マネジメント

長崎ちゃんぽん店を展開するリンガーハットの業績が絶好調だ。国産野菜が集客の目玉になったものだが、同社は製造工程にトヨタの生産方式をいち早く取り入れるだけでなく、小集団活動による時間当たり採算の最大化を図るアメーバ経営を取り入れるなど、経営効率の向上と同時に、働き方改革も進めてきた結果が開花した。創業者の米濵和英会長兼CEOと共に、同社の改革に努めてきた秋本英樹社長の“食の喜び”を追求する取り組みとは――。文=榎本正義 Photo=佐藤元樹

リンガーハットが国産野菜への切り替えが支持され好業績を継続

201708RINGERHAT_P01

(あきもと・ひでき)1954年長崎県生まれ。78年近畿大学第二工学部(現産業理工学部)卒業。同年株式会社浜勝(現リンガーハット)入社。2001年執行役員東日本営業本部長、02年取締役東日本営業事業部長、05年専務取締役営業本部長兼マーケティング本部長、06年代表取締役専務、09年業績悪化の責任を取り子会社へ出向、リンガーハット開発の社長に就任。13年11月リンガーハットに戻り副社長執行役員管理部担当。14年5月代表取締役社長に就任。

 リンガーハットが発表した2017年2月期決算は、売上高が前期比6.6%増の438億円で7期連続増収、経常利益が17.8%増の31億円で5期連続の増益で3期連続の最高益更新となった。好調の理由を、秋本英樹社長は次のように分析する。

 「09年に主力の長崎ちゃんぽんに使う野菜をすべて国産野菜に切り替え、10年には麺に使う小麦、13年にはぎょうざの主原料も国産に切り替えました。国産野菜というインパクトは強く、テレビ局も注目して取材して放映してくれたことも業績回復のきっかけになりました。これまで4割近く価格改定しましたが、健康志向の高まりで客足は伸びています。調理法を変えたのと、立地を郊外型からショッピングセンター内のフードコートへと転換したことも好調の要因です」

 リンガーハットでは、トヨタの生産方式を異業種でも活用しようという勉強会「NPS(ニュー・プロダクション・システム)」に94年入会した。これにより、調理システムが劇的に変わった。かつては中華鍋でまとめて作っていたので、味ムラが出たり、調理担当者が腱鞘炎になることも多かった。ところが現在は、1個作りにした。まず野菜を炒めるドラム型の「自動野菜炒め機」で野菜を炒め、野菜の入った鍋はIHヒーターが付いた「自動鍋送り機」に乗せられ、右から左に自動で流れる。人が厨房でする作業は、鍋に入れた冷凍麺を返したり、具材とスープをかき混ぜたりするくらいだ。これにより、複数のちゃんぽんを短い時間で同時にムラなく作れるようになった。

 「昔は調理から接客まで一通りできるようになるまで3カ月~半年の修業が必要だったのに、今は1週間の研修でちゃんぽん作りのみだったら済むようになり、厨房に入る人数も減りました」(秋本社長)

 国産野菜への切り替えと同時に、原材料の自社工場での加工をさらに進めたことで、原価が大きく変動しなくなった。また以前より取り組んできた厨房機器の機械化による店舗運営が可能となり、フードコートへの積極出店を後押しし、今では全店の過半を占める。フードコートは深夜営業がない。営業時間短縮は売り上げ減に直結するが、人件費率が下がったのと1時間当たりの売り上げが上がったことで、売上高利益率はかえって上向く結果となったのである。

 「人手不足の対応として、営業時間短縮に取り組み、今までに約80店舗行いました。スクラップ&ビルドと同時にセルフサービスも少しずつ取り入れています。パートの女性店長も増やしていて、30人くらいまでになりました。皆さん地域の方なので、上手な運営をしてくれています。また12年の設立50周年を機に、組織を小集団に分け、時間当たり採算の最大化を図る経営手法を取り入れました。これでパートさんや店長とのコミュニケーションが良くなり、各自が売り上げを上げる方策や、無駄を減らすなどのコスト削減に取り組むようになったことも、成長要因になっています」

リンガーハット秋本英樹社長の転機とは

 業績絶好調のリンガーハットの貢献で長崎ちゃんぽんは今や全国区になった。だが秋本社長が入社した当時の飲食業は「水商売」と言われていた時代だ。父親は日本電信電話(現NTT)に勤めていたため、大学時代に配線のアルバイトをしたが、父と同じ公務員の仕事には魅力を感じず、長崎ちゃんめんで既に有名だった浜勝(現リンガーハット)に入社する。もっとも秋本社長は一度は不採用になっている。これに納得できなかったので人事部に電話すると、「あなたは技術系でしょ。うちが欲しいのは営業なんです」とのこと。もともとそういうつもりだったので、「営業します」と答えて合格となったいきさつがある。

 ようやく入社したものの、当時は社員しか鍋を振れなかったので、電気工学を専攻していた秋本社長もそこからスタート。仕事の合間に、鍋に砂を入れて練習したという。快進撃を続ける同社だったので、休みも惜しんで働いた。

 「転機となったのは、その後、労働組合の三代目委員長になったこと。経営者と対峙する機会が多くなり、他社の事例も勉強することができました。09年には業績悪化の責任を取り、子会社で4年間過ごしました。本社に戻ってくるとは思っていませんでしたが、この間は自分なりに子会社を成長させるためにさまざまなことに取り組み、いい経験をさせてもらいました」

 20年までに1千店舗(17年2月現在755店舗)、営業利益率10%(同7.1%)、海外の店舗網の50店(現8店舗)に拡大を中期的な目標として掲げるリンガーハット。

 次のステージ実現のための方策をどう描くのか秋本社長に問うと、「次の50年に向かう成長戦略として、『グローバル企業への飛躍』を掲げています。ハチバンさんとの提携はうまくいきませんでしたが、今後もシナジーがあるところとは、M&Aにも取り組んで行きます。その上で、現在の業態の周辺企業との提携を含めて新たな業態に転換を図ることで、“食の喜び”をお届けし、最終的には外食ナンバーワンを目指したい」。

 人出不足や低成長の外食産業にあって、リンガーハットの好調ぶりは目を引く。今後の歩みに注目したい。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る