政治・経済

シャープが鴻海流の経営再建で復活の兆しを見せている。1年に満たないオペレーションで、当初の想定を上回るペースで改善が進み、2016年度は3年ぶりの黒字化を達成する見通しだ。今後は成長に向けて事業拡大を図る方針で、東証1部への早期復帰も現実味を帯びている。文=村田晋一郎

構造改革とシナジーで大きく業績を改善

シャープPhoto1

戴正呉・シャープ社長

 シャープが台湾の鴻海精密工業との傘下となって1年が経過したが、業績は順調に回復している。2016年度第2四半期で営業黒字に転じたのに続き、第3四半期では9四半期ぶりに当期純利益の黒字を達成。売上高は第4四半期に対前年比増となる見込みだ。第3四半期決算を発表した2月3日に通期業績を上方修正したが、その2週間後の2月17日に2度目の上方修正を行った。営業利益は474億円で、3年ぶりの黒字回復を見込んでいる。昨年4月の提携発表時に、郭台銘・鴻海会長は、シャープの黒字化について「2~4年後」と語っていたが、当初の想定をはるかに上回るペースとなる。

 名実共にシャープが鴻海傘下となったのは、鴻海からの出資が完了した昨年8月。この時点で、鴻海のナンバー2である戴正呉氏がシャープ社長に就任した。社長就任まで戴社長は実務に関わっていないが、その間、鴻海側では地ならしを着々と進めた。まず昨年4月の提携発表直後に、堺ディスプレイプロダクツ(SDP)会長だった野村勝明氏をシャープ副社長に据える人事を発表。SDPはシャープの堺工場の事業会社で、郭会長の投資会社とシャープとの共同運営となっている。野村氏はそこで鴻海流の経営手法を経験し、なおかつ実績を上げていた。その野村氏を日本人トップのポジションに据えることで、鴻海側の強いコミットメントを示す姿勢が感じられた。

 次に昨年5月の15年度決算発表の時点で、シャープが現在進めている構造改革の概要を発表した。具体的には、①経営資源の最適化、②責任ある事業推進体制、③成果に報いる人事制度の3つ。根底にあるのは鴻海流の経営の効率化である。①経営資源の最適化には、堺事業所への本社移転など大きな変化となるものもあったが、シャープは戴社長就任前からこれらを着々と実行し、事業基盤の整備を進めてきた。

 野村副社長によると、既に16年度第3四半期までで、①経営資源の最適化では子会社の再編、②責任ある事業推進体制では知財部門・物流部門の分社化、③成果に報いる人事制度については全社員への役割等級制度の導入をはじめ信賞必罰を実現する人事制度改革は順次完了しているという。この結果、投資の削減、鴻海とのシナジーを含む費用削減、和解金や事業譲渡などの一過性収益の成果が表れ、利益改善に大きく寄与している。

 また、戴社長は就任時に課題として、シャープをとりまく商慣習を挙げていた。長らく経営危機が続いたシャープは、不平等な条件での契約や、割高な価格条件や支払条件などが残っており、これがコストを圧迫させていた。戴社長はこの改善に精力的に取り組み、世界最大のEMSメーカーである鴻海を後ろ盾にして交渉を粘り強く進めていくとしていた。これまでに一部で原材料の購入に関する契約を変更。16年度通期業績予想の2度目の上方修正については、契約の見直しにより買付契約引当金が減少し、売上原価が減少する見込みとなったことが大きいという。

 シャープでは引き続き、経営の効率化を進めていく方針だ。しかし考えてみると、シャープで変わったのは、経営トップと経営手法だけであり、人員は大きくは変わっていない。むしろ近年の経営危機により実行したリストラで数千人が去り、また鴻海傘下となった後も、拠点移転や組織再編など変化を嫌って自主退社した層が少なくないことを考えると、人の質という点では、以前より劣っている部分があるとの見方もできる。現在の陣容で短期間に業績回復を果たしたことは、裏を返せば、今までのシャープの経営がいかにひどかったかを物語ることになる。

 戴社長自身、「これまでのシャープの問題は経営の問題」だと語り、過去の経営陣の経営手法を疑問視している。それだけに、シャープの改革においては、内部統制を重視している。例えば、過去には太陽光パネルの材料の投資で、150億円の決済を担当専務が独断で行ったことがあり、結果的に高値の取引だったため大きな損害となった。戴社長はこうした内部統制の不備を問題視。現在は、300万円以上の案件はすべて戴社長が決済し、その際には投資の必要性やプロセスの正当性を吟味しているという。

信賞必罰で制度改革

シャープPhoto2

新しいシャープを象徴するモバイル型ロボット電話「ロボホン」

 戴社長は、基本的には買収元の親会社から送り込まれた形であり、M&Aの常として、買収された側の社内の求心力の獲得や社員のモチベーションの向上は課題となる。

 鴻海傘下となったことで、倒産を免れたとはいえ、日本を代表する電機メーカーだったシャープが海外企業の子会社になることは、衝撃的な事件である。社内外に与える影響は大きい。また、構造改革の過程で拠点の再編は必須となるが、本社を大阪市阿倍野区から堺市のSDPの敷地内に移転した。本社の移転は、もともと鴻海の出資決定前の一昨年9月に財務状況改善のため、本社ビルと隣接する田辺ビルを売却することが決まっていた。とはいえ、移転先が交通アクセスの良かった大阪中心部から大阪湾岸エリアとなったことで、戸惑う社員も少なくなかった。

 こうした状況から、提携発表時に、このスキームを郭会長は「投資」と表現し、髙橋興三・シャープ前社長は「戦略的提携」と語るなど、鴻海からシャープへの一定の配慮は見て取れた。戴社長にしても、社員に配信している「社長メッセージ」の内容は社内のモチベーションへの細かい配慮がうかがえる。戴社長自身、日本での勤務経験があり、日本語を扱えることから、社内では日本語でのコミュニケーションをとっている。さらに東証1部復帰の暁には、社長を退任することを明言。自らの進退も明らかにしている。

 具体的な施策としては、売却の決まった阿倍野区の旧社屋について再交渉。田辺ビルについては、買い戻すことに成功した。また、昨年11月には新スローガンとして「Be Original.」を打ち出した。シャープの創業の精神である「誠意と創意」を継承し、オリジナリティあふれる商品やサービスを提供する意味を込めている。シャープの原点に立ち返る姿勢を強調している。

 さらに構造改革の題目にもあるように、「信賞必罰」を徹底する。具体的には、等級・給与制度改革として、新入社員にも専門性を考慮した等級を付け、入社後すぐにやりがいのある仕事に挑戦する機会を提供する。優秀者には入社半年後でも大幅な給与引き上げを行う方針だという。賞与の改革としては、17年度は年間4カ月分を原資とした8~1カ月のメリハリのある賞与の支給、および社長特別賞の授与を行う。また、業績改善が順調に進んでいることから、ストックオプションの導入についても検討している。

東証1部復帰を前倒しへ

 16年度の業績改善にめどを付けたことから、戴社長は5月にも東証1部復帰の申請プロセスに入るという。東証1部復帰こそシャープ復活を内外に示すことになる。当初は18年度までに1部復帰を目指す方針としていたが、これを早めたい考えだ。確実に1部復帰承認を得るために、納得感を得られる成長シナリオを打ち出していく必要がある。

 ここまでの構造改革では、事業基盤の整備を進めてきた。今後はこれまでの取り組みを継続しつつ、事業拡大に向けた取り組みへ軸足を移し、成長軌道への転換を図る。これからは、売れる製品をいかに作り、いかに売っていくかが問われる。詳細は5月に発表する17~19年度の中期経営計画で明らかにするとしているが、大まかには技術への積極投資、グローバルでのブランド強化、新規事業の加速の3つのテーマで、競争力を強化していくという。

 まず、技術への積極投資については、8KやIoTなど将来の核となる技術へ開発投資を拡大する。さらに社長ファンドを創設し、重要技術開発ならびに人材への投資を強化する。次にグローバルブランド強化では、欧州テレビ市場への再参入など、M&Aやアライアンスによるブランドの拡大に取り組む。また、ASEAN拡大戦略の見直しや、会員サイトを活用した顧客とのメンバーシップ構築も進める。新規事業の加速では、ヘルスケア・メディカル事業の分社化などを進める。

 また、全体の方向性としては、従来の「家電メーカー」から「人に寄り添うIoT企業」を目指した業態転換を進める。単に個々の商品を変えるだけなく、ビジネスモデルや戦う市場などを大胆に見直す。従来の日本中心のビジネスモデルからグローバルでの展開に注力。また、18年度には1千万台の液晶テレビの出荷を計画しているが、成長の原動力を従来の液晶テレビや太陽光発電からIoTに移行する。

 その際には、個別商品のラインアップや仕様、デザインをどうするかという「商品企画」ではなく、事業をどうやって広げるかという「事業企画」の視点を重視する。これにより、事業領域全体を見渡した商品カテゴリーの広がりや、一貫性のあるデザインなど事業の総合力を高めることになる。また、同時にM&Aやアライアンス、社外リソースの活用など、事業拡大に必要な打ち手も見えてくるという。

 ここでシャープが掲げる「人に寄り添うIoT」とは、音声対話や人の行動分析などAIを生かしたサービスを軸に、クラウドでつながった身近な機器が一人一人の生活シーン全体に寄り添うスマートな世界を目指すもの。具体的には、スマートホームやスマートオフィス、スマートファクトリー、スマートシティに向けたビジネスを展開する。現在その代表的な製品は、Be Original.の象徴でもあるモバイル型ロボット電話「ロボホン」だろう。しかし、製品の評価は高い一方で、ビジネス的にはまだ成功しているとは言い難いのが現状だ。もちろんロボホンもこれからの製品であり、ここで新たなビジネスモデルを生み出し、事業領域をいかに拡大するかが問われることになる。

 そもそもIoT自体のビジネスモデルはまだ完全に定まっていない。シャープとしては、鴻海流の早い意思決定とコスト効率の高い経営手法でビジネスモデルをいち早く確立し、次の成長につなげていく構えだ。

 

【シャープ】関連記事一覧はこちら

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

現存の不動産に新しい価値を創造する「心築(しんちく)事業」とJ‐REIT運用、太陽光などのクリーンエネルギー事業が主力。社名の「いちご」は一期一会に由来しており、サステナブルインフラを通じて日本の社会を豊かにすることを目指している。文=榎本正義(『経済界』2019年9月号より転載) 長谷川拓…

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

社員に奨学金を提供―ミツバファクトリーが実践する中小企業が勝つための福利厚生とは

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る