国際

成熟社会を迎え、子どもの教育、就職、働き方など、さまざまな面において、これまでのやり方が機能しなくなってきた日本。難病を抱えながら息子とともにハワイに移住し、事業家として成功を収めたイゲット千恵子氏が、これからの日本人に必要な、世界で生き抜く知恵と人生を豊かに送る方法について、ハワイのキーパーソンと語りつくす。

稲本健一・ゼットンUSA社長プロフィール

稲本健一PHOTOメイン

(いなもと・けんいち)1967年生まれ。愛知県出身。工業デザイナーを経て95年株式会社ゼットンを設立、レストランビジネスをスタートさせる。名古屋、東京を中心に出店を加速し、2006年名証セントレックスに上場。カフェ、レストラン、バー、ブライダル、和食などさまざまな業態の店舗を経営。09年、ハワイアンダイニングの「アロハテーブル」本店をワイキキにオープンし、その後、サーファーズ・カフェ「グーフィー・カフェ&ダイン」、オーガニック・カフェ「ヘブンリー・アイランド・ライフスタイル」を出店。16年2月にゼットン社長を退任し、会長就任。会長退任後は資本業務提携を結んだダイヤモンドダイニングの取締役に就任。海外展開の包括担当の任に就く。

飲食界のカリスマ経営者がハワイでゼロスタートした店づくり

イゲット ハワイに住まれてもうどれぐらい経つんですか?

稲本 明確にいつから住んだと言ってよいのか難しいのですが、今は日本とハワイで半分ずつくらいです。12~13年前からハワイに年間の1/3程度は来ていました。日本とハワイが半々の生活になったのはここ5~6年ですね。それ以前にも食堂ジャパニーズをプロデュースしたり、ムームーコーヒーというコナコーヒーブランドの役員をやったりしていたので、17年ほど前からライフスタイルの中にハワイがありました。

イゲット 稲本さんと言えば、飲食業界のエグザイルみたいな方だと思っています(笑)。

稲本 何ですか、それ?(笑)。

イゲット 先日、日本で開いた出版記念パーティの会場に東京と大阪のアロハテーブルを使わせていただいたのですが、そこで若い男の子たちが一所懸命働いていたのが印象的で。

稲本 男所帯ですからね。

イゲット どちらのお店のスタッフも爽やかな印象でした。稲本さんが若い男性の目標になっているというか、カリスマ的な部分を人材育成にうまく取り入れているんじゃないかなと。

稲本 普通だと思います(笑)。ただ、確かに人に恵まれている部分は大きいですね。

イゲット 日本の飲食業界とハワイの飲食業界で、一番大きな違いはどのあたりだと感じていますか。

稲本 まず業界の違い以前に、僕たちは20年以上日本で飲食業を手掛けてチェーン化しているので、ゼロから始めたハワイとは事情が違います。日本で売上高500億円規模のグループを運営していくのと、ハワイで手掛けている個店、いわば稲本商店のオーナーとしてやることとはまったく違います。ここでは自分はオーナーであり、ディレクターであり、プロデューサーであり、時としてサービスマンでもあるというスタンスです。日本で22年前にやったことを、今ハワイでやっている感覚です。

イゲット リフレッシュしている感覚ですか?

稲本 リフレッシュというか、ハワイに限らず日本以外でお店をやろうとしたときに、日本のチェーンの延長でお店をつくったら失敗すると考えているんです。違う国に行ったら、リセットしてゼロスタート。創業者としてトップに立って、店づくりを一つひとつやっていかなければいけません。よく「なんで成功するのか」と聞かれるんですが、簡単なことで、僕が来て自分でやっているからなんです。

 ハワイに関して言えば、ワイキキは世界最大のショッピングセンターと思っています。毎日何万人もの人が流動して、メインランドアメリカ、オージー、チャイニーズ、コリアン、その他さまざまな人種がいます。人数ベースで言えば、日本人はワイキキ全体の20%しかいません。ですから、ハワイでの戦略はジャパニーズオンリーではありません。

イゲット お客さんも欧米人が多いですよね。

稲本 マーケティングに基づいてやっていますし、商品も日本に合わせて作ってはいません。

イゲット 味も日本人に合わせていないのですか?

稲本 味に関しては、日本人にもOKと思われる味を作ることが世界で通用するために大事なことだと思っています。ただ、アプローチは違います。たとえば、日本人なら朝からブリトーは食べないだろうと思っていても、アメリカ本土から来た人は平気で食べますからね。あとは法律や条令も気にしないといけませんし、カントリーリスクという意味ではこれだけさまざまな人種が入り組んでいるので、習慣や宗教まで気にしないといけない。それは働く人も含めて、ということです。日本にはそういうのがありませんから、簡単に言うと違う星で商売をしている感覚ですね。

稲本健一がハワイで勝負するリゾートビジネス

稲本健一Photo3

稲本氏が基本フレームを作った「ヘブンリー」の店内

イゲット お店のコンセプトやメニューづくりや味まで、稲本さんが手掛けているのですか?

稲本 基本はフレームから自分がつくっています。店舗のデザインも100%ではありませんが、自分でフレームをまず作ります。たとえば、(今インタビューを受けている)「ヘブンリー」の壁に掛かっている絵は、何枚かの連作で横長の一枚の絵になっていて、外して一枚ずつになってもそれなりに成立するようなものですが、そうしたものが欲しいという指示は僕が出しました。

イゲット 昔、デザイナーだった影響もあるんでしょうか?

稲本 僕はインテリアデザイナーではなく、プロダクトデザイナーだったのでまったく同じではないですが、共通する部分があるのかもしれません。ちなみに、ヘブンリーはハワイに住むサーフィンが好きなアイランドスタイルの女の子の部屋をテーマにしています。今度、サーファーズ・カフェの「グーフィー」も見てもらえばわかりますが、そちらは男の子の部屋がテーマです。そちらでは、商品もボリュームたっぷりでカロリーも多めになっています。ローカル食材を多く使っているのは同じですが、ヘブンリーではオーガニック食材をなるべく優先的に使っています。

イゲット ハワイでは、食材のコストが高くつくのではないですか?

稲本 たとえば、キャベツなどを大量に使おうと思ったらメインランドから船で運ばないといけないし、歩留まりのロスもあるので、どうしても高くなります。ハワイのローカル食材は価値は高いけど量が少ない上に、物流体制も不十分。今日100個入荷できても明日はゼロということもあります。こうした状況を、どう吸収していくかがすごく大事なんです。食材を調達できない場合、ほとんどのシェフがネットや電話やFAXで発注したり、ファーマーズマーケットで人間関係を作って食材を回してもらえるようにしたり、そんな努力を一所懸命やっています。そこには頭が下がります。

イゲット ハワイは一定の人たちが出入りするので、季節によってお客さんにばらつくといったことはあまりなさそうですね。

稲本 そうですね。ただ、キングストリートやカパフル通りやケアモク通りは完全にローカルビジネスになっているので、そこにはあまり興味がないんです。ローカルの人たちに来ていただくことも大事なので、そこは上手くミックスしていきたいですが、非日常を人が楽しむことができるリゾートビジネスを行っていきたいと考えています。

ハワイの素材を使った、ハワイでしか作れない「和食」

イゲット これからつくる新しいお店のコンセプトはどういうものですか?

稲本 ハワイでの1軒目はアロハテーブルの本店、2軒目のグーフィーはサーファーズ・カフェ、3軒目のヘブンリーはオーガニックカフェダイニングときて、次は初めて和食にチャレンジします。しかもイートローカルで、できるだけ地元の食材を使った和食です。50%以上はハワイの食材、40%くらいがアメリカメインランドから、10%くらいが日本からというイメージです。新しいアイランドジャパニーズとして、ハワイでしか作れない和食を作ります。

 名古屋で試験的にやって大繁盛している「ドメ」という小料理バルがありますが、ドメはドメスティックの意味で、愛知県を中心に三重県や静岡県などの食材を中心に使っています。今回出すお店も、土地を食らうという意味の「地食」をコンセプトに和食を作ります。メインランドでも、同様の戦略業態でやっていくつもりです。

イゲット ハワイもそうですが、アメリカは地元に貢献する人を応援してくれる風潮がありますからね。

稲本 応援してほしいというより、きちんと地元に根付いて貢献したいという気持ちが強いですね。ゲストの立場から言えば、せっかくハワイに来たなら地元の食材を食べたいですから。和食の店がファーストプロジェクトで、セカンドプロジェクトとしてアイランドフレンチも準備しています。フレンチビストロを、カジュアルに楽しめるようなお店をしっかり作りたいと考えています。(後編に続く

ChiekoEggedDSC_3145(いげっと・ちえこ)(Beauti Therapy LLC社長)。大学卒業後、外資系企業勤務を経てネイルサロンを開業。14年前にハワイに移住し、5年前に起業。敏感肌専門のエステサロン、化粧品会社、美容スクール、通販サイト経営、セミナー、講演活動、教育移住コンサルタントなどをしながら世界を周り、バイリンガルの子供を国際ビジネスマンに育成中。2017年4月『経営者を育てハワイの親 労働者を育てる日本の親』(経済界)を上梓。

イゲット千恵子氏の記事一覧はこちら

 

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年3月号
[特集]
環境が経済を動かす

  • ・総論 災い転じて福となせるか 持続可能な社会の成長戦略
  • ・越智 仁(三菱ケミカルホールディングス社長)
  • ・100年後を考える 世界最大級の年金基金「GPIF」
  • ・金融業界はこう動く
  • ・脱炭素化の遅れがはらむ「座礁資産」の危険性
  • ・脱炭素化で移行する「地域循環共生圏」とはどういう社会なのか!?

[Special Interview]

 中田誠司(大和証券グループ本社社長)

 「SDGsを経営戦略の根幹に据えることで企業は成長する」

[NEWS REPORT]

◆稲盛哲学を学ぶ盛和塾解散を塾生たちはどう聞いたか

◆米中経済戦争の象徴となった「ファーウェイ」強さの秘密

◆EV時代にあえてガソリンエンジンにこだわるマツダのプライドと勝算

◆それは自由か幸福か——「信用スコア」で個人の信用が数値化された世界

[特集2]関西 飛躍への序章

 大阪万博開催で始まる関西経済の成長路線

ページ上部へ戻る