国際

成熟社会を迎え、子どもの教育、就職、働き方など、さまざまな面において、これまでのやり方が機能しなくなってきた日本。難病を抱えながら息子とともにハワイに移住し、事業家として成功を収めたイゲット千恵子氏が、これからの日本人に必要な、世界で生き抜く知恵と人生を豊かに送る方法について、ハワイのキーパーソンと語りつくす。

周藤宏樹・ワイキキ・サンドビラホテル社長プロフィール

周藤PHOTO2-1

(しゅうとう・ひろき)1961年生まれ。東京都出身。慶応義塾大学法学部政治学科卒業後、富士ゼロックスに入社。日本でホテル業を営んでいた父親に誘われ、26歳にしてハワイでのホテル経営に参画。ワイキキ・サンドビラホテル社長として現在に至る。日本人が使いやすい部屋づくりや足湯の設置などが好評で、多くのリピーターが毎年訪れる人気ホテルとなっている。

未経験で飛び込んだワイキキ・サンドビラホテル社長のホテル経営

イゲット もともと私と周藤さんは子供を通じて知り合ったんですが、イベントに子供より張り切って参加されていたのが印象的でした。子育てをすごくエンジョイされていますよね。

周藤 (笑)。そのとき、僕は何をやってましたっけ?

イゲット 忍者のコスチュームを着てました(笑)。そのインパクトが強くて。それはさておき、サンドビラホテルを経営するようになった経緯からお聞きかせください。

周藤 もともとは、親父と僕と、当時ドイツの銀行の日本支店で働いていた僕の友人と3人でオペレーションしようということになって。もう30年前の話です。

イゲット それ以前にも、ハワイには何度か来ていたんですか?

周藤 自分はそうでもなかったんですが、親父は何度も来ていました。親父は日本でホテルを経営していて、ハワイでもやりたいということで始めました。僕は当時26歳でホテル経営なんてやったことはなかったんです。それまでゼロックスに勤務して、普通に営業職に就いていましたし。英語は全然できませんでした。

イゲット 26歳の若さで英語もできず、経営の経験もないのに、いきなりハワイでホテル経営ですか。凄い話ですね(笑)。

周藤 酷いですよね(笑)。ハワイに来る前に親父が経営する東京のホテルに少しいましたが、リゾートホテルとは全然違うし、カルチャーも経営の仕方も全然違いました。

イゲット 自分でも、ホテル経営がしたいという気持ちはあったのですか?

周藤 単純にハワイに住みたいなと(笑)。親父に「お前も来るか」と言われて「行く」といった感じでした。

イゲット ハワイでは、もともとあったホテルを購入されたんですよね?

周藤 ええ。前のオーナーが雇っていたマネージャーが残っていたので、最初のうちはその人の下で修業みたいなことから始めました。

イゲット 当時から、日本のマーケットには対応していたのですか?

周藤 いえ、全く。日本人は誰も働いていなかったですしね。

イゲット 英語もできない状態で、スタッフとのやり取りなどはどう行ったのですか?

周藤 最初は英語が喋れる友人が間に入ってくれていましたけど、ほどなく日本に帰ってしまったので、片言の英語で何とかやりました。いろんなタイプの人たちがいる中で、本当に分からないことだらけでした。ただ、若い連中だけでなく、年配の方々も割とこちらの言うことは聞いて協力してくれましたね。僕が頼りなかったから、「私たちが頑張らないと」と思ってくれたんじゃないでしょうか。

イゲット それはラッキーでしたね。日本人の宿泊客はすぐにたくさん来てくれるようになったのですか?

周藤 ええ、時代も良かったのかもしれません。バブルの名残がまだあったのと、徐々に安いツアーが流行りだすようになって、日本からのゲストが増えてきました。

イゲット その頃は格安チケットが出始めて、たくさんの人が海外に行く時代になりましたからね。特に、日本人マーケットに対してはどんな取り組みをしたのですか?

周藤 基本的には、自分が泊まるならどういうホテルが良いかをベースに考えるしかなかったですね。自分で営業やメンテナンスなど、いろんなことを同時にこなすしかなかったので効率も悪かったと思います。

イゲット 大失敗したことなどはありますか?

周藤 そんなことばっかりだった気がします(笑)。キーマンの従業員に辞められたりもしましたし。ただ、他から良いオファーが来たら辞められるのは仕方ないので、普段からちゃんと給料を払ったり、職場環境を整えるしかないんですけどね。今は誰が抜けても、どうにか乗り切れるようにはなっていると思います。

イゲット 日本よりアメリカのほうが、上の人間が変わると組織全体がガラッと変わる印象がある。大統領などは良い例です。

周藤 そういう意味では、ここでは僕が上なわけだから、社風のようなものは以前からあまり変わっていないと思います。

日本人リピーターに喜ばれるワイキキ・サンドビラホテルのちょっとした心遣い

イゲット 日本人として、さまざまな人種のスタッフをまとめるのは大変ではないですか?

周藤 例えば、こちらに来てすぐの頃、ハウスキーパーに用事を頼んだことがありました。15時とかそれぐらいの時間に頼んだのですが、その人は「分かりました!明日の朝一番にやります」と返されてビックリしたことがあります。今日中じゃないのかと(笑)。その人にしてみれば、本当に親切な気持ちから言ってくれたんでしょうけどね。その程度のことは、今では当たり前と捉えられるようになりました。

イゲット 時間の感じ方も、南の島の人と日本人ではすごく違いますからね。

周藤 子供の野球などでも、朝9時に集合と言われて行くと誰もいなかったりしますしね(笑)。

イゲット 今、従業員は何人くらいいるんですか?

周藤 90人くらいで部屋数は214室です。日本人のリピーターは多いのですが、実は大したことは何もやっていなくて、たとえば3人で泊まるゲスト向けにトリプルベッドルームをつくったり、シャワーも固定式ではなくてホースが付いたものにしたり、子ども用に低いタオル掛けを付けたり、ちょっとしたことをいろいろやってるだけです。それと、ウォシュレットは全室に付けました。アメリカ人のゲストも喜んでいるみたいです。

イゲット 足湯もありますよね。

周藤 足湯は日本人だけでなく、外国人にも人気があるんです。座って足湯に浸かりながら、知らない人同士で仲良くなったりできますしね。足湯は隣の人と近すぎず、離れすぎず、仲良くなるには丁度良い距離なんです。あと、これは自慢なんですが、ソーラーパワーで動かしているんです。エコはわれわれのホテルの売りですね。

イゲット エコの取り組みは他にどんなことを?

周藤 昔は電気を白熱灯から蛍光灯に変えましたし、今はLEDに変えたりしています。エアコンの温度も少し高めに設定したり、シャワーやトイレで水を無駄遣いしないように水量を調節したり、導入費用は掛かりますが、部屋もカードを差し込まないと電気が付かないようにしたり、やれることは全部やっています。他にも、何か新しいものが出てきたら導入したいと思います。(後編に続く

ChiekoEggedDSC_3145

 

(いげっと・ちえこ)(Beauti Therapy LLC社長)。大学卒業後、外資系企業勤務を経てネイルサロンを開業。14年前にハワイに移住し、5年前に起業。敏感肌専門のエステサロン、化粧品会社、美容スクール、通販サイト経営、セミナー、講演活動、教育移住コンサルタントなどをしながら世界を周り、バイリンガルの子供を国際ビジネスマンに育成中。2017年4月『経営者を育てハワイの親 労働者を育てる日本の親』(経済界)を上梓。

イゲット千恵子氏の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

高校中退、ITスキルなしの17歳の青年が立ち上げた会社が、わずか2年で利用企業約500社、ユーザー約6万人のアプリを運営するまでに成長している。「世の中を変えたい」という思いを原動力に突っ走る谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長に話を聞いた。(取材・文=吉田浩)谷口怜央氏プロフィール…

Wakrak(ワクラク)社長 谷口怜央氏

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る