マネジメント

 経営環境が激変し、売上高が半分に落ち込めば、ほとんどの会社は赤字に転落、存亡の危機に立たされてしまう。フルキャストホールディングスの落ち込み方はそれ以上で売上高は6分の1に激減した。創業者の平野岳史も、何度もこれまでかと覚悟した。しかしここにきて業績は急浮上し、最高益が見えてきた。何が平野を支えたのか。文=関 慎夫 Photo=西畑孝則

売上高1千億円から100億円台に急落

201707HIRANO_P01

ひらの・たけひと 1961年生まれ。神奈川大学を卒業後、就職するも3年で離職、以後、フリーター生活を送る。87年神奈川進学研究会を設立。1990年リゾートワールド(現フルキャストホールディングス)設立。2003年東証2部に上場(04年1部に指定替え)。07年、08年と2度にわたり業務停止命令を受け経営の第一線から退く。15年会長に復帰した。

 ピーク時には1千億円以上あった売上高は、一時174億円にまで落ちた。その後回復に転じたとはいえ、前12月期の売上高は253億円にすぎない。それでもフルキャストの平野岳史は「売り上げのピークだった10年前より、今のほうが充実している」と言い切る。

 平野がフルキャストホールディングスの前身、神奈川進学研究会を立ち上げたのは1987年のこと。その名の通り家庭教師の派遣などの教育関連事業を行っていたが、のちにスポット派遣と呼ばれる日雇い派遣事業に参入する。

 「会社を立ち上げて4年ほどたった頃です。ある引っ越し業者が明日、5人ほど人手が足りないと相談してきた。そこで50人ほどに声をかけ、5人を確保して朝8時に集合させました。すごく感謝されましたが、その引っ越し業者が言うには、本当は3人でよかったし、8時ではなく9時でよかったと」

 当時も人材を斡旋・派遣する業者はいたが、いい加減なところが多かった。希望した人数が集まるかどうかはその日にならないと分からない。しかも時間どおりには集まらない。平野に頼んだ引っ越し業者も、それを見越して人数と時間のサバを読んだのだが、平野は要求に完璧に応えた。これをきっかけに日雇い派遣業に軸足を移していく。業界のいい加減さを知ったことで、逆にビジネスチャンスがあることに気づいたのだ。

 「働く側、労働者を受け入れる側、それぞれにニーズがあった。働く側は、今すぐお金がほしいけれど、好きな時にできるだけ家の近くで仕事をしたいと考えている。一方、企業側も、仕事量に合わせた人材がほしい。そのため前日に大量の発注をしても、きちんと時間どおりに人材を送り込んでくれるのであれば利用したいと考えている。お互い非常にわがままです。そのニーズを満たしてあげることで、仕事はどんどん増えていきました」

 2年目にはマッチングのシステム化に取り込む。当時、そんなシステムは世の中に存在していなかったため、自力で開発。これによりフルキャストの業績はさらに拡大していく。とはいえ初期段階では資金繰りは火の車だったという。日雇い派遣の場合、売り上げよりも労働者への支払いが先に発生する。またシステム開発も先行投資であり、回収には時間がかかる。キャッシュ不足に見舞われることは日常茶飯事で、丸井でキャッシングをして派遣労働者の給料を払ったこともあるという。

楽天の本拠地の命名権を獲得

 しかし時代は平野に味方した。90年代、働き方の多様性を高めようと、労働者派遣法が改正され、派遣可能な業種が大きく広がった。またバブル崩壊後、人件費の見直しに直面した企業は正社員の採用を控えるようになる。その結果、フリーターやニートが急増、フルキャストは彼らの受け皿となった。平野自身も会社を立ち上げるまではフリーター生活を送ったことがあるため、短期労働市場の重要性を誰よりも分かっていた。

 2001年には株式を店頭公開、03年には東証2部上場、さらに翌年には1部へ指定替えととんとん拍子で成長を遂げていく。この当時ライバルだったのがグッドウィル・グループで、両社は競うように業績を伸ばしていった。

 05年には東北楽天イーグルスの本拠地、宮城球場のネーミングライツを獲得、フルキャストスタジアム宮城と命名し、フルキャストの名前は全国区になっていく。当時のことを平野が振り返る。

 「フルキャストスタジアムで始球式を行った時は、自分もいよいよここまできたか、という思いでした。でも周りを見れば、楽天の三木谷さんや、光通信の重田さんのように、先を行く起業家たちがいる。そこを目指して、さらに走っていこうと考えていました」

 当時の平野にとって、成長こそがすべての目標だった。日雇い派遣の世界でも、グッドウィルが少し先を行っている。追いつき追い越せと懸命に数字を追いかけ続けた。

 平野自身は別にいい気になっていたわけではないという。しかしいつの間にか足元が留守になっていたのだろう。06年になると、突如、逆風が吹き始める。

 労働者派遣法で禁じられていた建設業務への労働者派遣が表面化。それ以外にも残業手当の計算不備等、いくつもの不祥事が報じられる。同様の問題はグッドウィルでも起こり、両社の経営手法に批判が集まった。しかもこの頃、若者の正社員と非正規社員の格差が社会問題化、日雇い派遣そのものが「ワーキングプア」の根源と指摘された。

 前述のように、平野は自身の経験から短期派遣は社会的意義があることと考え、事業を進めてきた。ところがいつの間にか「社会悪」としての烙印を押されてしまっていた。

 07年8月、違法派遣が繰り返されたとして東京労働局より業務停止命令を受ける。これを受けて平野は代表権を返上、さらにはコンプライアンスやチェック体制を強化する再発防止策を発表した。ところが、暴走問題はそれでは収まらなかった。業務停止命令中に違法な派遣を繰り返したとして、翌年10月、2度目の業務停止命令を受ける。

 「最終責任者は私ですから、すべての責任は私にある。真摯に反省しました。ただその一方で、きちんと体制を整えたはずなのに、なぜこんなことになったのかという思いも正直なところありました」

 さらにそこにリーマンショックが襲い掛かる。07年9月期からフルキャストは3期連続で最終赤字を計上する。07年9月期には1083億円あった売上高は13年12月期には174億円にまで落ち込んだ。平野は責任を明確化するために経営の一線からも退いた。

「虚業ではなく実業」の思いで危機を乗り切る

201707HIRANO_P02

2001年の店頭公開時

 「何度もも辞めようと思いました。思いとどまらせたのは意地というかメンツというか。もしこれで終わってしまったら、自分のやってきたことが法の盲点を突いただけの虚業と思われてしまう。それだけは許せなかった。それに危機に瀕して辞めていく社員も多くいる中で、それでもついてきてくれた社員がいた。彼らの存在が心の支えになっていました」

 12年労働者派遣法が改正され、30日以内の短期派遣が原則禁止された。それに伴いフルキャストは、企業が直接雇用するアルバイトの人材紹介と、給与計算などの雇用に関わる代行業務に舵を切る。その戦略がうまくはまり、業績は上向き始める。現在では、毎月2千~3千社のクライアントが、短期人材紹介を利用、登録者も年間約20万人に達した。

 その結果、前12月期決算では売上高は前期比12%増の253億円、営業利益は同25.5%増の28億円となった。なお、人材派遣と人材紹介では売上高の計上の仕方が異なり、現在の数字の3倍が、人材派遣時代の売上高に相当する。つまり前期の売り上げは、ピーク時の7割ほどまで回復した。

 「利益も7~8割まで戻ってきています。20年に50億円の営業利益目標を立てていますが、これは過去最高益に匹敵します」

 何より平野にとってうれしいのは、短期労働ビジネスが社会的に認知されてきたことだ。虚業ではなく実業であることを、復活することで証明してみせた。そして平野自身も、2年前に会長に復帰した。

 10年前のピーク時、フルキャストはM&Aを繰り返し、傘下に20社以上を抱える企業グループとなった。経営危機に際しすべてを手放したが、ここにきて再び平野はM&Aに意欲を見せる。

 「同じM&Aでも10年前とは考え方が違います。以前はレバレッジを効かせて、何が何でも手に入れていた。それをやるのが優秀な経営者と思われていました。今は違います。本当の意味でシナジーが見込めるか。中長期で新しい事業ができるか吟味して取り組みます」

 激動の10年を経て平野は「いい意味でしたたかになった」と自己分析する。フルキャストという組織もまた、たくましくなった。成長スピードはかつてのようには速くはないが、「人ありき、組織ありきで成長していく」。(敬称略)

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

金利固定化の方法を知る

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メーン銀行との付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

金利引き上げの口実とその対処法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件に学ぶ 不祥事対応

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

「ブラック企業」という評価の考察

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

コミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

所得税の節税ポイント

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

固定資産税の取り戻し方

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

人を育てる「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手に育成するコツ

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

部下の感情とどうつきあうか

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

“将来有望”な社員の育て方

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポート――中島優太(エベレディア社長)

 昨今、事業拡大や後継者対策などを目的とした企業同士のM&Aが増加している。同様にウェブサイトのM&Aが活発化している事実をご存知だろうか。サイトの売買で売り手にはまとまったキャッシュが、買い手にはサイトからの安定収益が入るなど、双方に大きなメリットがもたらされている。大手ITグループから個人事業主まで幅広い…

201712EVEREDIA_CATCH

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

外国人を中心に需要が高まるソーシャルレジデンスで快走―オークハウス

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせください。 桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

20150609_INNOV_P02

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

パートナーズは全国の中古投資用不動産の売買仲介を手掛けている。2011年の創業以来、5期連続増収を達成。吉村社長は業績好調の原動力を「社員の人間力を養い、顧客満足度の向上に取り組む姿勢にある」と語る。── 数ある投資用不動産会社の中、独自の強みについて。吉村 当社では、社員の人間力を徹底的に磨きな…

企業eye

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

海外ビジネスの第一線で活躍した2400人のエキスパートを擁し、日本企業の海外事業を支援。

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年1月号
[特集]
敗者復活戦

  • ・負けから何を学び、糧にしていくか
  • ・存亡の危機を乗り越えた「熱海」の逆転ストーリー
  • ・あの名門ブランドが、帰って来た(アイワ、ビクター)
  • ・「なるほど家電」を牽引する大手家電メーカーの早期退職組(アイリスオーヤマ)
  • ・関ケ原で敗れた立花宗茂はなぜ、返り咲くことができたのか
  • ・市江正彦(スカイマーク社長)
  • ・加藤智治(ゼビオ社長)

[Special Interview]

 三毛兼承(三菱東京UFJ銀行頭取)

 「旧来の商業銀行は構造不況業種 大変革で信頼と強さを持ち続ける」

[NEWS REPORT]

◆カードローン規制で稼ぎ頭を失う地方銀行の明日

◆12年ぶりのアイボ復活 名実ともにソニー再生は成るか

◆終身権力者も視野に入った習近平が恐れるクーデター

[特集]クルマが変わる、社会を変える

・これから始まる全自動運転 OSを制するのは誰だ!?

・車載電池の性能が左右するEV時代の覇権戦争

・冷える鉄鋼、潤う化学 クルマが変える産業構造

・トヨタ・日産・ホンダ・マツダ 主要4社「わが社の戦略」

ページ上部へ戻る