国際

なぜ日本人は失敗するのか

ChiekoEggedDSC_3145

(いげっと・ちえこ)(Beauti Therapy LLC社長)。大学卒業後、外資系企業勤務を経てネイルサロンを開業。14年前にハワイに移住し、5年前に起業。敏感肌専門のエステサロン、化粧品会社、美容スクール、通販サイト経営、セミナー、講演活動、教育移住コンサルタントなどをしながら世界を周り、バイリンガルの子供を国際ビジネスマンに育成中。

 「いつかは海外で起業したい」

 経営者ならずともそんな夢を描くビジネスパーソンは増えている。また、本人の意思でなくても、海外赴任を突然命じられるケースも今や珍しくない。経済のグローバル化が加速する中、世界中どこでも仕事ができる能力が、今後ますます求められるようになりそうだ。

 では、海外で成功するためには何が重要なのか。真っ先に思い浮かぶのは語学力かもしれない。だが、たとえ英語をネイティブ並みに話すことができ、優れた商品・サービスが揃っていたとしても、それだけで上手くいくとは限らない。

 そのことを身を持って知っているのがイゲット千恵子さんである。イゲットさんは25歳の時に日本でネイルサロンを開業。後に結婚して一児を授かるも離婚、さらに大病を患って仕事ができなくなるという苦難を味わった。そこで、療養を兼ねて息子と渡ったハワイに移住を決意する。

 この決断が転機となり、ハワイでアメリカ人男性と再婚、自らは敏感肌専門のエステサロンを立ち上げ成功を収めている。現在はそれ以外にも、化粧品会社、美容スクール、通販サイトの運営など、幅広く事業を展開している。

[セミナー開催]イゲット千恵子の世界で稼げる子の育て方

 ハワイでの起業環境について、日本との違いをイゲットさんはこう語る。

 「日本で起業した時はテナントを借りるのにも非常に苦労しましたし、銀行も簡単にはお金を貸してくれませんでした。ハワイではスモールビジネスでも比較的融資は受けやすいし、才能や能力があれば投資家がついてくれます。特に女性の場合、優遇を受けやすい法制度が整っていて、弱い者にもチャンスがあるんです」

 そんな環境に目を付け、あるいは憧れもあって、ハワイで起業する日本人は年々増えているという。だが、現実にはその大半が1年以内に撤退している。 

 大きな理由としてイゲットさんが指摘するのは、現地における人脈づくりの失敗だ。

 「アメリカは移民の国で、あらゆる場面で誰からの紹介かということが非常に重要になりますから、ポッと行ってビジネスをしようとしても難しい。特に男性は日本人同士のコミュニティに留まってしまうことが多いので、ビジネスに広がりが生まれにくいんです。でも、海外で起業するなら、先に現地の人脈を作ってからビジネスを始めたほうが、広告を打つより何倍も効果があります」

 では、一体どんな方法で人脈構築を行えばよいのだろうか。

 妻と子どもを「戦略的に活用」

  日本人が海外で人脈を作る方法として、イゲットさんが提案するのが「妻と子どもの戦略的な活用」だ。

 一般的に女性は男性に比べてコミュニケーションが上手く、コミュニティを広げる能力に長けている。子どもが学校に通うようになれば、子どもを通じて親同士のコミュニティに参加することもできる。特にハワイの場合は、日本と違ってお金に対する考え方やIT、タイムマネジメントなど、経営感覚を鍛える教育が行われており、海外富裕層の子息も数多く通っている。

 こうした良質なコミュニティに参加することが、ビジネスに必要な人脈づくりに有効なのだという。イゲットさんの場合も、夫や子どもを通じたネットワークを、自身の事業に大いに役立てている。その成功体験から実感した教育移住のメリットは、子を持つ女性のみならず、男性にも大いに参考になりそうだ。

 「奥さんが英語ができて社交的であれば、そのネットワークを使って人脈を広げることができます。日本企業が男性社員を海外に赴任させるときでも、先に奥さんと子供に現地で生活基盤を築いてもらい、後から社員を合流させるほうが良いでしょう。例えば企業が海外赴任者を選ぶときは『奥さんが賢いかどうか』で決めるべきでしょうね」

 アメリカはレディーファーストの国であるため、イゲットさん自身もアメリカ人の夫と行動するときは常に前を歩かされたという。パーティなどでは自分次第で夫の行動も座る場所も決まってしまうので、女性がどう行動できるかが、非常に重要なのだという。

 海外起業や教育移住に関するイゲットさんの豊富なノウハウは、著書『経営者を育てるハワイの親 労働者を育てる日本の親』(経済界)でさらに詳しく紹介されている。関連セミナーは、4月11日に東京、4月14日大阪で開催される予定だ。

イゲットさん表紙出版記念セミナー開催決定!

「ハワイ起業家イゲット千恵子の世界で稼げる子の育て方」

お申し込みはこちらから

4月11日(火)東京会場

4月14日(木)大阪会場

 

 

 

 

 

 

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る