マネジメント

 厚生労働省によると、有効求人倍率が1.49倍(平成29年5月)に達したとのことだ。これは、過去に最も高いとされたバブル経済期の1.46倍(平成2年7月)を超えている。その一方で、中小企業基盤整備機構が平成29年3月に実施した調査によれば、7割以上の中小企業において人手不足を感じているとの結果が出ている(人手不足に関する中小企業への影響と対応状況)。人手不足感は、時間経過とともに増していると言わざるを得ない。これらと相まって、育児・介護問題もより一層深刻な状況に陥ることが予測される。仕事の担い手が減少している以上、これまで“どうにかなってきた”ことも、“どうにもならない”事態が目前に迫りつつある。だからこそ、来たる時に備え、これらの変化に対応できる職場環境作りを今のうちから整備する必要がある。黙っているが、社員達はしっかりと見ているからだ。[提供:経営プロ]

黙って、でも確実に社員は見ている

 育児・介護休業取得実績のある会社であればともかくとして、中小企業(特に少人数規模の会社)では、これらの実績がまだないという会社も多い。

 実績ゼロの理由は様々だが、例えば、社員が育児・介護と就労の両立は無理だろうなと会社の意向を忖度して自ら退職するケース。出産や介護の相談を持ちかけたら、会社からパート社員等への契約変更、あるいは一旦退職を求められ、これに応じたケース等が考えられる。

 もちろん、これらは男女雇用機会均等法や育児・介護休業法で禁止されている不利益取扱いに該当するためアウトである。だが、法整備が進んだ現在においても、中小企業では珍しいことではない(中小企業が皆そうだと述べている訳ではないので、念のため誤解のないようここで断っておきたい)。

 働き方の制約を受けざるを得ない社員が実際に出てきたとき、周りの社員達は、会社がどう対応するのか?その行く末を自身に置き換える形でまじまじと見ている。生活の源泉である場所だけに、自身に不測事態が生じた時、会社は自分達とどう向き合ってくれるのかを見届けることは当然と言えば当然の行動と言えよう。

 もう何年も前の話になるが、ある中小企業(規模は25名程。以下「X社」)で出産を控えた女性社員(以下「Aさん」)が初めて登場した事例がある。時を同じくして筆者が関与した訳であるが、AさんもX社も相当悩んでいた。Aさん側の希望は、できることなら仕事と子育てを両立したい。X社としても、働き続けて欲しいのは山々だった。

 しかし、休業したらAさんが担ってくれていた仕事をどうすべきか。また代替要員を確保すべきか、Aさん復帰後は余剰人員へ繋がらないか等々を心配していた。またX社には、Aさんの後にも結婚・出産・育児を控えることになるだろう女性社員が複数人在籍していたのである。

 結果は……、うまく行った。今でもAさんは子育てをしながらX社に勤務している。その後、立て続けに2名の社員が休業取得し復帰するに至っている。今頃になって、この女性社員達が筆者に話してくれたことがある。皆それぞれに、出産を機に辞めなければならないだろうなと思っていたそうだ。ただAさんが休業し、実際に復帰する過程を間近でみていて、自分達もこの会社で働き続けることができるんだ! と安心したという。X社における自分のキャリアを長期的な観点で考えられるようになったとも語ってくれた。また全社的にも、お互い様精神で各々が今まで以上に考えて仕事をするようになり、職務分担・効率・合理化等が進められ連帯感が増したそうである。

 今後は、団塊世代が後期高齢者に突入する。育児の問題もさることながら、今以上に介護の問題が現実味を帯びてくる。加えて団塊ジュニア世代は40代だ。社内で役職に就く者が多く、責任ある仕事を任されている場合が多いだろう。

 その社員達が親族介護等によって、制約された働き方や休業せざるを得ない事態に陥ることを今から考えておかねばならない。対応が遅れれば、企業の屋台骨である社員達が辞めてしまうことに繋がるからだ。冒頭で触れたとおり、人手不足が顕著である。ネームバリューが低い中小企業では採用困難な事態が続くと推察される。

 対策としては、既存社員が外部流出しないよう注視しつつ、新たな人材を確保して人員を増やす形が望ましい。したがって、生産性を高めることはもとより、就業環境の整備、すなわち、作業合理化・効率化による時短化や在宅勤務制度の導入等を進めることは喫緊の課題である。これこそ、いま叫ばれている“働き方改革”そのものではないだろうか。

 社員達は、黙っているが自分の会社の取り組みを、自身の将来と重ね合わせてしっかりと見ている。自社の大切な人材を失わないためにも、肝に銘じておきたい。

SRC・総合労務センター 株式会社エンブレス 特定社会保険労務士 佐藤正欣】  

 

 

keieipro_logo_R

 

 

 

【経営プロ関連記事】

長時間労働是正が新たなイノベーションを生む!?

経営者と従業員の働き方に関する意識調査からみるテレワーク活用の現状

労使協調路線の崩壊か? 官製春闘4年目の行方

電通だけの話ではない過労死問題

長時間労働削減に必要な視点

ストレスフリーを実現させるオフィス環境とサテライトオフィス

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件に学ぶ 不祥事対応のプリンシプル

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

「ブラック企業」という評価の考察

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。100年弱の歴史を持つ高砂香料工業── まず御社の特徴をお聞かせください。桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

コエンザイムQ10のCMで知名度向上、売上高1兆円を目指すカネカ--カネカ社長 角倉 護

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年9月号
[特集]
65歳からのハローワーク

  • ・総論 働く上で「年齢」は意味を持たなくなる
  • ・50歳からの15年間の準備が豊かなセカンドライフを保証する
  • ・エグゼクティブのセカンドキャリア最前線
  • ・企業のシニア活用(富士通、ネスレ日本、鹿島)
  • ・副業のすすめ 現役時代の副業は定年以降のパスポート
  • ・島耕作に見るシニアの今後の生き方 弘兼憲史

[Special Interview]

 赤坂祐二(日本航空社長)

 「中長距離LCC事業には挑戦する価値がある」

[NEWS REPORT]

◆社員の3分の1を異動したWOWOWの危機感

◆迷走か、それとも覚醒か B2Cの奇策に出るJDI

◆外国人労働者受け入れ解禁で どうなる日本の労働市場

[特集2]

 開幕まで1年!

 ラグビーワールドカップ2019

ページ上部へ戻る