文化・ライフ

マルシンハンバーグの奇想天外なアイデアと販売手法

第14回Photo1

現在も販売されているマルシンハンバーグ

 今回は、昭和37(1962)年に全国販売が開始された“昭和の定番”マルシンハンバーグを分析してみます。

 実はマルシンハンバーグは当初、水産加工会社でした。今から半世紀以上前の昭和35年、創業者である新川有一氏は築地魚市場で水産加工会社を立ち上げ、魚をさばいて売っていました。

 その2年後、当時スパゲッティーやカレーなど洋食が流行りだしていたとき、たまたまハンバーグを食べる機会があり、直感でこれを家庭に普及させたら大成功する!と水産会社からハンバーグを作ろうという流れになり、マルシンハンバーグが誕生しました。

 築地で働いていただけあって、新川氏は当時高価だった牛肉ではなく、鯨肉、マグロなども混ぜ込む手法も思いつきました。ハンバーグが魚というのは、当時としてはとても常識はずれで奇想天外なアイデアであったことでしょう。それに豚肉を混ぜて、つなぎのパン粉などとともにラードを加えて「マルシンハンバーグ」として売り出しました。

 東京オリンピックの数年前の時代なので、家庭にはまだ冷凍冷蔵庫が普及していませんでした。そこで新川氏は、10度以下で約2週間くらいは鮮度を維持したいと考え、試行錯誤した結果、その手法を発明しました。

 特許を獲得したマルシン独自の「油脂コーティング」技術は、加熱後のハンバーグ全体にラードを薄く塗布することによって鮮度の維持ができるというものです。外側にラードがコーティングしてあるため、フライパンに油を引かなくてもそのまま乗せて焼くことができる簡便さも併せ持ちます。マルシンハンバーグの周りに白い油脂が付いているのを覚えている人も多いことでしょう。

 そして、もうひとつ、なるほどと感心するのが流通戦略です。新川氏は築地で水産加工業をしていた関係で、魚流通網を使って全国へ展開することを発想しました。これも見事な手法です。

 ただし、水産流通に乗せていたため、水産業者の間では、さつま揚げのオバケと言われていたそうです。

マルシンハンバーグのマーケティング手法は現代でも通用する

 さらに、ヒットの秘訣として挙げられるのは、食品にかわいいキャラクターを使った点。シンプルな白い袋に赤で女の子「みみちゃん」を付けて親しみやすさを演出し、情緒性を持たせたやり方は、現在でも使われるマーケティング手法です。

 テレビCMも昭和40~50年代に「ま~るしん、ま~るしん、ハンバーグ」という覚えやすいフレーズが特徴のCMを「ハクション大魔王」、「タイムボカン」などの子供向けアニメの時間に流していました。その時代に子供だった50代には、フレーズが頭に残っている人も多いことでしょう。

 特許製法で長持ちさせ、そのまま焼けるという商品の良さ、洋食文化が広まる時代に合わせた発売時期、シンプルなパッケージ戦略、CMも購入する主婦ではなくあえて子供をターゲットにした戦略は、なかなかのものだと感じます。

 さらに、現在はもうなくなりましたが、面白いのが「グーテンバーガー」という電子レンジ機能が付いたハンバーガー自動販売機を開発し、路上で販売した点です。筆者も小学生のころ近所にマシンがあり、買っていたのを覚えています。独特の味わいのフワフワしっとりしたバンズに、マルシンハンバーグ独特の味わいが印象に残っています。

マルシンハンバーグは正真正銘のヒット商品

第14回Photo2

発売当時と成分が変わったが美味しさは相変わらず

 現在でもスーパーで1個100円程度という安さで、棚にひっそりと並んでいます。筆者もたまに購入して、粒粒のついた英国マフィンにマルシンハンバーグを乗せて、ケチャップとマスタードをつけて挟んで食べています。

 本当に手軽で、安く、腹持ちも良いので重宝しています。コンビニで出来合いのものを食べるのと違って、自分で調理した感覚があるためか、いっそう美味しく感じます。

 最近のリニューアルで個人的に残念なのが、コーティングのラードの量が少なくなっているのではと感じる点。昔は、袋を空けると、焼けたハンバーグに白い油脂がついていたのですが、現在はカリカリの肉ではなく少し生に近いような雰囲気のハンバーグに、透明な油脂がコーティングされています。フライパンに乗せても昔のように、油が溶けてパチパチしません。

 少し残念ではありますが、基本の味わいはそのままだから良しとしましょう。原材料は当時のように鯨肉とマグロではなく、鶏、豚、牛肉が使われているので味わいは良くなっています。

 ひっそりとではありますが、50年以上も生き残っている「マルシンハンバーグ」は、正真正銘の大ヒット商品だと言えます。マルシンハンバーグ独特の、なぜか不思議な味わいが懐かしいと感じた方は、今晩の食卓に出して見てはいかがでしょうか。

山本康博氏の過去記事はこちら

++++++++++++

 (やまもと・やすひろ):ビジネス・バリュー・クリエイションズ代表取締役、ブランドマーケッター。日本コカ・コーラ、JT、伊藤園でマーケティング、新商品企画・開発に携わり、独立後に同社を設立。これまで携わった開発商品は120アイテム、テレビCMは52本製作。1年以上継続した商品を計算すると打率3割3分、マーケティング実績30年。現在では新商品開発サポートのほか、業界紙をはじめとしたメディア出演や連載寄稿、企業研修、大学等でのセミナー・講義なども多数実施。たたき上げ新商品・新サービス企画立ち上げスペシャリスト。潜在ニーズ研究家。著書に『ヒットの正体』(日本実業出版社)、『現代 宣伝・広告の実務』(宣伝会議)、英語著書『Stick Out~a ninja marketer~』(BVC)など。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年5月号
[特集] 巻き込む力
  • ・高岡浩三(ネスレ日本社長兼CEO)
  • ・唐池恒二(九州旅客鉄道会長)
  • ・河野 仁(防衛大学校教授)
  • ・入山章栄(早稲田大学大学院・ビジネススクール教授)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・中竹竜二(日本ラグビーフットボール協会理事)
  • ・時代も国境も超えた普遍のリーダーシップを学べるベストブックス
[Special Interview]

 小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)

 イノベーションを起こすために「人間とは何か」を問う

[NEWS REPORT]

◆零細企業でも活用できるインターネットM&A最前線

◆業界再編はあるのか 日本製鉄、巻き返しへの一手

◆技術研究所を解体してホンダは何を目指すのか

◆新型コロナウイルス治療薬 なぜ日本企業は創れないのか

[特集2]

 経営者に贈る「イロとカネの危機管理」

ページ上部へ戻る