文化・ライフ

今回のゲストのイゲット千恵子さんがハワイに移住したのは14年前のことだそうです。幼い子どもを連れての「癒しの旅」が、その後の人生を大きく変えることになりました。なぜハワイに渡ったのか。そしてどんな経緯で起業したのか。じっくりとお聞きしました。

イゲット千恵子氏の半生 病気が癒えて始めたハワイでの婚活

佐藤 イゲットさんはハワイを拠点にエステサロンの経営やオーガニック化粧品の通販を行っていますが、なぜ、ハワイに渡ったのですか。

20170221EGETT_P01

(いげっと・ちえこ)大学卒業後、外資系企業勤務を経てネイルサロンを開業。14年前にハワイに移住。5年前にハワイで起業、アラモアナでエステサロンを経営。このほか、オーガニック化粧品のみを扱うオンライン通販、自社ブランンド化粧品の製造販売・卸売りなど手広く展開している。

イゲット ハワイで暮らすようになってから14年がたちます。大学時代、ハワイに留学し、長男もハワイで出産していますが、その後離婚、ストレスもあり膠原病を患ってしまいました。医者に行っても治療法はないと言う。それなら温暖なハワイで、療養がてら人生を立て直そうと、3カ月の予定で訪れました。いわゆる癒しの旅です。

 私は膠原病からくる関節痛に苦しんでいましたが、ハワイは暖かいうえにストレスからも解放され、とても体調がよくなりました。そこで始めたのが婚活です(笑)。別れた夫は日本人でしたが、私がはっきりものを言う性格で、再婚するにしても日本にはマーケットがない、次は外国人がいい、と思っていました。そこで、現地の友人に紹介を頼んだところ、出会ったのが今の主人です。

佐藤 ご主人は何をされている方ですか?

イゲット ワイキキにある200社を束ねるビジネスアソシエーションの代表を務めています。行政と企業の橋渡し役で、ワイキキの開発やイベント、法整備などに関わっています。言ってみればワイキキ村の村長です。

 私は専業主婦として子育てをし、主人を支えていましたが、夫婦でイベントに出席することも多く、いろんなところについていきました。とても勉強になりましたが、そのうちに自分でも何かやりたくなってきました。

佐藤 それで起業したのですか。専業主婦にとっては大きな冒険ですね。

イゲット 実は日本にいる時にはネイルサロンを経営していました。大学卒業後、外資系企業で役員秘書をしていたのですが、手に職をつけようと、カリフォルニアでネイルアートの技術を学び、25歳でマンションの一室でサロンを開業したのです。今から20年前のことです。

日本でオンコロジーを伝道するイゲット千恵子氏

佐藤 もともとビジネスセンスがあったんですね。

イゲット 昔から社長になりたいなと思っていました。

 ハワイで起業したのは5年前ですが、その時思ったのは、どうせなら人の役に立ちたいということでした。私自身、成人性アトピーに長年、苦しんだことがあります。ハワイでのライフスタイルの変化で、ステロイドを使用せずに、オーガニックコスメで肌がきれいになっていきました。そうなると気分もまるで違ってくる。その経験から、美しくなることで人は元気になれる。そういったライフスタイルを提供できないかと考え、敏感肌専門のエステサロンを開きました。

佐藤 経営されているサロンはどんな特徴があるんですか。

20170221EGETT_P02イゲット お客さまのアレルギーの原因を探り出し、食事や生活習慣などのライフスタイルを提案し、トラブル肌が改善できると話題になり、世界からお客さまが健康的な美を求めていらしていただいています。同時にオンコロジーエステにも取り組んでいます。

佐藤 オンコロジーですか。あまり聞きなれない言葉ですね。

イゲット 化学療法や放射線治療の副作用による肌の不調に苦しむがん患者はたくさんいらっしゃいます。オンコロジーエステは、アメリカの腫瘍学に基づいた緩和療法のひとつで、患者さんたちのリンパの流れをよくし、スキンケアで肌の不快感を緩和します。タッチセラピー効果の高い、このエステを受けると、みなさん顔が明るくなり、すごく元気になります。今は日本でも普及させようと、帰国すると全国で講演活動を行っています。(後編に続く

似顔絵=佐藤有美 写真=佐藤元樹

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。100年弱の歴史を持つ高砂香料工業── まず御社の特徴をお聞かせください。桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

コエンザイムQ10のCMで知名度向上、売上高1兆円を目指すカネカ--カネカ社長 角倉 護

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年9月号
[特集]
65歳からのハローワーク

  • ・総論 働く上で「年齢」は意味を持たなくなる
  • ・50歳からの15年間の準備が豊かなセカンドライフを保証する
  • ・エグゼクティブのセカンドキャリア最前線
  • ・企業のシニア活用(富士通、ネスレ日本、鹿島)
  • ・副業のすすめ 現役時代の副業は定年以降のパスポート
  • ・島耕作に見るシニアの今後の生き方 弘兼憲史

[Special Interview]

 赤坂祐二(日本航空社長)

 「中長距離LCC事業には挑戦する価値がある」

[NEWS REPORT]

◆社員の3分の1を異動したWOWOWの危機感

◆迷走か、それとも覚醒か B2Cの奇策に出るJDI

◆外国人労働者受け入れ解禁で どうなる日本の労働市場

[特集2]

 開幕まで1年!

 ラグビーワールドカップ2019

ページ上部へ戻る