マネジメント

松下電器産業(現パナソニック)入社後、PHP研究所で秘書となり、松下幸之助氏が亡くなるまでの23年間、側近として過ごした江口克彦氏。松下幸之助哲学の継承者、伝承者と評され、松下氏に関する著者、講演も多い。その江口氏が直々に教えられた運を強くする方法とは――。文=榎本正義 Photo=佐藤元樹

運が90%と言っていた松下幸之助さんを側で見てきて思うこと

201711EGUCHI_P01

えぐち・かつひこ 1940年名古屋市生まれ。江口オフィス社長、経済学博士、前参議院議員。慶応義塾大学法学部卒業後、松下電器産業(現パナソニック)入社。67年にPHP研究所に転じ、松下幸之助氏の秘書となる。同研究所で秘書室長、取締役、常務、専務などを経て、2004年社長に就任。23年間松下氏のもとで薫陶を受ける。一方で、道州制ビジョン懇談会座長(内閣官房)、沖縄新世代経営者塾塾長(内閣府)などを務め、政府への提言を行う。『ひとことの力 松下幸之助の言葉』『松下幸之助はなぜ成功したのか』(以上、東洋経済新報社)、『凡々たる非凡 松下幸之助とは何か』(H&I社)ほか著書多数。

 人生で実力がものをいうと言われるが、松下幸之助さんは実力は10%、運が90%だと言っていた。日本人として生まれたのも、この時代に生まれたのも自分の意志ではない。生まれた家も、環境も、言わば運命で自分が決めたものではない。確かに松下さんの言うとおり、運が90%だと言っても過言ではないだろう。

 ところで、私が松下幸之助さんを長年、側で見てきて思うのは、「運がいい」ということと「運が強い」ということは、違うということである。「運がいい」というのは、たまたま「幸運」に恵まれること。例えば、宝くじに当たったとか、お店に行ったら思いがけず3割引の日だったり。まぁ、偶然に左右されるもの、一時的なものということである。

 しかし、「運が強い」「強運」というのは、いい運が継続されるということだと思う。では、「運を強くする」には、どうしたらいいのか。人生には、いいこともあれば、悪いこともある。それを、すべてひっくるめて運が強い、あるいは運がいいと受け止めること。言い換えれば、いいことも悪いことも、「大肯定すること」によって、運を強くすることができるということである。まさにニーチェの「永遠回帰の指輪」であり、カーライルの「永遠の肯定」である。

 松下幸之助さん自身の話を聞いていると、その思いを強くする。父親が米相場に手を出し、蓄財を一夜のうちに失う。そのため、小学校は4年中退、親姉兄の9人は、松下さんが26歳までにほとんど、結核で亡くなる。加えて、自身も20歳の時に、結核の初期症状である肺尖カタルにかかり、4、5年後にようやく病院に行くが、途中で血を吐いたりしている。こういう話を聞くと、私などは、つくづく運の悪い人だと思う。しかし、松下さんはこのように父親が米相場で失敗したこと、小学校を4年で中退したこと、家族をすべて亡くしたこと、自身も肺尖カタルにかかったことなど、こういうことが、自分にとっては運が強かったことだと解釈していた。なぜならば、父親の失敗のお陰で、船場(せんば)に出て、商売の勉強ができたこと、小学校4年中退で勉強できなかったことによって、多くの人たちにものを尋ねることを身につけ、それが衆知を集める経営を考え出したこと。また、身体が弱かったために、そのお陰で事業部制、言わば会社内会社を考え、そのことによって人材を育成することができたこと。だから、私がなんと不幸な、と思うことを、松下さんは自分の運の強さの証しとしてよく話をしていた。

松下幸之助に学ぶ「強運になる方法」

 明治43(1910)年に、松下さんは大阪電灯(現関西電力)に就職したが、欠員待ちになり、桜セメントに臨時就職している。桜セメントは、大阪湾の中の埋立地にあり、通勤するには毎日ポンポン船に乗らなければならなかった。ある夏の日、工場からの帰り、船べりに腰をかけていたところ、その船べりの上を歩いてきた船員が、ちょうど松下さんが座っているところで足をすべらし、転落。その時、船員は松下さんに抱きついたため、松下さんも転落した。この話は、時折、笑いながら話をしてくれたが、最初、私はなんと運の悪いことよ、と思った。だが、松下さんは笑いながら、「ワシは運が強いやろ」と言う。なぜか。それは松下さんが水に数分間浮くことを心得ていたこと。そして、すぐに船が戻ってきてくれたこと。しかも、幸いに真夏であったこと。「これが浮く心得がなかったり、船が気がつかなかったり、真冬であったりすれば、それで溺れ死んでいただろう。そう思うと、いかに自分が運が強いかとしみじみと思う」と言っていた。私が否定的に不運、不幸と受け止めることを、松下さんは、だから自分は運が強いという解釈をする。大肯定をする。そういう普通であれば否定的にとらえるところを大肯定するところが、非常に私には興味深かった。

 もうひとつ松下さんが話をしていたのは、独立して間もなく自転車の後ろに商品を載せて走っていた時、自動車と衝突して、自転車はぺしゃんこになるだけでなく、当然のこと荷台の商品は路上に散乱。そこは市電が走っていた道であり、まさに電車が、倒れている松下さんの数メートル先で停車した。自動車に跳ね飛ばされたり、商品が散乱したり、なんと不運なことかと私は思うが、松下さんはこれまた運が強かったと言う。自動車に衝突しながらけがをしなかったこと、電車が止まってくれたこと。そう言いながら、「わしはつくづく運が強いと思うわ」と言っていた。こういう話は、いくつも聞かされた。「松下さんは運が強い、運が強くなる方法は?」と多くの人から尋ねられたが、その都度、松下さんは「わしは運が強いから、運が強いんですわ」と言って、呵々と笑っていた。私は運が強くなる方法は、松下さんのように、すべてのことを大肯定することにあるのではないか。私のようなものは、とかく否定的に考えてしまうことを、良かったとすべてを肯定する。そういうことが、運が強くなるひとつの条件ではないかということである。

 大肯定するだけで、運が強くなるかと言うとそれだけでは運は強くはならない。もうひとつ条件が必要である。それは、大努力である。「大肯定と大努力」。この2つの条件によって、強い運を身につけることができるのである。すべてのことを大肯定した後、そのままではいけない。大肯定した後、明日に向かって、次に向かって、人並み以上の大努力をすることが必要である。松下幸之助さんの人生は、大肯定をしつつ、人並みはずれた努力、想像を絶する努力工夫を積み重ねる人生だったということは付け加えておかなければならないことだろう。

 運が強くなる方法を私の立場からもうひとつ、付け加えさせていただければ、「運の強い人のそばで一緒に過ごすこと」だということである。なぜならば、「運の強い人の大肯定と大努力が強い運をつくるということ」を学び、自分自身でも実践するようになるからである。(談)

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年5月号
[特集] 巻き込む力
  • ・高岡浩三(ネスレ日本社長兼CEO)
  • ・唐池恒二(九州旅客鉄道会長)
  • ・河野 仁(防衛大学校教授)
  • ・入山章栄(早稲田大学大学院・ビジネススクール教授)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・中竹竜二(日本ラグビーフットボール協会理事)
  • ・時代も国境も超えた普遍のリーダーシップを学べるベストブックス
[Special Interview]

 小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)

 イノベーションを起こすために「人間とは何か」を問う

[NEWS REPORT]

◆零細企業でも活用できるインターネットM&A最前線

◆業界再編はあるのか 日本製鉄、巻き返しへの一手

◆技術研究所を解体してホンダは何を目指すのか

◆新型コロナウイルス治療薬 なぜ日本企業は創れないのか

[特集2]

 経営者に贈る「イロとカネの危機管理」

ページ上部へ戻る