文化・ライフ

「仕事ではファッションが大事」と言えば、大事なのは中身だと反論されるかもしれない。だが、「仕事では印象(インプレッション)が大事」と言い換えれば、おそらく異論は少ないだろう。「ファッションとは、その人の内面、在り方を表すもの」と考えれば、そのプライオリティは高まるはずだ。ファッションスタイリストジャパン(FSJ)でスタイリストを務める吉川浩太郎氏が、ファッションとの向き合い方、具体的なテクニックなどを、ビジネスパーソンに向けて伝授する。

スーツの既製品を購入する際に気をつけるポイントーー鏡を見るときは横からもチェック

 セルフイメージを高めて自信が持てるようになるには、スーツなどはやはりオーダーメードのものを着るのがベストです。ただ、将来的にはそうしたいと考えていても、現状ではまだそこまで気持ちや状況が至らないという方もいらっしゃるかと思います。

 そこで、今回は既製品を購入する際に気を付けていただきたいポイントをいくつか紹介します。

 まず、サイズ感が重要であることは当然ですが、最も基本となるのは着丈と袖の長さです。特に着るスーツの丈はサイズを詰めすぎると、腰ポケットの位置に掛かってしまうので調整には限界があります。ですから、できるだけ丈がフィットしたものを選び、必要であれば袖の直しを行いましょう。

 肩幅や胴回りなど、スーツ全体の形に影響する部分の直しに関しては、量販店では対応できないことも多々あります。そんな場合はお直し屋さんなどを活用すると良いでしょう。いずれにせよ、サイズを変えられない部分がしっかりフィットしているかどうか、最初にチェックしておくことが大事です。

 既製服は基本的に標準体型の方を基準につくられているため、極端に肩幅が狭かったりお腹が出たりしていない場合でも、たとえば逆三角形の体型の方などにはフィットしにくい傾向があります。体を鍛えていて胸板が厚い方などは、胸や肩回りにサイズを合わせると、どうしても他の部分がブカブカになってしまいがちです。このあたりはやはり既製服の限界があることも知っておいてください。

 そして、サイズと見た目を鏡で確認する際、1つ気を付けていただきたいのは、正面だけではなく横からもチェックするということです。

 意外と多いのが、正面からはぴったりフィットしているように見えても、横から見ると背中でシャツが余って浮いていたり、パンツが太かったり、お尻がきつく見えたりするといったケースです。

 既製品のワイシャツなどは試着できないお店もありますが、できれば試着できるか店員さんに尋ねてから選ぶと良いでしょう。自分にフィットするシャツが見つかったら、袋をすぐに捨てずにそこに掛かれている丈、袖などのサイズをメモしておきましょう。こうすれば、仮に試着できない場合でも困ることがありません。

 キャンペーンを利用して購入もアリーースーツ「2着目1千円」はやっぱり得

  量販店ではよく、「4万円のスーツを買ったら2着目は1千円」といったキャンペーンを行っています。私がスーツ量販店に勤務していた時、お客様から「2着はいらないから1着を値引きしてほしい」と言われたこともあります。「何か裏があるのでは」と勘繰るお客様もいるようです。

 ただ、こうした割引キャンペーンは、基本的にお客様にとって損な話ではありません。たとえば4万円のスーツを値引きして2万5千円で購入しても、仕事でスーツを毎日着る方であればいずれは2着目が必要になるので、2着目にまた2万5千円払うより、1千円出してまとめ買いしたほうがお得になるのは明らかです。

 店側としてはたくさん作ったスーツをできるだけ売りたいという事情はありますが、あまりそうしたことは気にせず、気に入ったスーツであればこうしたキャンペーンを活用するのもアリだと思います。

スーツを購入する際の吉川浩太郎のワンポイントアドバイス

吉川さん写真量販店では、来店前にクーポン券などの割引情報はきちんと押さえて活用したほうが良いと思います。割引情報をわざわざ店員側から教えてくれることはほとんどありませんので、事前に情報収集して、自分から尋ねてみてください。

(よしかわ・こうたろう)1981年5月19日生まれ。東京都日野市出身。紳士服専門上場企業で人事採用や接客業務を経た後、イメージコンサルタントとしてのキャリアを基に依頼者独自の良さを引き出すコーディネート事業を展開。プライベートカジュアルからスーツスタイルまで幅広い知識・提案に定評がある。化粧品会社、大手建機会社、生命保険ファイナンシャルアドバイザー協会(公益社団法人JAIFA)等で30~100名規模のファッション研修に携わっている。

 

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓也(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る