政治・経済

2019年までに農水産物や食品の輸出を1兆円まで伸ばすことを目指す政府。12年からトントン拍子で伸びてきたが、ここにきて伸び悩んでいる。16年は昨年比0.7%増の7503億円。果たして、19年の1兆円達成はできるのであろうか。文=本誌/古賀寛明

金額は伸び悩む最大の理由は為替

20161018nouchi 地方活性化の切り札とされる海外インバウンド客は、昨年2400万人を超えた。これまで東京と京都・大阪を結ぶゴールデンルート上の大都市か一部の地方都市にばかり訪日観光客が集中していたものが、飛騨高山や熊野古道といった場所が人気のスポットになるなど全国に広がり、観光産業は順調な成長を見せている。一方、もうひとつの地方活性化の柱として期待されていた農業は、農協改革など変革の声は聞こえてくるものの抜本的な改革には踏み込めず、TPPの頓挫もあり戦略の練り直しが必要な状況だ。その農業分野の中で、インバウンド観光との関係も深い農水産物や食品の輸出に限っては、これまで順調に伸びてきていた。

 冬の北海道や北陸では多くの外国人観光客がカニを買って帰っている、日本で食べたイチゴの甘さに感激し、帰国後も日本のイチゴを買っているといったうれしい話を聞くことも多い。輸出全体に占める観光客の消費額などは、微々たるものではあるが、今後の成長を感じさせる象徴的な動きである。

 政府と農水省は2019年までに農水産物の海外輸出を1兆円にまで増やす目標を掲げている。実際、東日本大震災の翌年、12年の輸出額は4497億円であったが、14年には6117億円、翌15年には7451億円と、3年連続で伸びていた。そのことで、従来20年までに1兆円を目指すと言っていた目標を1年前倒しするほどだった。

 ところが、16年の輸出額は7503億円(速報値)。4年連続での最高額達成とはいえ、伸び率はわずか0.7%。これでは、1兆円達成に黄信号がともったと言われても仕方がない。

 金額の伸びが鈍化した一番の理由が為替。アルコール飲料や加工食品を中心に円高によって収入が減少してしまった。輸出の難しさは為替に加え、農水産物などは天候なども関係するところにある。不作や不漁でも困るが、豊作や大漁でも値崩れしてしまう。

 しかし、トータルの金額は伸び悩んだものの数量ベースで見れば伸びている品目は多い。例えば、アルコール飲料は、金額では10.2%の伸びにとどまっているが、数量は13.2%も伸びている。豚肉も金額では4.6%の伸びにすぎないが、数量に関して言えば10.8%の伸びを示している。山本有二農水大臣も定例会見で、「鉱工業製品も含めたわが国輸出総額がマイナス7.4%の中でのプラスは画期的」と農水産物や食品の輸出の成果を強調する。しかし、19年の1兆円達成の自信を問われると歯切れが悪い。

 数量ベースでいくら伸びたとしても、金額が伸びなければ利益も増えないということであり、極端な話、それでは未来はない。しかし、数量減少でも金額が伸びている優良品目もある。

日本食の飲食店増加が輸出増大のカギ

 例えば緑茶。数量は減少したが金額は101億円から、115億円にまで増えた。その要因として、高単価で取引される抹茶の需要が欧米を含めた市場で広がっていることが挙げられる。EUには厳しい残留農薬基準があるが、それをクリアするなど、取り組みの成果でもある。また、アルコール飲料の中でも日本酒に限って言えば、対前年比で11.2%増の155億円と拡大した。ほかにも、ブドウ、イチゴはそれぞれ金額ベースで50%、35%の伸びを示している。もっとも、伸び率に関して言えば出荷量が少ないことで、少し伸びただけでも跳ね上がってしまうといえなくもない。

 海外50カ国に日本食を輸出する酒類・食品卸の国分グループ本社の媚山活也貿易事業部長によれば、「為替の関係で伸びが止まっているように見えるが、日本食のマーケットは確実に広がっている」という。媚山氏によれば、日本食の拡大は日本食レストランの増加に比例する。実際に、農水省の資料をみると、06年に約2.4万軒だった日本食レストランは、15年には8.9万軒にまで増えている。それが、そのまま輸出量の拡大につながっているのだ。

 また、日本食の広がりは料理に合う酒、つまり日本酒の伸びを呼び込むという。そういった観点でいえば、7年連続で増えている日本酒は輸出拡大の順調さを物語る。

 ただ、このまま19年に1兆円の大台に到達できるかどうかといえば、正直難しいところだ。最大の問題は、福島第一原発の放射能の影響。中国ではいまだ福島や東京、埼玉といった1都9県産の食品輸入を全面停止しており、台湾や韓国もさまざまな規制を設けている。鮮度が物を言う食品も多いだけに、距離が近く、輸出しやすい近隣諸国の輸入停止は痛い。しかし逆を言えば、状況が改善されるだけで1兆円突破は堅いともいえる。

 もちろん、ほかにも輸送コストやブランド力の強化などやらねばならぬことはたくさんある。とはいえ、食品産業の国内生産額は81兆円(13年)もあり、政府も後押しに力を入れる。そう考えれば、輸出額1兆円は達成しなければならない数字といえるのではないだろうか。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る