テクノロジー

今や生活のあらゆるところに人工知能(AI)は入り込んでいるが、懸念されるのはAIが人の仕事を奪う時代の到来で、人間の仕事の半分は取って代わられるとの予測もあるほどだ。既に株式投資の世界では現実のものとなりつつあり、ゴールドマン・サックスでは99.7%のトレーダーがその職を失った。文=国際ジャーナリスト 戸田光太郎

残ったトレーダーはたったの2人

201707人工知能2 それは、今年1月ハーバード大学応用計算研究所主催の、経済に与えるITの影響に関するシンポジウム「2017 CSEシンポジウム」での発言だった。

 「2000年の時点でゴールドマン・サックス(GS)のニューヨーク本社では600人のトレーダーが大口顧客の注文に応じて株式売買をしておりましたが……」と、GSのCFO、最高財務責任者に就任予定のマーティン・チャベスは言ったのである。「17年現在、本社に残るトレーダーはわずか2人です」。

 598人はAI(人工知能)のトレーダーに差し替えられたというのだ。

 確かに1997年にIBMのコンピューター「ディープ・ブルー」がチェス世界チャンピオンのガルリ・カスパロフを破り、同年オセロの世界チャンピオンもコンピューターが破った。日本でも最近ではプロ棋士が将棋の世界でAIに敗北する事態が起きている。将棋電王戦でコンピューターの将棋ソフト「PONANZA」が佐藤天彦名人に勝利した。

 果たして金融界でAIはどういう役割を果たしているのだろうか?

 AIトレーダーの強みは「感情がない」ということと、「疲れない」という2点に集約される。

 まず、感情のない点。

 初歩的な株式の用語に「利食い」と「損切り」と「塩漬け」というものがある。購入した株が上がって「利食い」しようとした矢先に下がり始めて、しかし(また上がるのではないか)という淡く空しい希望から「損切り」のタイミングを逸して「塩漬け」となり、その株は二度と上がることなく、あろうことか、ジリジリと下がり続け、時に倒産となり、株は紙切れと化す。

 さすがにプロの人間トレーダーは各自「利食い」と「損切り」のルールを設けて株式売買をしているわけだが、それにつけても人間のトレーダーやファンドマネジャーの4大欠点として挙げられるのは「バイアス、感受性、意識、無意識」。こう指摘するのはセンティエント・テクノロジーズ設立者のババク・ホジャットである。「人間は間違いを犯す存在であるというのは誰でも知るところです。つまり、コンピューターによる分析よりも、人間による分析に依存するほうがリスクは高いのです」。

 彼が率いるセンティエント社は100%AIに任せるヘッジファンドの会社だ。

 AIは、株式売買で大切な、感情を殺して他人の動きに流されない、という点が前提条件的にクリアされている。そもそも感情がない。他人の動きなども視野にない。

 次に、疲れない点。

 89年、GSでは数量的な分析「クオンツ」を使った米国株式の運用を始めた。当初は株価や財務諸表などのデータ分析だったが、2008年頃からAIを使って文書情報などを分析した投資アイデアも取り入れ始めた。

 人間が日常で使う言語を理解する「自然言語処理技術」を活用して、過去のアナリストのレポートなど、人間のトレーダーでは読み込みきれない量の資料を不眠不休で分析させるわけだが、それでも当然、AIは人間のように疲れることはない。

 クオンツ運用を担当する投資戦略グループには約190人の人員を抱え、このうち数理分析の専門家が70人以上と、多くの技術者を擁していた。つまり、優秀な人間を投入、初期投資は膨大だった。

 英金融データ会社コーリション社が大手国際投資銀行12社から収集したデータによると、世界最大規模の投資銀行における営業・取引・研究部門の平均年俸は5600万円で、GSなどのM&Aバンカーの年収は8千万円を超えるというから、600人のトレーダーを2人まで減らすというのは、かなりの人件費削減につながる。

 一方で、消えた598人のトレーダーに変わって増えたのがIT技術者だ。先の次期CFOのマーティン・チャベスはこう言い添えている。

 「株式売買は自動取引プログラムによって行われており、トレーダーに代わって200人のコンピューター・エンジニアを雇用しています」

30年前に比べてリターンは2~5倍

 クオンツから30年の月日が流れた現在、AIは100万本以上のアナリストレポートをむしゃむしゃと食べつくし、29万件以上の決算説明議事録を読破し、天文学的なウェブ・アクサスを腑分けし、2600万件以上のニュース記事を24時間収集して分析し、文章の意図を見抜いたり、アナリストが強気になっているか弱気になっているかを嗅ぎ分け、買い推奨に転じる前に株価上昇の恩恵を受け、過去の詳細なデータから人間のトレーダーでは気づかない値動きのパターンをも発見している。

 例えば航空会社やホテル関連企業などのホームページのページビューの増減は売上予想に直接結び付き、決算情報より早く投資判断できるし、衛星写真からリアルタイムで得た小売店や大型店舗への駐車状況など売上高の解析に使われる。これまた決算情報より先んじているのである。

 また、決算会見では記者からの質問に答える経営者の声のトーンを解析して、神経質になっているか、偽りの強気発言か、などということまではかり、さらに先の投資判断を下すまでになっている。

 深層学習、いわゆる「ディープラーニング」など新しい技術を駆使し、画像や動画や文章などの膨大なデータをAIが学習し、疲れず、感情に流されず、粛々と投資先を選定する。 現在のAIは、1989年にスタートしたクオンツの2~5倍の平均リターンを弾き出している。

絶対収益型のファンドも登場

201707AI

日本の金融業界でもAI利用が増えてきた

 この5年間で株取引の自動化は加速しており、GSだけではなく、世界最大級のヘッジファンドであるブリッジ・ウォーター・アソシエイツが、IBMでAIワトソンを開発したデビッド・フレッチという人材を迎え入れてAI運用に着手した。JPモルガン・チェースのヘッジファンド部門も先に挙げた、「AI分析よりも人間の分析に依存するほうがリスクは高い」と喝破したババク・ホジャットのセンティエント・テクノロジーズ社とAI運用システムを共同開発し、他の米国大手ヘッジファンドではD・E・ショー、ツーシグマ、ルネサンス・テクノロジーなど多くのウォール街の企業で金融ビジネスのAIの最先端の人材を集結した自動化は進められている。

 先に挙げた金融業界の調査会社コーリションによると、現在、金融取引の49%は既に電子化されているという。

 日本の金融業界の反応はどうか。

 ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントは日本でもAIが運用する公募投資信託を設定した。日本を含む先進国の株式200銘柄程度をAIが膨大なデータを手掛かりに選択し、投資する。こうして日本でも「GSグローバル・ビッグデータ投資戦略」という投資に資金を呼び込んでいるのだ。

 三菱UFJ国際投信はAI投信「AI日本株式オープン」を設定し、市場動向に左右されずに収益獲得を目指す「絶対収益型」の戦略を始めた。銘柄の買い(ロング)と東証株価指数(TOPIX)先物売り(ショート)を組み合わせ、相場全体が下落する局面でも一定の利益を確保することを目指す。GSアセット・マネジメントと大きく違う点は、個別銘柄の選定だけではなく、為替や金利など約300種のデータを分析して明日の相場が上がるか下がるかという未来まで予測する点である。このAIは三菱UFJ信託銀行などが開発した。

 しかし、世の中に「絶対に儲かります」という話はない。「絶対収益型」と謳う三菱UFJ国際投信の「AI日本株式オープン」の説明書きを読んでみるとバラ色の未来の記述に続いて、「投資信託は預貯金と違います」という赤い太字に行き当たる。「運用により信託財産に生じた損益はすべて投資家の皆様に帰属します」とある。元金保証という投資は存在しないのである。続いて、価格変動リスク、信用リスク、流動性リスクなどとあらゆるリスクが掲げられていて、「絶対収益型」という言葉との整合性に隙間が生じる。そこでわれわれもいささか冷めた目で見るようになるのだ。

 さはさりながら、現在AIの平均リターンは8.59%で、人間やCTA(コモディティー・トレーディング・アドバイザー)は1.75~4.49%なのである。

 13年のFRDによる緩和縮小(テーパリング)によって市場が麻痺した米国のテーパー・タントラム、15年の中国株暴落、ギリシャ総選挙の際も、他のインデックスが損失を出したにもかかわらず、AIインデックスのリターンは最高4.33%だった。

 AIは機械学習を繰り返して賢くなる。あらゆる情報を飲み込んで、成長するのだ。

 さて、AIが人間の頭脳を越えていく「技術的特異点」を「シンギュラリティ」と名付けたレイ・カーツワイル博士はその日の到来を2045年とした。ソフトバンクの孫正義も30年以内にやってくると予言する。シンギュラリティは遅かれ早かれ、やってくる。そのとき金融業界はどうなっているのか。

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

電力業界のイノベーション

[連載] エネルギーフォーカス

10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

[連載] エネルギーフォーカス

日本は再生エネルギーで世界トップとなる決断を

テクノロジー潮流

一覧へ

アジア大会とノーベル賞

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

水素社会へのステップ

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポート――中島優太(エベレディア社長)

 昨今、事業拡大や後継者対策などを目的とした企業同士のM&Aが増加している。同様にウェブサイトのM&Aが活発化している事実をご存知だろうか。サイトの売買で売り手にはまとまったキャッシュが、買い手にはサイトからの安定収益が入るなど、双方に大きなメリットがもたらされている。大手ITグループから個人事業主まで幅広い…

201712EVEREDIA_CATCH

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

外国人を中心に需要が高まるソーシャルレジデンスで快走―オークハウス

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせください。 桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

20150609_INNOV_P02

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

パートナーズは全国の中古投資用不動産の売買仲介を手掛けている。2011年の創業以来、5期連続増収を達成。吉村社長は業績好調の原動力を「社員の人間力を養い、顧客満足度の向上に取り組む姿勢にある」と語る。── 数ある投資用不動産会社の中、独自の強みについて。吉村 当社では、社員の人間力を徹底的に磨きな…

企業eye

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

海外ビジネスの第一線で活躍した2400人のエキスパートを擁し、日本企業の海外事業を支援。

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年1月号
[特集]
敗者復活戦

  • ・負けから何を学び、糧にしていくか
  • ・存亡の危機を乗り越えた「熱海」の逆転ストーリー
  • ・あの名門ブランドが、帰って来た(アイワ、ビクター)
  • ・「なるほど家電」を牽引する大手家電メーカーの早期退職組(アイリスオーヤマ)
  • ・関ケ原で敗れた立花宗茂はなぜ、返り咲くことができたのか
  • ・市江正彦(スカイマーク社長)
  • ・加藤智治(ゼビオ社長)

[Special Interview]

 三毛兼承(三菱東京UFJ銀行頭取)

 「旧来の商業銀行は構造不況業種 大変革で信頼と強さを持ち続ける」

[NEWS REPORT]

◆カードローン規制で稼ぎ頭を失う地方銀行の明日

◆12年ぶりのアイボ復活 名実ともにソニー再生は成るか

◆終身権力者も視野に入った習近平が恐れるクーデター

[特集]クルマが変わる、社会を変える

・これから始まる全自動運転 OSを制するのは誰だ!?

・車載電池の性能が左右するEV時代の覇権戦争

・冷える鉄鋼、潤う化学 クルマが変える産業構造

・トヨタ・日産・ホンダ・マツダ 主要4社「わが社の戦略」

ページ上部へ戻る