政治・経済

信託銀行の収益の柱のひとつが法人向け融資業務だ。三菱UFJ信託銀行の場合、融資額は12兆円に達する。しかしこの5月そのすべてを本体から切り離すと発表した。収益的には痛手だが、その代わりとして、今後同行は、1兆円規模のM&Aを行っていくという。その狙いは何か。文=関 慎夫 Photo:佐藤元樹

三菱UFJ信託銀行が視野に入れる1兆円規模のM&A

三菱UFJ2

 「国際的な競争に勝つために現在50兆~60兆円の運用資産を100兆円にまでもっていく。そのために1兆円規模のM&Aを行っていく」と語るのは三菱UFJ信託銀行の池谷幹男社長。

 発言の詳細は75ページに記したが、兆単位のM&Aは日本の金融機関では過去に例がない。生損保では1千億円単位の買収が頻発しているが、いずれも1兆円には届かない。リーマンショック後、三菱東京UFJ銀行がモルガンスタンレーに出資したが、これも9千億円強だった。もちろん、三菱UFJ信託がこれから行うM&Aは1件ではなく、複数の企業を買収する総額だから単純な比較はできないが、重要なのはこれまで目立つことのなかった信託銀行が、巨額M&Aを目標として掲げたことだ。そこに同社の意気込みが見て取れる。そして三菱UFJ信託は、M&Aへの取り組みだけでなく、新しい信託銀行の姿を模索し、動き始めようとしている。

 三菱UFJ信託は三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の100%子会社。つまりM&Aをはじめとするさまざまな動きはMUFGの戦略に沿うものだ。

 MUFGは今年5月、「MUFG再創造イニシアティブ」というグループ戦略を発表した。その中には、商業銀行の三菱東京UFJ銀行を三菱UFJ銀行へと変更することも含まれていた。そのため1996年の三菱銀行と東京銀行の合併以来続いてきた「東京」の2文字が消えることばかりが話題になったが、再創造イニシアティブの中身ははるかに大掛かりなものだ。

 グループ一体型経営を推進することでステークホルダーに最善の価値を提供しようという狙いで、1年間かけて具体策を決め、来年4月から本格的に動き出す。その内容は、①グループベースでの顧客・事業軸運営の強化、②デジタルを活用した事業改革、③生産性向上に向けたイニシアティブ、④グループ経営体制の再構築――の4本柱からなる。

 三菱UFJ信託もこの方針に従って事業の中身を大きく変えようというわけだ。

 中でも一番大きな動きが、「法人向け融資業務を切り離し、商業銀行と一本化する」というものだ。顧客から資産を預かる信託業務と、銀行業務は本来違う業務だが、日本の信託銀行はその両方の業務が認められている。

 三菱UFJ信託の法人向け融資残高は12兆円。このすべてを三菱東京UFJ銀行(商業銀行)に移管し、三菱UFJ信託としては今後法人融資を行わないというのだから思い切った決断だ。これにより、これまでの貸し出し中心主義から脱却し、信託としての機能を強化し、「新しい信託銀行モデルを構築する」(池谷社長)というのだ。

 信託銀行の法人融資はこれまで、融資を切り口に法人顧客に不動産、年金、証券代行などのサービスを一体的に提供するところに強みがあった。これが「信託バンキング」と呼ばれるビジネスモデルだが、今後は信託バンキングモデルをMUFG全体で展開していく。そのために、現在三菱UFJ信託の法人営業部の百数十人は、そのまま商業銀行に出向しチームを編成、そのノウハウ、スキルをグループ全体に広める役割を担うことになる。

5つの柱で目指す新しい信託銀行像とは

 その上で目指す「新しい信託銀行モデル」とはどのようなものなのか。その戦略は次の5本柱からなる。①資産運用・資産管理事業の拡大、②企業のコーポレートガバナンスコード対応支援、③不動産ビジネス強化、④ウェルスマネジメント、⑤地銀等へのサポート――の5つである。

 中井貴一、真田広之、柳沢慎吾の3人が出演する三菱UFJ信託のテレビコマーシャルを見たことがある人も多いだろう。最近のCMでは、相続を相談するために彼らが信託銀行窓口を訪れている、これが④のウェルスマネジメントだ。日本の個人資産1800兆円のうち6割以上を60歳以上の世代が持っている。そして団塊世代が70歳を迎え始めた。日本の「大相続時代」が間もなく始まる。資産を持つ人は、できるだけ有利な形で子や孫に承継したいもの。また受け取る側は、一番資金需要のある時に親の資産を使わせてもらいたいというのが本音だろう。信託銀行はそこにビジネスチャンスを見いだしている。

 ただし、よほどの富裕層でなければ信託銀行の敷居は高く、一度も訪れたことがない人も珍しくない。そこで三菱UFJ信託ではその敷居をできるかぎり下げようと、50代の俳優を起用したテレビCMを放映しているのだ。

 また、三菱UFJ信託銀行本店に隣接する日本工業倶楽部ビル1階に「信託銀行博物館」を2年前に開設した。これは信託の歴史を学ぶことができる施設で、無料で公開しているが、場所は東京駅前の一等地。家賃もけっして安くないはずだが、これも一般の人に信託を知ってもらおうとの考えからだ。

 さらには三菱UFJ信託では店舗の改装にも着手。全国に五十数店ある支店のうち3店をサロン的空間につくりかえ、ゆったりと資産運用の相談に乗っている。

 また②の企業コーポレートガバナンスコードの対応支援とは、企業に対するコンサルだ。もともと信託銀行は、顧客企業の株主名簿管理から株主総会支援、買収防衛策など会社法務に関するさまざまなソリューションを提供してきた。しかもここきて役員報酬制度など、コーポレートガバナンスコード対応が迫られている。そうした企業に対するさまざまなコンサルを今後、拡充していく方針だ。

資産運用の倍増目指しM&Aを継続

 しかしこのような事業以上に三菱UFJ信託の今後の鍵を握っているのが、5本柱の中で最初に挙げられている資産運用(AM)事業、資産管理(IS)事業の拡大だ。同行はこの分野でグローバルに通用するプレーヤーを目指している。

 多くの産業がそうだが、既に国内事業だけで成長を図ることは難しくなっている。信託にしても同様だ。しかしこれまでのところ、日本の信託の世界的なポジションは低い。海外展開しているといっても、主たる顧客は日系企業。海外で資産運用するにしても、日本で信託された資産の運用にすぎない。これでは国際的プレーヤーとは言い難い。

 それでも、ISについてはグローバル化が進みつつある。三菱UFJ信託は2013年から16年にかけて海外のIS管理会社5社を相次ぎ買収した。ISにはヘッジファンド向けなど4分野があるが、一連の買収で三菱UFJ信託は4分野すべてをフルラインで持つことになった。これは日系金融機関では初めてで世界でも10社に満たない。

 「ISに関しては買収効果が出ている。何より当社の本気度が伝わるのか、著名な運用会社からもビジネスを持ち掛けられることが増えてきた」(池谷社長)

 今後はオーガニックに収益拡大を目指しつつもM&Aも継続する方針だ。

 問題はAM事業。現在の三菱UFJ信託の運用資産残高は50兆~60兆円で世界的に見ると40位前後。それに対して世界のAM会社の巨人、ブラックロックの運用資産は500兆円に達し、三菱UFJ信託とは10倍の格差がある。これでは存在感など発揮できようもない。

 「AMはこれからも成長する。しかしその分、競争も激しい。その中で存在感を持つためにも運用資産を100兆円を超えるまでにもっていき世界15位以内を目指す」(池谷社長)

 つまり運用資産を現在の2倍に増やそうというのだ。これをオーガニックな成長だけで達成しようというのは容易ではない。そこで出てくるのが、冒頭に記した1兆円規模のM&Aだ。

 法人融資部門を商業銀行に移管したことにより自己資本に余裕が生まれた。そこにMUFGの資本も活用してM&Aによる規模拡大を目指していく。その対象は海外のAM会社でマジョリティの取得を目指す。

 M&Aによって手に入れるのは規模だけではない。同時に資産運用能力の向上も目的のひとつだ。

 残念ながら、運用能力において日本企業は欧米企業に比べて劣っている。海外のAM会社を手に入れることで、人材とノウハウを手に入れることができる。それによって三菱UFJ信託は資産運用プレーヤーとしての能力を一段高いところまで引き上げることができる。

 「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」という。法人融資業務の事業移管という、言わば自らの身を切ることを決断した三菱UFJ信託は、それによって余裕のできた自己資本により、世界に通用する資産運用能力を身につけようとしている。その思い切った決断が身を結ぶかどうかに、新しい信託銀行の未来がかかっている。

<海外の資産運用会社買収で国際的プレーヤーに>池谷幹男(三菱UFJ信託銀行社長)

三菱UFJ1

池谷幹男・三菱UFJ信託銀行社長

―― 法人向け貸し出し業務を三菱東京UFJ銀行に移管しました。その狙いは。

池谷 今まで当行と商業銀行がそれぞれ融資業務を行ってきましたが、それを一体化することでグループとしての機能をより強化しようということです。当行は融資を切り口に、不動産、年金、証券代行などのサービスを一体的に提供してきましたが、これをグループ全体に拡大していきます。そのため当行の融資部隊は商業銀行へ出向してチームをつくり、銀行と一体で信託バンキングモデルを推進します。

―― この事業は収益の大きな柱です。これを失うことは経営的にも損失になるのではないですか。

池谷 当社の法人向け融資は12兆円あります。確かにこれはなくなりますが、その分、自己資本に余裕が生まれます。その余裕を利用して1兆円規模のM&Aを行っていきます。

―― 過去数年間にわたり、海外企業の買収を繰り返してきました。その規模を拡大していくということですか。

池谷 これまで買収してきたのは資産管理です。この効果が既に出てきており、著名な資産運用会社からいろいろな提案を持ち掛けられるようになりました。しかし今度、M&Aを行おうというのは資産運用会社です。

 当行の運用資産残高は現在50兆~60兆円です。これを企業買収によって100兆円以上にもっていく。それによって現在世界40位前後の運用資産残高ランキングの15位以内を目指します。そうすることでやっと国際的なポジションを得られると考えています。

 残高にこだわるのは、残高が多いほどお客さまに支持されているということだからです。世界にはブラックロックのような巨人がいるほか、残高が100兆円を超える運用会社はいくらでもある。その中で戦っていくにも規模は欠かせません。

―― 国際的なプレーヤーになるために現在欠けているところは。

池谷 運用先進国はやはり欧米企業です。われわれはそこでは活躍できていません。現に預かっている資産は日本のお客さまが大半です。海外の企業を買収することで、そのノウハウを身につけていき、世界に通用するプレーヤーを目指します。

 

【政治・経済】の記事一覧はこちら

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

売上実績トップ企業に聞く「住宅リフォームの最新トレンドと課題」―榎戸欽治・ニッカホーム会長

素人にはなかなか分かりにくい住宅リフォームの世界。最近の業界動向と事業戦略について、売り上げ規模で全国ナンバーワンを誇るニッカホーム創業者の榎戸欽治会長に聞いた。(聞き手=吉田浩)榎戸欽治氏プロフィールリフォーム業界におけるニッカホームの競争力水廻りと木工事を絡めた中型リフ…

榎戸欽治・ニッカホーム会長

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

新社長登場

一覧へ

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

2019年4月、国内インターネット専業証券で初の女性社長が誕生した。創業者であり、カリスマ社長と呼ばれた松本大前社長から後任を託されたのが清明祐子氏。清明氏は09年にマネックスグループに入社し、子会社社長やグループ役員を経て、マネックス証券の社長に就任した。清明社長はカリスマの後任としてどんな会社をつくってい…

マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年12月号
[特集] 沸騰する食ビジネス!!
  • ・食ビジネスが熱い!! 未来型食品が社会課題を解決する
  • ・市場規模70兆円! 食ビジネスが過熱するわけ
  • ・完全バランス栄養食で誰もがラクして健康になれる
  • ・人工光型植物工場で世界の食と農に新しい常識を
  • ・宇宙食ビジネスで勝ちに行く 10年後に5千億円市場創出へ
  • ・“大人の給食”で栄養の基盤をつくる
  • ・人工肉で糖質制限者に無制限のおいしさを
  • ・テクノロジーで高品質なジビエ調達が可能に
  • ・昆虫食ビジネスの時代到来
[Special Interview]

 伊藤秀二(カルビー社長)

 掘り出そうカルビーの未来

[NEWS REPORT]

◆エンジニアへの高額給与で 富士通は生まれ変われるか

◆豊田章男・自工会会長が挑む東京モーターショー100万人

◆消費増税で現金主義は終焉 キャッシュレス時代が到来した

◆加速するeスポーツ市場! インテルが東京で世界大会を開催

[総力特集]

経済界創刊55周年記念 新しい日本のかたち

東京1964からの55年と東京2020以降の日本の姿

ページ上部へ戻る