マネジメント

 前回のワールドカップで優勝候補の南アフリカを破るなど躍進を遂げたラグビー日本代表。2019年大会は日本で開催されることもあり、さらなる活躍が期待されるが、その代表チームを共同主将のひとりとして束ねるのが立川理道選手。その高いリーダーシップで所属チームのクボタ、スーパーラグビーのサンウルブズでも主将を務める。異なる3つのチームを率いるリーダーは、どうやって誕生したのか、本人に聞いた。聞き手=古賀寛明 Photo=山内信也

新人でもベテランでも対応を変えないと語る立川理道氏

201710RUGBY_p01

たてかわ・はるみち 1989年、奈良県生まれ。天理大学卒業後、クボタスピアーズに所属。2012年4月のカザフスタン戦で日本代表初キャップを獲得し、15年のワールドカップにも出場。現在、日本代表で堀江翔太選手、スーパーラグビー・サンウルブズでもエドワード・カーク選手と共に共同主将を務め、クボタスピアーズでも主将。ポジションは主にセンター。180センチメートル、94キログラム。

―― 3つのチームでキャプテンをされていますが、昔からリーダーを任されていたのでしょうか。

立川 いや、全くそんなことはなくて、一つ上の兄(同じクボタスピアーズに所属する立川直道選手)のほうがみんなを引っ張っていくタイプでしたので、僕はその後をついていくだけでした。ただ、高校、大学と兄がキャプテンをした翌年にキャプテンを務めるといった具合になっていました。とはいえ、兄の真似をするだけでしたね。

―― リーダーシップを評価する声が高いですが、自身をどのようなリーダーだと思われていますか。

立川 リーダーとしての行動を強く意識するようになったのは日本代表を経験してからです。もともと、そんなに積極的に発言をするタイプではないので、プレーで引っ張っていきたいとは思っています。褒めていただくのはうれしいのですが、自分のどこにリーダーシップがあるのか、よく分からないんです(笑)。ただ、周囲からは、人とのつながりをフラットに考えているので、新人でもベテランでも対応が変わらない、とは言われます。日本のスポーツにありがちな上下関係に縛られることがなかったことが影響していると思います。いつも同じチームに兄がいましたから好きなことを言えましたし、好きなことを言える分、後輩からも思ったことを遠慮なく言ってもらう環境づくりは考えていました。

―― 実際にチームづくりではどのようなことに注意していますか。

立川 私は決めきれないところがあって、監督や他のリーダーとよく話し合って方向性を決めています。ラグビーはコミュニケーションが大事ですので、普段から積極的に取らないと意思疎通がうまくいきませんからそこは気をつけています。また、試合には15人しか出られませんが、スピアーズには選手が50人ほどいます。出場できない選手の辛さは分かりますから、出られない選手の存在意義を見いだしてあげれば、その選手もチームのために頑張れると思うので、いつも出場する選手よりも、そうした縁の下の力持ち的な存在の人に気を配っています。その方がチームとしても機能すると思いますね。

―― サンウルブズや代表は共同キャプテンですが違いはありますか。

立川 両チームとも、寄せ集めのチームですから短期間でひとつのチームにするのが難しいということも共同キャプテンの理由のひとつでしょう。サンウルブズは特に外国人選手も多いので、もうひとりのキャプテンであるカーク(エドワード・カーク選手)と緊密に連絡をとっています。僕がケガして出られない場合でも、週1回くらいは連絡しています。また代表では、堀江(翔太選手)さんがずっと日本代表に入っていますしベテランでもあるので、しっかり先頭に立ってもらって僕は支える役目です。サンウルブズにしても代表にしても、プレースキルも意識も高い選手ばかりですので、チームづくりという点ではあまり難しさは感じません。

―― ラグビーのキャプテンには、ゲーム中、レフェリーとのコミュニケーション能力も求められますね。

立川 そうですね。ジェイミージャパンになってからは、レフェリーと前日にしっかりと話せる場を設けてもらえるようになりましたので、自分たちのチームの傾向を伝え、レフェリーからも、日本のこのプレーは誤解を招きやすいから注意したほうがいいといった意見をもらえるようになりました。いろんな国、いろいろなタイプの方が笛を吹くのですが、英語が母国ではないフランスやアルゼンチンなどのレフェリーとは、意外と分かり合える気がします(笑)。

―― 自分のパフォーマンスが悪い時、キャプテンシーに影響しますか。

立川 そういう時こそ、逆に声を出すようにしています。それは、自分にプレッシャーをかける意味もあるのですが、リーダーが沈むとチームも決して良い方向にはいきません。ですから、そういう時こそ、いまチームがやろうとしていること、例えばタックルが良くなければ、「タックルに集中しよう」など短い言葉で伝えるようにします。もし、そこで上下関係があれば「何言ってんだよ」ということになるので、そこは普段からなくすようにしていますね。

―― これまで、参考にしたいと思ったリーダーはいましたか。

立川 兄もそうなんですが、代表に入った時にキャプテンを務められた東芝の廣瀬(俊朗選手・現在は引退)さんですね。ひと言でもいいからチーム全員と言葉を交わすことを自分に課していたり、普段の生活でも、裏方さんやスタッフへのさりげない気遣いができる人です。

―― 最後に、立川選手が考えるリーダーにとって大事なことは。

立川 きちんと自分の意見が言えて、ブレない人です。上がブレるとチームも安定しないし、率直な意見を言えないようでは、この人についていこうとは思わないですからね。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る