マネジメント

圧倒的に稼げる人とそうでない人との違いは何なのか。事業における成功と失敗の分かれ道はどこにあるのか。本シリーズでは、幾多の修羅場をくぐりぬけてきた企業経営者たちを直撃し、成功者としての「原点」に迫っていく。

企業理念をつくって起きた大きな変化

串カツ田中3

(ぬき・けいじ)1971年生まれ、大阪府出身。トヨタ輸送に勤務した後、27歳で独立。大阪にショットバーを開く。その後、大阪にデザイナーズレストランと東京に京懐石の店を開き繁盛させるも、リーマンショック後の不況で業績が悪化。倒産寸前に陥ったが、ショットバー時代に知り合った田中洋江氏(現串カツ田中副社長)の実家にあった串カツのレシピを再現し、「串カツ田中」をオープン。大人気を博す。2016年東証マザーズ上場。直営店、FC合わせて166店舗を展開(2017年11月時点)。

江上 串カツ田中の一号店が人気になった後、どのように拡大していったのですか?

 店が予想以上に当たって、半年に一店舗ぐらいのペースで出店できるようになりました。それまで大阪と東京で飲食店経営をやってきたし、串カツ屋は職人技も要らない仕事だったのですが、今思うとやり方が下手で、かなり適当でしたね。

 一店舗目を開いた時に知り合いの飲食店の役員さんがお祝いに来てくれて、その時に「君のところの企業理念は何か?」と聞かれました。「企業理念のない会社が成長したためしはないよ」と。こちらは「何ですかそれ?」といった感じです。何のために働くのかと聞かれてもお金を稼ぐためぐらいしか思い浮かばなくて。では、スタッフはなんのために働くのか、などいろいろと答えに詰まってしまった。

 それで気になって「企業理念」をネットで調べると、「全従業員の物心両面の幸福を追求する」という稲盛和夫さんの有名な言葉があった。それで今のとは少し違いますが、最初の企業理念は「お客様の笑顔を1人でも多く生むことにより社会貢献し利益を得、全従業員の物心両面の幸福を追求する」としました。すると、会社がガラッと変わったんです。企業理念があっても、ただ飾っているだけなら意味がありませんが、「企業理念ってなんや?」と思いながらも、僕がそれに従って行動しようとするようになったので。

江上 自分自身が変わると会社が変わるというのは深い話ですね。

 「全従業員の物心両面の満足」ということで、物はお金で買えるけど心はどうするか、とかいろいろ考えるようになりました。大阪のお店は売却して串カツ田中一本に絞ったのですが、やり甲斐と休みが両方ないと従業員は疲弊するので、4店舗目から完全週休二日にしました。4店舗目くらいからはみんなで慰安旅行に行くことにして、旅行先も毎年スケールアップしていて、少しでも良くしていくことを意識しました。それも企業理念に「従業員の物心両面の幸福」というのがあったからです。

 自分が串カツ田中を育ててきたというより、串カツ田中が経営で大切なことを教えてくれたと思っています。常に試練を与えてくれるし、手を引いてもらっている感覚ですね。経営が上手くない僕でも、串カツ田中は伸びていくからそれに自分が追いついていくしかないんです。

串カツのイメージを守るためにスピード展開

江上 苦労を10年された後の成長のスピードがすごいですよね。

 苦労はしていますが、意外と用心深い方なんです。

江上 私の顧客の経営者でも用心深い人が多いです。年配の方はよく、本当のお金持ちは50歳を過ぎてからだと言います。若い時にお金を掴んでしまうと、驕りが出て大体おかしくなる。それまでにどれだけ体験を積んで、人の気持ちが分かるようになれるかが大事だということです。

 飲食業界にも若い経営者は多くいますが、金遣いが荒い人を見ていると、羨ましいのが50%、可哀想にという気持ちが50%ですね。早く成功しすぎると、落ちることへの恐怖が長いだろうなと思いますし(笑)。

江上 フランチャイズの導入については、どうやって勉強されたのですか?

 本を読むのも得意ではないし、勉強は特にしていないです。できれば直営で全部やりたかったのですが、串カツ田中を模倣する店が出てきたので、これは急がなければいけないと思いました。これが焼き鳥屋だったらA店がダメならB店となりますが、東京で胸焼けがする串カツを売られたら、「串カツは胸焼けする食べ物だ」と思われてしまう。だから、最初に僕らの串カツを食べてもらうためにはスピード展開するしかない。それなら、フランチャイズの手法を取ればできるなと。アルバイトでもオペレーションできて儲かるからフランチャイズにするという気持ちは全然なかったです。

 串カツ田中が5店舗ぐらいの時から業界から注目されだして、そのころになると飲食業界の仲間も増え、SNSも普及していたので、紹介を貰ったりして成長が加速しました。勉強という意味では、「太陽の会」という飲食業界オーナーの勉強会にも参加しました。

禁固刑と懲役刑のどちらを選ぶと聞かれたら?

串カツ田中4江上 その会は今もあるんですか?

 あります。飲食業の発展を理念に掲げて、もう11年目ぐらいになる勉強会です。ゲスト講師を呼んだり、自分たちの評価制度などを出し合ったりして勉強しています。特に、入って1年くらいの時に聞いた鳥貴族の大倉忠義社長の講話の影響で、自分の経営がどんどん変わっていきました。

江上 大倉社長の言葉で、特に印象に残ったものはありますか。

 たくさんありますが「上場してもしなくても、いつでも上場できる会社にしておくことが大事」というのが特に響きました。最初に聞いた時にはあまりピンとこなかったのですが、串カツ田中が50店舗ぐらいになって上場を目指し出した時、すぐにその言葉の意味が分かりました。上場基準に達するために、ガバナンスやコンプライアンスなどに取り組んで行くうちに、企業が成長するのに必要な要素が全てそこに入っていることに気付いたんです。たとえば法令順守の点1つを取っても、スタッフに良い環境を作りたいと言いながら、アルバイトに有給休暇を与えるといった部分にまで完璧な意識は及んでいなかったですしね。教育や採用にもお金をかけるようになって、安定的に成長するための基盤ができました。

江上 まさに串カツ田中が教えてくれたということでしょうね。若い経営者に向けてメッセージを送るとすればどんなことですか。

 経営者かどうかにかかわらず、仕事が嫌だという気持ちがあるとしたら、それは思い込みではないかと思うんです。先日、勉強会で「もし警察に捕まったら、懲役刑と禁固刑のどちらが良いか」という質問をされました。禁固刑は朝昼晩の飯は食えるけど部屋から一歩も出られない。一方、懲役刑は労働しなくてはならない。すると、多くの人は労働がしたいと考えてしまうんですね(笑)。さらに、「誰でもできる仕事と難易度が上がっていく仕事のどちらがしたいか」と聞かれて、それなら成長できる仕事のほうがいいなと。

 人間には成長欲求があって、社会とつながることで生きがいを感じています。社会と一番繋がることができるのは仕事です。仕事が辛いもので、遊びが楽しいものという概念を取り払わないと人生は豊かにならないと思います。これは、うちの会社にずっといろという意味ではなく、アルバイトさんにもよく言ってることです

江上 仕事があるから休みも嬉しいということですね。メリハリやギャップは必要です。

 考え方を変えるだけだと思うんです。社会というものを意識して仕事をすることが大切なのではないでしょうか。江上治×貫啓二(前編)

(えがみ・おさむ)1億円倶楽部主幹・オフィシャルインテグレート代表取締役。1967年生まれ。年収1億円超の顧客を50人以上抱えるFP。大手損保会社、外資系保険会社の代理店支援営業の新規開拓分野で全国1位を4回受賞、最短・最年少でマネージャーに昇格し、独立。著書に16万部突破『年収1億円思考』他多数。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

金利固定化の方法を知る

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メーン銀行との付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

金利引き上げの口実とその対処法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件に学ぶ 不祥事対応

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

「ブラック企業」という評価の考察

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

コミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

所得税の節税ポイント

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

固定資産税の取り戻し方

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

人を育てる「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手に育成するコツ

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

部下の感情とどうつきあうか

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

“将来有望”な社員の育て方

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポート――中島優太(エベレディア社長)

 昨今、事業拡大や後継者対策などを目的とした企業同士のM&Aが増加している。同様にウェブサイトのM&Aが活発化している事実をご存知だろうか。サイトの売買で売り手にはまとまったキャッシュが、買い手にはサイトからの安定収益が入るなど、双方に大きなメリットがもたらされている。大手ITグループから個人事業主まで幅広い…

201712EVEREDIA_CATCH

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

外国人を中心に需要が高まるソーシャルレジデンスで快走―オークハウス

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせください。 桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

20150609_INNOV_P02

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

パートナーズは全国の中古投資用不動産の売買仲介を手掛けている。2011年の創業以来、5期連続増収を達成。吉村社長は業績好調の原動力を「社員の人間力を養い、顧客満足度の向上に取り組む姿勢にある」と語る。── 数ある投資用不動産会社の中、独自の強みについて。吉村 当社では、社員の人間力を徹底的に磨きな…

企業eye

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

海外ビジネスの第一線で活躍した2400人のエキスパートを擁し、日本企業の海外事業を支援。

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年2月号
[特集]
明治維新から考えるニッポンの原点

  • ・第3の開国を迎え日本の未来は地方にあり(加来耕三)
  • ・実務面で明治維新を後押し国家の礎をつくった薩長密航英国留学生
  • ・布衣の宰相・前田正名のもう一つの明治維新
  • ・「より良い未来の礎になると願い死んでいった西郷の青春群像」(林 真理子)

[Special Interview]

 榊原定征(日本経済団体連合会会長)

 経済界主導のイノベーションが日本経済の未来を輝かせる

[NEWS REPORT]

◆世界の外食王を目指すトリドール・粟田貴也の「野心」と「危機感」

◆東証一部に返り咲き シャープの復活は本物か

◆「越境EC」への投資から見る伊藤忠の本気度

◆上場廃止を免れた東芝を待ち受ける「モノ言う株主」

[政知巡礼]

長島昭久(衆議院議員)

「自民党にできない改革を引っ張っていく政党に」

ページ上部へ戻る