テクノロジー

山岳遭難救助における有用性を買われ、『HITOCOCO(ヒトココ)』は順調に利用者の裾野を広げていった。しかし、久我氏はそれに満足することなく、ユーザー満足度調査の結果からブラッシュアップのヒントを探していった。

 

山岳遭難救助でヘリが使えれば….

0201710GOLDEN_P01

 

 ヒトココのブラッシュアップのために、久我氏が行ったのはやはり、ユーザーへの満足度調査だった。対象は最初に購入してくれた100人。約75%が“非常に満足”・“満足”と高評価で、“どちらでもない”が10%程度、残りの5%程度が“不満”という回答だった。不満と答えた人のコメントはGPS機能がないことなど、あえて切り捨ててきた機能への指摘がメインだったため、ユーザーとのミスコミュニケーションの問題と判断できた。

 「注目したのはフリーコメント欄です。“満足”と回答しても不満をお持ちのこともある。そこにヒントがあるはずなんです」

 案の定、コメントからは2つの意見が浮かび上がってきた。ひとつは「価格が高い」。自分以外の人にも気軽に勧められる価格にしてほしいとの声である。もうひとつは「遭難したらすぐに来てほしい」という要望だった。

 事態を打開する貴重な出会いのきっかけとなったのは、後に久我氏が「これは絶対に運命だと思った」と語る1本の電話だった。電話の主は金沢に本社を置き、ヘリコプターでの航空運送事業を手掛けるアドバンスドエアーの社長だった。社長は久我氏に会うために、ヘリで久我氏がいる福岡まで飛んできた。駅前の馬刺し屋で向き合いながら久我氏は尋ねた。

 「どうして来てくださったんですか? 性能はもうお分かりなのに」

 「命を預かるものだから、メーカーの人間がどんな人物なのか、どういう姿勢で事業に臨んでいるのか知っておきたかったんですよ」と、最後に社長は言った。

 その日の夜、彼の頭に浮かんだのはユーザー満足度調査のコメントにあった「遭難したらすぐにでも飛んできてほしい」の文字だった。

 飛んでいけるかもしれない。ヘリさえあれば。

 

山岳遭難の行方不明者ゼロを目指し、会員制ヘリ捜索サービスを開始

 

0201710GOLDEN_P02 しかしヘリの単価は高い。ヒトココの付帯サービスという位置付けで運用すると高額な料金を請求せざるを得なくなってしまう。

 「ヘリで捜索するという救助インフラを会員制で運用できないかと考えました。“高い”と言われた子機はタダに。つまり売らずに貸そうと思ったんです」

 “会員にヒトココを貸し出し、いざという時には捜索ヘリが飛んでくるサービス”。ビジネスの概要は固まった。問題は会費をいくらにするかだ。

 結果、たどり着いたのが年会費3650円、1日当たり10円という価格だった。これならそれほど躊躇なく払えるのではないか。

 ただし何回でも無制限にヘリを飛ばせるとなると、事業リスクとなってしまう。そこで捜索の上限は1案件につき3回までにした。ヘリ会社へは会費から一定の割合をシェア。双方がストック型ビジネスのメリットを享受できる仕組みとなった。

 2016年5月、会員制捜索ヘリサービス『COCOHELI(ココヘリ)』がスタートした。オンライン登山届であるコンパスを併用することで、本人が救助要請できない状態でも捜索の開始が可能だ。生存率が大きく下がる72時間の壁を突破できる可能性が劇的に高くなった。

 生存率の向上だけでなく、山岳遭難の行方不明者をゼロにすることも大きな目標だ。山岳保険への加入は登山者の過半数が入っている。捜索費用は保険でカバーすることも可能だが、補償金額には上限があるため際限なく捜索することは難しい。

 しかし生存の可能性が限りなく低くなったとき、捜索を中断できるかというと答えはNOだ。心情的な理由だけでなく、経済的な理由でも「行方不明」のままにしておくわけにはいかない。なぜなら生命保険や住宅ローンの団体信用生命保険の保険金は「死亡」が確認されないと支払われないからだ。会社員であれば「欠勤」扱いになり給料も入らず、退職金も出ない。行方不明の状態が続いた場合に法律上、死亡とみなされる失踪宣告が受けられるのは7年後。莫大な費用を掛け続けて捜索を継続しても、諦めて7年間待っても、家族の生活がかなり厳しいものになる。ヒトココの役割は、金銭面でも非常に大きいものとなっている。

 久我氏と技術者である芦田氏、飯田氏が描いた夢は現実になった。登山者だけでなく、ときに社会的弱者となり得るすべての人たちに、オーセンティックジャパンは本物のサービスで寄り添い続ける。

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

電力業界のイノベーション

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

[連載] エネルギーフォーカス

日本は再生エネルギーで世界トップとなる決断を

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る