文化・ライフ

今、なぜかバカ売れしている光触媒加工の“造花”

第11回画像1使用

「かわいい まあるい 光触媒 インテリア グリーン」

 いま、Amazonの観葉植物カテゴリーでナンバーワンの売上げなのが、植物ではなく、なんと造花。この現象を分析してヒットの秘訣をお教えします。

 人は、常に何かの言い訳を求めているということが、ヒット商品につながると経験で知っています。実は欲しいのだけれど、何らかの言い訳がないと後ろめたさが購買の邪魔をして、最後の一押しが足りなくて買えないという法則があるのです。

 癒し空間作りに貢献する造花についても、部屋や事務所に観葉植物を置きたいけれど、手間やレンタル代が非常にかかる。しかも、造花では怪しさやインチキ感が前面に出てしまうというマイナス面があります。

 その後ろめたさを、空間の空気を消臭・抗菌効果するという理屈を付与して払拭するのが、光触媒加工を施した造花です。たとえば、有限会社ダックが製造する「かわいい まあるい 光触媒 インテリア グリーン」は、お手入れ不要で、紫外線の力で化学反応が起き、有害物質を吸着分解するといいます。

 これは光触媒の商品であって、たまたま造花として売られているという言い訳を付与し、後ろめたさを見事に解消してあげたことによって、堂々と買えるというわけです。

 デザインも、昔の商品のようにいかにも嘘っぽいのではなく、本物と見間違えるほどのクオリティで作り上げられ、インテリアグリーンとしてもしっかりとしています。この点も買われる要素でしょう。

 さらに、あちこちに置けるように小型化して、種類は10数種類以上、価格も千円程度と抑えるなど、さまざまな工夫を凝らしていることが、大ヒットしにつながっていると推測できます。

光触媒の造花は「言い訳付与作戦」でヒットした典型例

第11回画像2使用 筆者は20年以上前の1992年に、伊藤園から“充実野菜”というヒット番付ランキングにも入った人参系初の野菜ジュースをつくった経験があります。カゴメ社の“野菜生活”より3年も前に企画開発したものですが、当初ターゲットとしていた働く人だけでなく、コンビニエンスストアで実際によく購入していたのは高校生でした。

 高校生からすると、普段食生活で不摂生しているために、充実野菜を飲んで解消しようという懺悔的な感覚で飲まれていたのです。何かを買う自分に対する言い訳があり、良いことにつながるならば、その時代には到底、売れないような商材やサービスであっても、後にリピートにもつながりロングヒットとなり得るのです。

 さまざまな業界で、マーケッターは同じように考えて商品かしていると開発を行っていると思いますが、光触媒の造花は、近年では「言い訳付与作戦」でヒットした典型例と言えるでしょう。家庭用でこれだけ売れているので、レンタル造花のコストに困っているオフィスなどに進出してさらに 広がるような気がします。

 消費者の潜在的なニーズを汲み取ってあげることがヒットの正体だという良い例ですし、2017年のヒット番付にもしかしたらランキングされるかもしれません。

※本連載の過去記事はこちらから

++++++++++++

(やまもと・やすひろ):ビジネス・バリュー・クリエイションズ代表取締役、ブランドマーケッター。日本コカ・コーラ、JT、伊藤園でマーケティング、新商品企画・開発に携わり、独立後に同社を設立。これまで携わった開発商品は120アイテム、テレビCMは52本製作。1年以上継続した商品を計算すると打率3割3分、マーケティング実績30年。現在では新商品開発サポートのほか、業界紙をはじめとしたメディア出演や連載寄稿、企業研修、大学等でのセミナー・講義なども多数実施。たたき上げ新商品・新サービス企画立ち上げスペシャリスト。潜在ニーズ研究家。著書に『ヒットの正体』(日本実業出版社)、『現代 宣伝・広告の実務』(宣伝会議)、英語著書『Stick Out~a ninja marketer~』(BVC)など。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る