国際

成熟社会を迎え、子どもの教育、就職、働き方など、さまざまな面において、これまでのやり方が機能しなくなってきた日本。難病を抱えながら息子とともにハワイに移住し、事業家として成功を収めたイゲット千恵子氏が、これからの日本人に必要な、世界で生き抜く知恵と人生を豊かに送る方法について、ハワイのキーパーソンと語りつくす。

ハワイで日本人が騙され易い理由

久保田後編PHOTO

(クリスティーン・くぼた)神奈川県横浜市出身。カトリック系インターナショナルスクール卒業後、シャミナード大学ホノルル校に入学。学生時代からツアーコンダクター、通訳、不動産業、貿易業などさまざまな経験を積み、1988年弁護士資格取得。以降、ハワイのデーモンキー法律事務所で弁護士業務に従事、現在は同ディレクターを務める。米国弁護士協会、米国移民法弁護士協会会員。日本で生まれ育ったバイリンガル弁護士として活躍中。ホノルル日本人商工会議所元会頭・ハワイ日系人連合協会元会長・ハワイ日本文化センター理事長。

久保田 訴訟は凄くお金と時間がかかるので、裁判所も当事者たちに和解を勧めることが多いです。相手がいることなので難しいのですが、双方の弁護士同士が共通の目的を持って話をすれば、何か妥協できる場があります。そこにたどり着くのが私たちの仕事です。日本人のクライアントはアメリカのシステムがよく分からない場合が多いので、そこからよく説明しなければなりません。

イゲット こちらではどんなケースの裁判が多いのですか?

久保田 やはりお金の貸し借りに関することですね。ビジネスマンがお金を貸すときに担保を取らないとか、それで後になってトラブルになることがよくあります。

イゲット 契約書を作らないでトラブルになった話もよく聞きますよね。

久保田 チェックの支払いであればまだ分かり易いのですが、キャッシュの場合は困りますね。1千万円を書面なしで貸しちゃうような場合もあるし、たとえ契約書があっても契約違反の問題も出てきます。ハワイに来ると、人々はハッピーでおおらかな気分になりますが、お金が絡むことはきちんとやらないといけません。

イゲット 日本では全額後払いのケースも多い気がしますが、ハワイでは大抵デポジット(預託金)を払ってからビジネスがスタートすることが多い印象です。

久保田 日本人は他人を信用しやすいので、知り合いに5万円くらい貸して5年たっても返ってこないといったパターンが多い。ビジネスで相手に「お任せします」と言うのであれば、お金が返ってこなくても仕方ないと言う気持ちでないと。

イゲット 日本人は学校教育の中で、指示されたことに従うサラリーマンを育てる教育、いわば労働者教育を受けているせいもあるかもしれません。だから「お任せする」と言えば、相手がやりやすいように気を利かせているつもりになってしまうのではないでしょうか。

ハワイで事業に失敗しないために大切なこと

久保田 たとえば、グーグルみたいな会社に勤めた場合、自らアイデアを出していく事が大切で、黙っているべき時に黙っていることは悪くないけど、発言すべき時は発言するようにしないと、自らの存在意義がなくなってしまいます。

イゲット 息子の学校の教育を見ていると、労働者ではなく起業家を育てるのに適しているのがよく分かります。誰かの下で働くにしても、新しい意見を述べたり人の意見をまとめるリーダーになったりする素養を磨くことが重視されています。日本とは教育の段階で違うんです。企業がグローバル化する中で、子供たちをどう育てていけば世界に出ていけるのか、身を持って感じました。あと、ダイバーシティの問題で言えば、アメリカのほうが日本より法律面でも女性が優遇されているように思えます。

久保田 アメリカの場合、日本より随分前から女性の問題がフォーカスされて来たからでしょう。日本はこれからだと思います。ハワイの商工会議所で、日本の女性社長を20人集めて議論したことがありますが、私たちが普通に思っていることを喋っても、難しいとかできないという感覚の人が多かった気がします。法律面でもハワイのほうが安定はしているでしょうね。ただそれでも給料は男性と完全に同じではないし、問題がないわけではありません。

イゲット ハワイでもセクハラやパワハラの案件は多いんですか?

久保田 今はそれほどないですが、以前はかなりありましたね。日本の男性がターゲットにされたこともあります。たとえば、女性の肩に簡単に触れてはいけませんとか、水着の女性のカレンダーを職場に貼ってはいけませんよとか、年齢に関することも言ってはいけませんとか、理解してもらうのが難しかったです。今はどんな小さな企業でも、綱領をつくって絶対にセクハラがないようにするという姿勢を示すことが必要になっています。それがないと、私も弁護ができませんから。

イゲット 従業員と経営者のトラブルも多いのでしょうか。

久保田 多いです。仕事内容が悪い為に解雇されるのですが、何かと理由をつけてクレームをしてきます。年齢・人種差別などさまざまなケースがあります。経営者が従業員と対話して、コミュニケーションを取ることが非常に重要です。

クリスティーン久保田弁護士のハワイでのリーダーシップ

久保田 子供の教育も大事ですが、大人になってからの教育も大事だと思いますね。会社に入るとどういう人が上司になるかで人生が大きく変わってしまいます。良い上司が付いた人は、本当に幸せだと思わないといけないでしょうね。一方で、上に立つ人は良い上司になることを考えなければいけません。企業の社長さんには、そういうことを部長さんや課長さんにどんどん伝えてほしいと思います。

イゲット アメリカではリーダーシップのトレーニングを子供のころからやっているし、日本人と比べて上手だなあと思っています。クリスティーン先生は、いろんなところでリーダーシップを取られていますよね。私が先生とお会いするのは、社会貢献の場が多いのですが、日本人のきめ細やかさとアメリカ人のリーダーシップを、とてもうまくミックスされている気がします。

久保田 ありがとうございます。まず、ハワイは狭いところだからやりやすいというのはあると思います。ボランティアや社会貢献のニーズがすぐに集まりますし、知っている人が多いから楽というのもベースにあります。

ただ、みんながリーダーになるわけではないので、フォローする人たちも大切です。私の場合、小さい頃は凄くシャイで、ピアノの発表会にも出たくないような子供でしたが、ある日突然喋りまくるようになってしまいました(笑)。私は自分をあまり良いリーダーとは思わないけれど、いつも他の人たちの意見を聞いて、せっかちだから誰も決めないときは自分が決めてしまうんです。それでみんなが付いてきてくれるんですが、良いリーダーなのかどうかは分からないですね。

ハワイで日本の歴史と文化を次の世代に伝えていけるのか

久保田8使用イゲット 私はまだ40代ですが、日本の若い女性たちにはもっと頑張ってほしいなと思っていて、女性がリーダーシップを発揮できるような活動をしたいと思っています。ハワイには14年お世話になっていますし、その部分でもハワイと日本をつなげるようなことに貢献できないかなと。

久保田 今は30代、40代の日本女性でもすごい人たちが増えてきたのではないですか?

イゲット 以前に比べたらそうですね。私が20年前にネイルサロンを立ち上げた時は、場所を借りるのも苦労しましたから。どこにも子どもを預けられないという問題もありましたし。

久保田 それは企業のサポートがもっと必要かもしれないですね。サポートがあっても親としてのジレンマがあるのは仕方ないですが、女性が働きながら子育てをすることに対する社会全体の理解は、日本よりアメリカのほうがあるのは確かです。

 企業のサポートが重要という点では、ボランティア活動に対する姿勢にも言えます。アメリカは法律も違うし、ボランティア活動に対して税制で優遇されるという事情もあるため、いろんなボランティアをやることが自然になっています。地域貢献の大切さはアメリカ企業にとっては当たり前のことですが、日本企業にもそこをきちんと知ってほしいですね。

イゲット それは著書に書いておきました(笑)。最後になりますが、先生のこれからの夢は何ですか?

久保田 来年はハワイに最初に日本人が就航して150年にあたります。ハワイで日系1世、2世、3世の方々が伝承してきた日本の歴史と文化を、きちんと次の世代に伝えていけるのかということを危惧しています。弁護士を引退したら、そうした活動にフォーカスして活動していきたいと考えています。(イゲット千恵子×クリスティーン久保田 前編)

ChiekoEggedDSC_3145(いげっと・ちえこ)(Beauti Therapy LLC社長)。大学卒業後、外資系企業勤務を経てネイルサロンを開業。14年前にハワイに移住し、5年前に起業。敏感肌専門のエステサロン、化粧品会社、美容スクール、通販サイト経営、セミナー、講演活動、教育移住コンサルタントなどをしながら世界を周り、バイリンガルの子供を国際ビジネスマンに育成中。2017年4月『経営者を育てハワイの親 労働者を育てる日本の親』(経済界)を上梓。

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

津山恵子のニューヨークレポート

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第16回)

米中間選挙で共和党が圧勝 16年大統領選はどうなる!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

グローバル化が進む中、多くのビジネスパーソンにとって英語力の向上は大きな関心事の1つ。日本人が相変わらず英語を苦手とする理由と解決策について、英語学習アプリで展開するポリグロッツの山口隼也社長を取材すると共に、同社が提供するサービスについても聞いた。(取材・文=吉田浩)日本でますます高まる英語学習熱  201…

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る