国際

成熟社会を迎え、子どもの教育、就職、働き方など、さまざまな面において、これまでのやり方が機能しなくなってきた日本。難病を抱えながら息子とともにハワイに移住し、事業家として成功を収めたイゲット千恵子氏が、これからの日本人に必要な、世界で生き抜く知恵と人生を豊かに送る方法について、ハワイのキーパーソンと語りつくす。

クリスティーン久保田氏の半生 裁判に負ける理由を知りたくて弁護士に

久保田7使用

(クリスティーン・くぼた)神奈川県横浜市出身。カトリック系インターナショナルスクール卒業後、シャミナード大学ホノルル校に入学。学生時代からツアーコンダクター、通訳、不動産業、貿易業などさまざまな経験を積み、1988年弁護士資格取得。以降、ハワイのデーモンキー法律事務所で弁護士業務に従事、現在は同ディレクターを務める。米国弁護士協会、米国移民法弁護士協会会員。日本で生まれ育ったバイリンガル弁護士として活躍中。ホノルル日本人商工会議所元会頭・ハワイ日系人連合協会元会長・ハワイ日本文化センター理事長。

イゲット クリスティーンさんの生い立ちから教えていただけますか?

久保田 私は日本で生まれ育ったアメリカ人です。アメリカ人の父が戦後、進駐軍として日本に通訳として行ったときに四国へ疎開していた母と知り合い、私が生まれました。子どものころはアメリカンスクールに通って、外交官やアメリカの大企業の社員の子供たちなど、日本にいながら外国人に囲まれて育ちました。父は日本が大好きで、亡くなるまで日本にいましたね。

イゲット 場所はどちらだったのですか?

久保田 横浜生まれの横浜育ちです。

イゲット そうなんですね!私は藤沢出身なんです。

久保田 よく、藤沢にある公園の馬の遊具に乗りに行きましたよ(笑)。

イゲット 横浜のインターナショナルスクールにはいつまで通っていたんですか?

久保田 6年生まで通って、翌年からはサンモール・インターナショナル・スクールというカトリック系の学校に行きました。学校で日本語を話すと10円罰金みたいな規則がある厳しい学校でした。家に帰ると母とは日本語で喋りますが、父とは英語で会話していました。そういう特殊な環境でしたね。

イゲット ハワイにはどのような経緯で来られたんですか?

久保田 以前は外国で生まれた場合、27歳までに戻ってこないとアメリカ国籍がはく奪されるという法律があったんです。だから、どうせアメリカに行くのなら、父の出身地であるハワイの大学に行こうと。カトリック系私立大学のシャミナード大学ホノルル校に入って、国際関係学とアジア研究を専攻しました。そのころ旅行会社でアルバイトをしていて、ハワイの人たちを日本や韓国、シンガポールなどに連れていくツアーガイドをやっていたんです。当時は日本に行く人があまりいなかったんですが、日本は素晴らしいところだと分かってもらいたくて、多くの人たちを連れていくことが目標でしたね。当時のお客さんで、今でもお付き合いのある方もいますよ。

イゲット それはすごいですね。

久保田 当時は、日本語と英語を喋れる人がそれほどいなかったので通訳を頼まれることが多く、それで裁判所の通訳をやったのが法律に触れるキッカケでした。ハワイで日本人が騙されて訴えられたり、逆に訴えたりみたいなケースがよくあったんですね。でも、いつも私が通訳を務めた人は、裁判に負けてしまうんです。理由が分からなくて弁護士の先生に尋ねたら、「そんなに知りたいなら、大学院に行って弁護士になれ」と。

イゲット それが弁護士になったキッカケなんですか!?

久保田 どうして裁判に負けるのか、分からないのが悔しくて(笑)。

弁護士以外にもさまざまな経験をしたクリスティーン久保田氏

イゲット ハワイでは今でも騙される日本人が結構いますよね。

久保田 日本人の悪いところは「お任せします」とすぐにやってしまうところ。何かを契約する際も、日本でやるのと同じくしっかりやれば良いのに、うっかりサインしちゃうみたいなことが多々あります。訴訟になった時にはもう後の祭りであることがほとんどですが、誰かが助けなきゃいけない。それなら私がやろうじゃないかと。

 入学したのは、カリフォルニアのロースクールでした。母はお嫁にも行かないでまた学校に行くのかと嘆きましたけどね(笑)。スクールは600人ぐらい入学しても1年で半分に減ってしまうような厳しいところで、他の学生はみんな私より若くて頭が良い人ばかりでした。英語は分かっても法律の専門用語が分からなくて、図書館で本をたくさん読んで勉強ばかりしていました。すごく大変でしたね。

イゲット ロースクールには何年通ったのですか?

久保田 3年間です。カリフォルニアで弁護士になることもできましたが、ハワイに戻って、1988年からずっとここにいます。長いですよね。弁護士資格以外にも、不動産ライセンスを取ったり、貿易の仕事をやったり、インベーダーゲームが流行したころはお店をやったり、いろんなことを経験しました。失敗したこともありますが、おかげで経営者の立場も分かるようになったので、弁護士の仕事にも役立っています。

現地に溶け込むための苦労があったと語るクリスティーン久保田氏

久保田2使用イゲット ハワイに初めて来たときは、差別を感じたともおっしゃっていましたが。

久保田 今はハワイの人も国際的になっていますが、当時は日本から来たと言うと、「え~、日本からなの」と「日本語喋って!」みたいなことを言われ、宇宙人を見るような目で見られていました。だから私は現地人に見られるようにムームーを着たり、友達が付けまつげをしていたので、それも真似したりしていました。どこの高校出身かと聞かれたときは、現地のルーズベルト高校を出たなんて嘘をついたり(笑)。

イゲット 逆カルチャーショックみたいなものですね。そういえば、うちの夫もアメリカ本土から来た白人なので、最初はものすごいいじめに遭ったと聞きました。

久保田 やっぱりハワイは島なので、自意識が強くて外の人を信用してくれない部分があります。仲間たちのサークルにどうやって入れるのか、ずっとそれを考えていました。友達と話すために、わざわざピジョンイングリッシュ(ハワイ特有の訛りのある英語)まで覚えましたよ。昔はゴルフ場のティータイムを予約するのも、ピジョンイングリッシュでないと取れない時がありましたから。

イゲット 日本の方言でも、まったくわからないことがありますからね。

久保田 ビジネスでは普通の英語を話しますが、ハワイの友達やいとこたちが何を言っているのか、最初は全然分かりませんでした。ただ、弁護士の仕事で現地の人々と話すとき、こちらがピジョンイングリッシュを話して、相手もオープンになってくれる時がありました。

イゲット 大きな強みですね。好奇心とコミュニケーションの方法を工夫することで、島の中で生きる術を身に付けたわけですね。弁護士さんとして誰かと交渉する際にも、とても重要なスキルだと思います。(後編に続く

ChiekoEggedDSC_3145(いげっと・ちえこ)(Beauti Therapy LLC社長)。大学卒業後、外資系企業勤務を経てネイルサロンを開業。14年前にハワイに移住し、5年前に起業。敏感肌専門のエステサロン、化粧品会社、美容スクール、通販サイト経営、セミナー、講演活動、教育移住コンサルタントなどをしながら世界を周り、バイリンガルの子供を国際ビジネスマンに育成中。2017年4月『経営者を育てハワイの親 労働者を育てる日本の親』(経済界)を上梓。

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年5月号
[特集]
進化するチーム

  • ・総論 姿を変える日本の組織 個人とチームが互いに磨き合う時代へ
  • ・小笹芳央(リンクアンドモチベーション会長)
  • ・稲垣裕介(ユーザベース社長)
  • ・山田 理(サイボウズ副社長)
  • ・鈴木 良(オズビジョン社長)

[Special Interview]

 南場智子(ディー・エヌ・エー会長)

 「社会変革の今こそ、組織を開き、挑戦を加速する」

[NEWS REPORT]

◆社長になれなかった松下家3代目がパナソニック取締役を去る日

◆DeNAとSOMPOが提案する新たなクルマの使い方

◆ここまできたがん治療 日の丸製薬かく戦えり

◆ブレグジット目前!自動車各社は英国とどう向き合うか

[特集2]九州から未来へ

 九州一丸の取り組みで生まれる新しい産業

ページ上部へ戻る