、落語は18位の人気だったとのこと。演者やネタによって上下はあるものの、安定した人気を維持しているのが落語コンテンツの特徴だ。

 

旅客機ならではの落語への制約あれこれ

 

 機内で流す落語ならではの制約もある。特に気を付けなければいけないのは、本題に入る前のマクラの部分だ。航空会社は定かではないが、ある落語家によれば、機内プログラム向けの落語では「人が死ぬ噺」はNGだとか。このあたりはどうなっているのか。

 熊倉氏によれば「特定の人や地方などを揶揄する表現はやめましょうと演者さんにお願いすることもありますし、安全を否定するような表現などは、使用しないように努めています。機内放送では1つの内容が1カ月間繰り返し流されるので、気を遣います。基準の作り方が難しいですね」という。

 時事ネタで聴衆を掴みに行く落語家は多いが、機内にはさまざまな乗客がいる。これも旅客機ならではと言えるだろう。

 また、「オチを聴く前に着陸してしまった」「オチの部分が機内アナウンスで聞こえなくなった」との声もあるとのことだ。古い機材では、いまだに昔ながらのカセットテープをオーディオシステムに使用していることもあるため、アナウンスが終わったころには噺が終わっていたというケースも。ただ、こればかりは航空会社を責めるのは酷な気もする。

 現在は国内線でもトラック送りができるシステムが一部に導入されているため、対象機種では噺を最初から聞き直すことが可能とのこと。落語ファンにとっては多くの機体で導入が望まれるところだろう。

 

全日空寄席で外国人の落語ファンは増えるか

 

 国際線拡大の方針もあり、ANAでは現在、外国人も楽しめるような落語コンテンツづくりを模索しているという。また、落語のほかにも就航地向けの音楽コンテンツや、日本の観光地を外国語で紹介する番組などを買い付ける機会も増えている。

 日本文化を外国人に広めるという意味でも、落語は強力なコンテンツになり得る。本シリーズで日本の経営者に落語ファンが多いことは紹介してきたが、落語と触れる機会が増えることによって、海外エグゼクティブにもファンが増えるかもしれない。

*****

 余談ではあるが、ANAでは目の不自由な乗客向けに、機内誌『翼の王国』の記事のいくつかをキャビンアテンダント(CA)が読み上げ、その音声を貸し出すサービスがある。10年以上前からの取り組みで、アナウンスが得意なCAがシフト制で担当するのだという。この「CA読み」は、2016年11月からは高性能マイクを使用し、さらに品質を高めたのだとか。ユニバーサル対応の一環だが、ANAの音声コンテンツへの愛情が、こんな部分にも感じられる。

カナダ人噺家が魅了された世界的コンテンツとしての「落語」

キャリア教育になぜ落語が有効なのか

落語に描かれた人間同士の交流は経営に通じる 

立川談志最後の弟子が学んだ「多面的な見方と真っすぐな目」立川談吉 

良い企業と落語の共通点は「人間の弱さに対する優しい目線」立川談慶② 

談志を怒らせた慶応卒サラリーマン出身落語家の「2つのしくじり」立川談慶① 

 

落語と経営 記事一覧はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

現存の不動産に新しい価値を創造する「心築(しんちく)事業」とJ‐REIT運用、太陽光などのクリーンエネルギー事業が主力。社名の「いちご」は一期一会に由来しており、サステナブルインフラを通じて日本の社会を豊かにすることを目指している。文=榎本正義(『経済界』2019年9月号より転載) 長谷川拓…

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

社員に奨学金を提供―ミツバファクトリーが実践する中小企業が勝つための福利厚生とは

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る