文化・ライフ

今回のゲストのイゲット千恵子さんがハワイに移住したのは14年前のことだそうです。幼い子どもを連れての「癒しの旅」が、その後の人生を大きく変えることになりました。なぜハワイに渡ったのか。そしてどんな経緯で起業したのか。じっくりとお聞きしました。

イゲット千恵子氏の半生 病気が癒えて始めたハワイでの婚活

佐藤 イゲットさんはハワイを拠点にエステサロンの経営やオーガニック化粧品の通販を行っていますが、なぜ、ハワイに渡ったのですか。

20170221EGETT_P01

(いげっと・ちえこ)大学卒業後、外資系企業勤務を経てネイルサロンを開業。14年前にハワイに移住。5年前にハワイで起業、アラモアナでエステサロンを経営。このほか、オーガニック化粧品のみを扱うオンライン通販、自社ブランンド化粧品の製造販売・卸売りなど手広く展開している。

イゲット ハワイで暮らすようになってから14年がたちます。大学時代、ハワイに留学し、長男もハワイで出産していますが、その後離婚、ストレスもあり膠原病を患ってしまいました。医者に行っても治療法はないと言う。それなら温暖なハワイで、療養がてら人生を立て直そうと、3カ月の予定で訪れました。いわゆる癒しの旅です。

 私は膠原病からくる関節痛に苦しんでいましたが、ハワイは暖かいうえにストレスからも解放され、とても体調がよくなりました。そこで始めたのが婚活です(笑)。別れた夫は日本人でしたが、私がはっきりものを言う性格で、再婚するにしても日本にはマーケットがない、次は外国人がいい、と思っていました。そこで、現地の友人に紹介を頼んだところ、出会ったのが今の主人です。

佐藤 ご主人は何をされている方ですか?

イゲット ワイキキにある200社を束ねるビジネスアソシエーションの代表を務めています。行政と企業の橋渡し役で、ワイキキの開発やイベント、法整備などに関わっています。言ってみればワイキキ村の村長です。

 私は専業主婦として子育てをし、主人を支えていましたが、夫婦でイベントに出席することも多く、いろんなところについていきました。とても勉強になりましたが、そのうちに自分でも何かやりたくなってきました。

佐藤 それで起業したのですか。専業主婦にとっては大きな冒険ですね。

イゲット 実は日本にいる時にはネイルサロンを経営していました。大学卒業後、外資系企業で役員秘書をしていたのですが、手に職をつけようと、カリフォルニアでネイルアートの技術を学び、25歳でマンションの一室でサロンを開業したのです。今から20年前のことです。

日本でオンコロジーを伝道するイゲット千恵子氏

佐藤 もともとビジネスセンスがあったんですね。

イゲット 昔から社長になりたいなと思っていました。

 ハワイで起業したのは5年前ですが、その時思ったのは、どうせなら人の役に立ちたいということでした。私自身、成人性アトピーに長年、苦しんだことがあります。ハワイでのライフスタイルの変化で、ステロイドを使用せずに、オーガニックコスメで肌がきれいになっていきました。そうなると気分もまるで違ってくる。その経験から、美しくなることで人は元気になれる。そういったライフスタイルを提供できないかと考え、敏感肌専門のエステサロンを開きました。

佐藤 経営されているサロンはどんな特徴があるんですか。

20170221EGETT_P02イゲット お客さまのアレルギーの原因を探り出し、食事や生活習慣などのライフスタイルを提案し、トラブル肌が改善できると話題になり、世界からお客さまが健康的な美を求めていらしていただいています。同時にオンコロジーエステにも取り組んでいます。

佐藤 オンコロジーですか。あまり聞きなれない言葉ですね。

イゲット 化学療法や放射線治療の副作用による肌の不調に苦しむがん患者はたくさんいらっしゃいます。オンコロジーエステは、アメリカの腫瘍学に基づいた緩和療法のひとつで、患者さんたちのリンパの流れをよくし、スキンケアで肌の不快感を緩和します。タッチセラピー効果の高い、このエステを受けると、みなさん顔が明るくなり、すごく元気になります。今は日本でも普及させようと、帰国すると全国で講演活動を行っています。

イゲット千恵子氏が日本よりハワイでの起業を勧める理由

佐藤 イゲットさんは5年前にハワイで起業し、エステサロンやオーガニックオンラインショッピングなど、いくつもの事業を展開されています。かつては日本でもネイルサロンを開いていたそうですが、日本とハワイのビジネス環境は随分違うのではないですか。

20170307EGETT_P01

イゲット ハワイというかアメリカのいいところは、社会にいいものなら応援してもらえる、ということです。しかも女性やマイノリティーが優遇されているため、日本よりも女性が起業しやすいと思います。

 20年前の日本でネイルサロンを開業した時は、私ではマンションの一室が借りられず、父親の名前を借りて契約しました。でもアメリカでは、事業内容さえ良ければ女性だからといって断られることなんかありません。

 ただし、アメリカではいろんな問題が起きます。人種もさまざまですから、自分にとっての常識が相手にとっては常識ではないということもよく起こります。そんな問題をゲームをクリアするように解決していく。これが楽しい。型にとらわれることなく、自分のやり方で仕事ができる。これがアメリカのビジネスの魅力です。

佐藤 外から見ると、日本の物足りないところがよく分かるのではないですか。

イゲット 決断に時間がかかりすぎますね。これは主人もよく言っていることですが、日本企業とビジネスをしてもなかなか決まらないため、結局、よその企業と契約してしまう。スピード感がまるで違います。

 もうひとつ残念なのは、日本や日本人にはいいところがたくさんあるのに、アピールが下手なために相手にそれが伝わらないことです。本当にもったいないと思います。

イゲット千恵子氏が語るハワイでの子育てのメリットとは?

佐藤 イゲットさんのような生き方に憧れる女性は多いのではないですか。日本でも起業し、ハワイに渡って素敵な人と結婚。さらには現地でも起業し、幅広くビジネスを展開しながら活躍するなんて格好いい!

イゲット 私自身も若い人たちのお手本になれればいいと思っていますし、アメリカで女性リーダーの育成プログラムを受講するなど、いろんなことを勉強しています。

佐藤 ハワイで国際結婚する日本人も多いそうですが、けっこう離婚率が高いとか(笑)。

イゲット 確かに。夫婦というのはパートナーです。一緒に暮らしていてもお互いの成長スピードが変わってしまうと、相手の変化についていけなくなってしまう。それが理由で離婚する人も多いようです。でも離婚という言葉を使いたくないので、私はメンバーチェンジと呼んでいます(笑)。

佐藤 息子さんはおいくつになりました?

イゲット 16歳です。

佐藤 ハワイでの子育ては大変ではなかったですか。

イゲット ハワイでの子育てをいろんな人に勧めています。ハワイにはいろんな人種が暮らしていますが、全米唯一、人種が仲良く混じり合って暮らしている州です。小さい頃から、この環境で暮らすことが、子どもにとっても大きな財産になります。もちろん英語も身につきます。授業料は高いですが、ここで暮らすことで国際的な人脈を、子どもだけでなく親もつくることができます。素晴らしい環境です。

〜対談を終えて〜

20170307EGETT_P02対談を読んでいただければ分かるように、イゲットさんはとてもハキハキした方で、お話しを聞いているだけで気持ちいい。こういう魅力的な女性が国際的に活躍することをうれしく思います。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る