文化・ライフ

 ウィンドサーフィンの世界最高峰の大会であるワールドカップが、5月11日から6日間に渡って津久井浜(神奈川県)で開催された。24年振りの日本開催が実現した裏には、ある機長の熱い想いがあった。文=古賀寛明

機長が実現させた世界のお祭り

ウインドサーフィン1

大会を前に意気込みを語る合志明倫プロ(JPN-1)

 ウィンドサーフィンはボードに加えセイル(帆)など、道具を多く必要とするため、気軽に始めるにはハードルが高いが、一度始めてしまうと病みつきになると言われる。

 時速90キロ(世界記録)というモーターボート並みのスピードが出るウィンドサーフィンは、疾走する爽快感と自然と一体化する感覚が大きな魅力。日本でも多くの愛好者がいるが、その本場はヨーロッパだ。

 例えば、ドイツでは子どもの憧れの職業ランキングで、プロサッカー選手を上まわることもあるそうだ。実力もそのままヨーロッパ勢がけん引しており、世界最高峰のワールドカップでもフランス、イタリアなど、ヨーロッパの実力者たちが上位に並ぶ。

 そのウィンドサーフィンのワールドカップ「ANAウィンドサーフィンワールドカップ横須賀大会」が、1993年の御前崎大会以来、実に24年振りに日本で開催された。日本のウィンド界にとっても悲願の大会開催で、今大会に出場した日本人選手のひとりである合志明倫プロは「待ちに待った日本開催だった」と喜ぶ。

 世界最高峰の大会だけに、昨年の男子世界ランク1位のマッテオ・イアチーノ(伊)をはじめ、ウィンド界の巨人と呼ばれるアントワン・アルボー(仏)、女子もサラ・キタ・オブリンガ(アルバ)、デルフィーヌ・カズン(仏)といった世界ランク上位の実力者たち(27ヵ国、87名)が参戦。6日間の熱戦を繰り広げた。

 さて、このワールドカップ横須賀大会の冠スポンサーを務めたのが全日本空輸(ANA)だ。空の企業が海のスポーツの冠スポンサーというのは少々意外だが、その裏には会社を動かし、日本開催にまでこぎつけた1人の男の存在があった。普段の業務ではボーイング767を操縦する藤本太郎機長だ。

ウィンドサーフィン3

開会式に集まった世界トップクラスの選手。とにかく大きい。

 大会の実行委員にも名を連ねる藤本機長は、ANAのグループ社員が夢を実現する「ANAバーチャルハリウッド」(注)という制度を利用し、ウィンドサーフィンのワールドカップの日本開催を提案。会社が承認してから大会実行委員会が設置されるまで、米国に本部がある主催者のプロフェッショナルズ・ウィンドサーファーズ協会(PWA)と自ら交渉、契約につなげた。

 開催は、ウィンド界はもちろん、人口流出が問題となっている横須賀市にとっても大チャンスだった。マリンスポーツ、なかでもワールドカップの開催は最高の町おこしとなる。

 また、PWAとしてもアジア最大のマーケットである日本で開催できることで、裾野の拡大につながる。それぞれの狙いと想いが結実した大会でもあったのだ。

 さらに藤本機長にはもうひとつ狙いがあったという。

 「わたしにとっては“熱い思い”というよりは“切実な事情”がありました。業務外で喜びを共有できる社内のウィンドサーフィンクラブが存続の危機だったのです」

 大会開催によって、日本はもとより、ANA社内のウィンドサーフィンクラブの風向きも変わるかもしれない。

東京五輪に向けて盛り上がりを見せるか

ウィンドサーフィン画像4

表彰式の様子。右端が藤本機長

 ワールドカップという言葉には特別な響きがあり、多くの人を惹きつける力がある。

 今回の日本開催は成功裏に幕を閉じた。これまで日本ではみられなかった世界トップの速さとテクニックを目の当たりにすることで、大会を見に来て未来の夢を見つけた子どもたちがいるかもしれない。

 同時に、次への反省点もある。藤本機長も「もっと面白くできる」と言う。

 例えば、レースは風が吹かなければ開催されないが、風待ちをしている時に観客を退屈させない工夫が必要だという。

 そのひとつが、競技とともに選手に興味を持っている観客への配慮だ。サッカーのワールドカップであれば選手に近づくことは不可能だが、ウィンドサーフィンの選手であれば意外と身近に接することができる。「会いに行けるワールドカッパー」をキーワードに、新たなアイデアを考えていくそうだ。

 最終的なレースの結果を述べると、男子の優勝は実力者のジュリアン・クィンテル(仏)、2位にジョルディ・フォンク(蘭)、3位にアントワン・アルボー(仏)が入った。女子は世界ランク1位のサラ・キタ・オブリンガが優勝。2位にデルフィーヌ・カズン(仏)、3位にレナ・エルディ(トルコ)と続いた。ワールドツアーはこの横須賀が2戦目。今後も、スペイン、デンマーク、ドイツ、アメリカ、ニューカレドニアと続いた。 

 今大会をきっかけに、東京五輪でも行われるウィンドサーフィンに興味を持った人は少なくはないはずだ。

(注)「ANAバーチャルハリウッド」とは……2004年に始まったANAで始まったハリウッド映画のように観客に感動を与えることを目的とした自発的提案活動。これまで、「東北フラワージェット」や整備士が開発した植物の葉をスピーカーにする「植物スピーカー」など、多くの夢を実現させてきた。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

現存の不動産に新しい価値を創造する「心築(しんちく)事業」とJ‐REIT運用、太陽光などのクリーンエネルギー事業が主力。社名の「いちご」は一期一会に由来しており、サステナブルインフラを通じて日本の社会を豊かにすることを目指している。文=榎本正義(『経済界』2019年9月号より転載) 長谷川拓…

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

社員に奨学金を提供―ミツバファクトリーが実践する中小企業が勝つための福利厚生とは

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る