政治・経済

2015年に破綻したスカイマーク。民事再生決定後もスポンサー選定で紆余曲折あるなど混乱したが、民事再生の終結からわずか1年後の16年度には早くも67億円もの純利益をあげ、数字の上では復活を遂げた。果たしてその復活は本物なのか、その道のりを追った。文=古賀寛明

破綻からわずか2年スカイマークが仙台―神戸線を就航

201709スカイマーク

B737-800による効率的な運航がスカイマークの好調を支えている

 7月1日、中堅航空会社のスカイマークは新たに仙台―神戸線を就航した。2015年の破綻後、新規路線では初の就航となる。破綻からわずか2年あまり、スカイマークの復活を印象付ける出来事であった。当日は、仙台、神戸両空港でセレモニーが行われ、新たな路線開設に地元も沸いた。沸いた理由のひとつに仙台―神戸線が、民事再生による再編で15年10月に撤退した路線であったことが挙げられる。そういった意味で、スカイマークの社員にとっても再生の道のりに自信が持てる再就航だったに違いない。

 スカイマークが急激な円安や超大型機であるエアバスA380のキャンセルによる違約金の請求といった理由により、急速に業績が悪化し、民事再生法を申請したのが15年の1月のこと。すぐさま、現在スカイマークの会長である佐山展生氏が代表を務めるプライベート・エクイティ(PE)ファンドのインテグラルが支援に手を挙げたものの、航空会社によるスポンサーが必要となる再生計画の段階ではインテグラル・ANA連合と、同じく債権者である航空機リース会社、イントレピッド・デルタ航空連合の2案が争うなど混乱した。

 最終的に現在のインテグラルとANAによる再生計画が選ばれ、佐山氏が会長、日本政策投資銀行でエアドゥの再建にあたった経験を持つ市江正彦氏を社長に、そしてANAからも役員を迎え、新経営体制が発足したのが15年の9月のこと。以来、宮古、石垣、仙台、米子の各空港から撤退するなど、26あった路線を縮小して、新たな再スタートを切っている。

 あれから1年と10カ月が過ぎ、スカイマークを取り巻く環境は大きく変わった。当初は路線の撤退により提供座席数を大幅に減らしたが、一方で需給バランスをうまく取り、搭乗率は右肩上がりで伸びた。例えば、破綻した15年1月の搭乗率は55.1%だったが、翌16年1月には72.3%に。さらに今年の1月は79.8%にまで伸ばしてきている。

 その結果、減便していた路線でも増便を重ね、それが今回の仙台―神戸線の再就航にまでつながった。

 また、以前は8月のハイシーズンには高い搭乗率を誇るものの、閑散期には一気に冷え込む、ボラティリティの高さが経営にも不安定さを生んでいたが、確実に採算の取れる路線に絞ったことで、16年度には年間を通して安定してきており、不安定さは解消しつつある。

 こうした取り組みは、業績にも反映されており、16年度の事業収益は755億円にまで増え、純利益も67億円にまで達し、久方ぶりの黒字決算となった。また、営業利益率も高まり、15年度の2.1%から8.9%にまで上がっている。

スカイマークが好調の理由

 好調の理由のひとつとして挙げられるのが、業績悪化の原因であり、破綻と同時に運航を停止したエアバス社のA330-300から、ボーイング737-800に機種を統一したこと。これにより、整備や調達の面でも一本化することができ、無駄がなくなった。何より270席もあるA330の座席を高い水準で売り続けることは難しく、この機材の使用をやめただけでも、販売ロスを減らすことにつながった。現在使用するB737-800は、177席の小型機であるため、結果、効率的な運航につながっている。

 加えて、以前のスカイマークと比べてサービスが格段に向上したことが挙げられる。定時性向上への取り組みでは、破綻前には83.4%と、90%を超える他のフルサービスキャリアに比べ明らかに見劣りしていたが、16年度は89.8%と全社での運動が結果となって現れている。ただ、目指すは「日本一」、世界的にも定時性で評価の高いJALに追いつけ、追い越せと目標に掲げており、今期は4月、5月、6月といずれも90%以上の定時出発を実現させている。

 また、破綻の前には、安価な航空運賃が魅力であったが、その一方でお世辞にも機内サービスの良い航空会社とは言えなかった。実際、サービスに対してのプライオリティは低く、「クレームは受け付けません」といった文言を搭乗者向けにつくり、ひんしゅくを買ったことまである。

 今も、もちろん至れり尽くせりといったサービスではないが、例えば、ネスレ日本とのコラボレーションでも、ただ飲料や菓子を配るだけでなく、スカイマークを舞台としたオリジナルショートムービーをつくり、機内で上映。スカイマークへの親しみをもってもらう意欲が感じられる。

 こうした取り組みは、ただの業務命令だけでは実現できない。その裏には、従業員満足度の向上を目指す新経営陣の姿勢がある。顧客満足度も大事だが、それを支える従業員満足度を何より重視する姿勢はこれまでのスカイマークにはなかったものであろう。こうした姿勢を経営理念に掲げ、再起を図ったことが、企業風土を変え、サービスを向上させる原動力となっている。

 ただ、復活の最大の要因を挙げろといわれれば、やはりドル箱である羽田空港の発着枠を持っているということであろう。羽田と各地を結ぶ路線の搭乗率は高く、安定的に稼ぐことができている。国内LCCが拠点とする成田空港とは利便性でけた違いだ。もちろんスカイマークも首都圏にある茨城空港から各地へ路線を展開してはいるが、便数は多くはなく主力空港ではない。

 羽田の発着枠を最大限に利用し、効率的な運航に努める姿勢は、かつての好調時のスカイマークの戦略でもあり、もともとは20%近い営業利益率を誇る会社であったことを思い出させる。そう考えると、たられば話になってしまうが超大型機でのニューヨーク便就航というような無謀な夢さえ見なければ、今も順調に成長していたかもしれない。

 「効率的」な運営という、以前の強みを取り戻し、さらにクオリティの高いサービスを加えたことにより、わずか2年で黒字にまでもってきたというわけだ。

スカイマークの順調なスタートを支えた最大の秘密

 「2020年には再上場も考えている」と、公言する佐山会長だが、もちろん課題がないわけではない。いくらサービスが良くなったとはいえ、かつての「安かろう悪かろう」というイメージを払拭するにはもうちょっと時間がかかるだろう。また、航空会社のリスクとして、いつまた燃油の高騰や急激な円安があるかもしれない。しかも国内線しかもたない航空会社にとっては稼ぐ通貨は円のみだが、支払いは航空機のリースや燃油など、そのほとんどが外貨であり、為替の影響を大きく受ける。 羽田空港に続く第2の拠点である神戸空港にしても、海上空港であり24時間空港となるポテンシャルを秘めているが、関空、伊丹との関係から現状では発着回数を1日30便に限っているなど、制約がかかっている。この規制解除も待たれるところだ。

 スカイマークの好調を支える機種であるB737-800が既に生産の終わっている機種ということも挙げられる。まだ、市場に在庫があり今後も導入する予定があるものの、後継機を決定しなければならない段階にある。B737-800の後継機であるB737-MAXが最有力ではあるが、エアバスのA320neoといった機種もある。どちらにしても、運航、整備など新たな仕組みづくりが必要だ。

 今後、さらなる成長を考えた時に、どういった戦略をとっていくのか、それが最大の課題であろう。

 上場ということになれば、その後の成長戦略も問われる。現在は羽田の発着便に頼っている状況といえるが、発着枠を増やせるかといえば不可能な話だ。だからといって、地方路線の拡大はリスクでしかない。後は、海外へと視野を広げていくしかないはずだ。

 既に、今年度中にはチャーター機による国際線参入を予定しており、就航地は台湾やグアム、中国といった日本の近隣諸国になりそうだ。それは、B737-800で飛べる範囲で考えているということ。いずれにしても、まずは堅実な判断だ。堅実、それこそがスカイマークの順調なスタートを支えた最大の秘密といえるだろう。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

高校中退、ITスキルなしの17歳の青年が立ち上げた会社が、わずか2年で利用企業約500社、ユーザー約6万人のアプリを運営するまでに成長している。「世の中を変えたい」という思いを原動力に突っ走る谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長に話を聞いた。(取材・文=吉田浩)谷口怜央氏プロフィール…

Wakrak(ワクラク)社長 谷口怜央氏

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る