文化・ライフ

 ウィンドサーフィンの世界最高峰の大会であるワールドカップが、5月11日から6日間に渡って津久井浜(神奈川県)で開催された。24年振りの日本開催が実現した裏には、ある機長の熱い想いがあった。文=古賀寛明

機長が実現させた世界のお祭り

ウインドサーフィン1

大会を前に意気込みを語る合志明倫プロ(JPN-1)

 ウィンドサーフィンはボードに加えセイル(帆)など、道具を多く必要とするため、気軽に始めるにはハードルが高いが、一度始めてしまうと病みつきになると言われる。

 時速90キロ(世界記録)というモーターボート並みのスピードが出るウィンドサーフィンは、疾走する爽快感と自然と一体化する感覚が大きな魅力。日本でも多くの愛好者がいるが、その本場はヨーロッパだ。

 例えば、ドイツでは子どもの憧れの職業ランキングで、プロサッカー選手を上まわることもあるそうだ。実力もそのままヨーロッパ勢がけん引しており、世界最高峰のワールドカップでもフランス、イタリアなど、ヨーロッパの実力者たちが上位に並ぶ。

 そのウィンドサーフィンのワールドカップ「ANAウィンドサーフィンワールドカップ横須賀大会」が、1993年の御前崎大会以来、実に24年振りに日本で開催された。日本のウィンド界にとっても悲願の大会開催で、今大会に出場した日本人選手のひとりである合志明倫プロは「待ちに待った日本開催だった」と喜ぶ。

 世界最高峰の大会だけに、昨年の男子世界ランク1位のマッテオ・イアチーノ(伊)をはじめ、ウィンド界の巨人と呼ばれるアントワン・アルボー(仏)、女子もサラ・キタ・オブリンガ(アルバ)、デルフィーヌ・カズン(仏)といった世界ランク上位の実力者たち(27ヵ国、87名)が参戦。6日間の熱戦を繰り広げた。

 さて、このワールドカップ横須賀大会の冠スポンサーを務めたのが全日本空輸(ANA)だ。空の企業が海のスポーツの冠スポンサーというのは少々意外だが、その裏には会社を動かし、日本開催にまでこぎつけた1人の男の存在があった。普段の業務ではボーイング767を操縦する藤本太郎機長だ。

ウィンドサーフィン3

開会式に集まった世界トップクラスの選手。とにかく大きい。

 大会の実行委員にも名を連ねる藤本機長は、ANAのグループ社員が夢を実現する「ANAバーチャルハリウッド」(注)という制度を利用し、ウィンドサーフィンのワールドカップの日本開催を提案。会社が承認してから大会実行委員会が設置されるまで、米国に本部がある主催者のプロフェッショナルズ・ウィンドサーファーズ協会(PWA)と自ら交渉、契約につなげた。

 開催は、ウィンド界はもちろん、人口流出が問題となっている横須賀市にとっても大チャンスだった。マリンスポーツ、なかでもワールドカップの開催は最高の町おこしとなる。

 また、PWAとしてもアジア最大のマーケットである日本で開催できることで、裾野の拡大につながる。それぞれの狙いと想いが結実した大会でもあったのだ。

 さらに藤本機長にはもうひとつ狙いがあったという。

 「わたしにとっては“熱い思い”というよりは“切実な事情”がありました。業務外で喜びを共有できる社内のウィンドサーフィンクラブが存続の危機だったのです」

 大会開催によって、日本はもとより、ANA社内のウィンドサーフィンクラブの風向きも変わるかもしれない。

東京五輪に向けて盛り上がりを見せるか

ウィンドサーフィン画像4

表彰式の様子。右端が藤本機長

 ワールドカップという言葉には特別な響きがあり、多くの人を惹きつける力がある。

 今回の日本開催は成功裏に幕を閉じた。これまで日本ではみられなかった世界トップの速さとテクニックを目の当たりにすることで、大会を見に来て未来の夢を見つけた子どもたちがいるかもしれない。

 同時に、次への反省点もある。藤本機長も「もっと面白くできる」と言う。

 例えば、レースは風が吹かなければ開催されないが、風待ちをしている時に観客を退屈させない工夫が必要だという。

 そのひとつが、競技とともに選手に興味を持っている観客への配慮だ。サッカーのワールドカップであれば選手に近づくことは不可能だが、ウィンドサーフィンの選手であれば意外と身近に接することができる。「会いに行けるワールドカッパー」をキーワードに、新たなアイデアを考えていくそうだ。

 最終的なレースの結果を述べると、男子の優勝は実力者のジュリアン・クィンテル(仏)、2位にジョルディ・フォンク(蘭)、3位にアントワン・アルボー(仏)が入った。女子は世界ランク1位のサラ・キタ・オブリンガが優勝。2位にデルフィーヌ・カズン(仏)、3位にレナ・エルディ(トルコ)と続いた。ワールドツアーはこの横須賀が2戦目。今後も、スペイン、デンマーク、ドイツ、アメリカ、ニューカレドニアと続いた。 

 今大会をきっかけに、東京五輪でも行われるウィンドサーフィンに興味を持った人は少なくはないはずだ。

(注)「ANAバーチャルハリウッド」とは……2004年に始まったANAで始まったハリウッド映画のように観客に感動を与えることを目的とした自発的提案活動。これまで、「東北フラワージェット」や整備士が開発した植物の葉をスピーカーにする「植物スピーカー」など、多くの夢を実現させてきた。

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

社員17人で41億円を売り上げた社長が語る「中国で越境ECを成功させる秘訣」―栖原徹(ピルボックスジャパン社長)

今や米国と並び、世界最大級の消費市場となった中国。その中国で爆発的なヒットを飛ばしているのが健康食品・サプリメントなどの越境ECで展開するピルボックスジャパンだ。同社を率いる栖原徹社長に、中国市場で成功するための秘訣を聞いた。(取材・文=吉田浩) 栖原徹・ピルボックスジャパン社長プロフィール…

栖原徹・ピルボックスジャパン社長

意思決定の効率化を実現しデータ活用に革命を起こす―インティメート・マージャー

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

入学試験や資格取得のための勉強法については、さまざまなハウツーコンテンツが世にあふれている。そんな中、独自の学習理論で注目されているのが、サイトビジット社長の鬼頭政人氏。勉強法という個人的な問題を解決するためのサービスを、「働き方改革」を推進する法人向けにも展開している。(取材・文=吉田浩) …

鬼頭政人(サイトビジット社長)

アスリートのセカンドキャリア問題に真正面から取り組む―中田仁之(一般社団法人S.E.A代表理事)

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年2月号
[第45回経済界大賞]
  • ・[大賞]新浪剛史(サントリーホールディングス社長)
  • ・[特別賞]小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)
  • ・[優秀経営者賞]水田正道(パーソルホールディングス社長CEO)
  • ・[優秀経営者賞]青野慶久(サイボウズ社長)
  • ・[ベンチャー経営者賞]及川智正(農業総合研究所会長CEO)
  • ・[ベンチャー経営者賞]山本正喜(ChatworkCEO兼CTO)
  • ・[グローバル賞]ハロルド・ジョージ・メイ(新日本プロレスリング社長兼CEO)
  • ・[100年企業賞]高松建設(高松孝年社長)
[Special Interview]

 新浪剛史(サントリーホールディングス社長)

 創業精神の共有から始めた米ビーム社との統合作業

[NEWS REPORT]

◆海外メーカーを次々と買収 キリンがクラフトにこだわる理由

◆売上高は前期比3割増 止まらぬワークマンの快進撃

◆第3の都市はどこに? 「スタートアップ拠点」争奪戦

◆寿司屋の大将は3Dプリンター? 電通が画策する未来の飲食

[特集]

 もっと眠りたい

 明日のパフォーマンスを劇的に高める

 一流の睡眠術

ページ上部へ戻る