マネジメント

2001年に開業し、3年後には早くもクラシックを獲り、07年には牝馬ウオッカで日本ダービーに勝利し、当時は40代の若き調教師と言われた角居勝彦氏。高校卒業後に勤めた牧場で、子馬が一度の骨折で殺処分される実態を知ったことが、調教師を目指す原点だ。調教師になれたのも、強い馬に恵まれたのも、すべてが「運」と言い切る。聞き手=榎本正義

角居勝彦氏のスタイル ~チームで馬をつくり上げる~

201711SUMII_P01

すみい・かつひこ 1964年石川県生まれ。日本中央競馬会(JRA)栗東所属の調教師。一般財団法人ホースコミュニティ代表理事。2000年調教師免許を取得。05~14年にかけて「最多賞金獲得調教師賞」もしくは「最多勝利調教師賞」を幾度も獲得している。ウオッカ、ヴィクトワールピサ、シーザリオ、カネヒキリ、エピファネイアなど開業16年でJRA通算勝利は4639戦646勝(2017年9月4日現在)。JRAが主催するG1勝利23勝は歴代3位、海外も含めたG1の勝利数34は日本一。

―― 2001年の開業以来、最多勝利3回、最高賞金獲得5回など13のJRA賞を受賞しています。勝つ秘訣は何ですか。

角居 馬を壊さないことが大前提ですが、生き物相手なので、何が原因で壊れていくか分かりません。一般的には、その馬の担当者が決まると、その人がもっぱら馬をつくり上げていくのですが、1人の見立てだとひいき目が出るので、どうしても誤差が出ます。

 現在、うちの厩舎では30頭管理していますが、餌を見る人、調教する人、いろいろな世話をする人、これに担当者と、1日のうちに最低4~5人がいろんな立場から全部の馬を見るようにして情報共有しています。チームで馬をつくり上げていくスタイルに比較的早くから取り組んできたため、誤差の少ない馬づくりができたのだと思います。

―― 競馬の世界は、まさに運に左右されると思いますが。

角居 運が良かった、あるいは悪かったと思うことはしょっちゅうです。厩舎も一生懸命、調教師も一生懸命、騎手も馬主も牧場の人たちも皆、一生懸命に取り組んで最善を尽くしたはずなのに、何か目に見えないものに操作されているような仕事ですね。大きなレースで何度も2センチ差で勝っていますから。

―― 2センチ差とは!

角居 2008年の天皇賞(秋)でウオッカはダイワスカーレットと競馬史上に残る壮絶な争いをし、わずか2センチの差で勝利しました。東京競馬場の芝2千メートルを走ってきて、わずか2センチの差なんて、運が良かったとしか思えません。ウオッカは09年のジャパンカップでもオウケンブルースリに2センチ差で勝利しています。

―― 運を引き寄せられますか。

角居 負の要素をできるだけ潰すことでしょうか。毎日これだけやれば成功というのがない世界ですから。馬は言葉も話さず理解もしないのですが、私たちの一生懸命さは伝わるような気がします。人間が喜んでいることを馬も喜べるのだと思います。褒められると何度でもやりたがりますから。逆にけがをしたとかムチ打ちなど痛い思いは一生消えない動物でもあります。

 競馬で騎乗しているときのムチにはルールがあるし、叱咤激励で叩く場合は、大きな筋肉を叩くので、どこまで痛みを感じているだろうというところもあります。ところが安静時に叩かれるとすごく敏感に感じるし、心にキズを負ってしまうようです。

角野勝彦氏は語る 業界に血縁関係がないのに調教師になれたのも強運

―― 角居さんは運が強い?

角居 そもそも私が調教師になれたこと自体が強運の持ち主だと思います。高校卒業後に勤めた北海道・静内の牧場で初めてサラブレッドに触れ、その魅力に取りつかれて調教師を目指して栗東に来ました。しかし私は調教師や騎手の息子ではないので、馬主とのパイプがない。調教師を開業しても、肝心の馬を預けてくれなければ開店休業状態になってしまいます。3回目の試験で合格することができましたが、最初は足元の弱い馬や性格的に難しい馬を預かることになりました。

 それを丁寧に馬づくりしたことが評価され、結果は出ていないが何年か前に期待した牝馬だったから、ひょっとしたらよく走るかもしれないという馬たちが05年に一気に“爆発”して勝利しました。オークスのシーザリオ、マイルチャンピオンシップのハットトリック、ジャパンCダートのカネヒキリといった馬たちです。G1を7つも勝ってくれたウオッカは、私の調教師としての師匠である松田国英先生から馬主の谷水雄三さんを紹介していただき、ウオッカの母の面倒をみたことがきっかけで私のところに来ました。東日本大震災があった11年は国内の競馬が一時中止になったのですが、アラブ首長国連邦で行われたドバイワールドカップで、ヴィクトワールピサが1着になり、暗い雰囲気に包まれていた日本を勇気づけてくれたのも印象深いです。

―― 勝ち続ける方法があると。

角居 馬の完成形はないのでどれだけ精進したかでしょうか。求めるものがだんだん繊細になったし、追求する技術もより高度になってきていますし。イギリス、アイルランド、フランスやアメリカは日本より馬づくりが進んでいるので、学ぶことは多々あります。

―― 競走馬の福祉にも取り組んでいますね。

角居 日本で年間に生まれる競走馬は約7千頭、うち勝利を収める馬は1割以下。競走馬を引退した馬は乗馬用や繁殖用となりますが、馬は維持するにも多額の費用が掛かるため、数は多くありません。数年前に、引退した馬でも、馬の手入れや乗馬などを通じて障がい者などが社会復帰を図ったり、リハビリしたりする「ホースセラピー」などにも利用できることを知りました。

 馬の「第二の人生」として13年12月、栗東トレーニングセンター内に、転用プロジェクトなどを推進する一般財団法人「ホースコミュニティ」を発足させ、代表理事に就任しました。厩舎の垣根を越えて、業界全体で競走馬の未来を考えていきたいです。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る