文化・ライフ

加熱式たばこ3社のブランディングはカラー展開から

 数年前より、テスト販売や商品改良が数度なされてきた加熱式たばこの全国展開がやっと整ってきたようなので、各社の色展開マーケティングに関して考察してみます。

 本体の全国販売開始時期に関して、アイコス(フィリップモリス)は2017年6月25日~、グロー(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)は2017年10月2日~、プルームテック(JT)だけは2018年で、いまだ全国販売が出来ていないという状況です。

 各社加熱式たばこは、今まで商品の品質や販売状況などを確認して、改良のため全国各地においてテスト販売を行ってきました。やっと全国展開が落ち着きを取り戻した感がしています。

 ブランド価値の浸透、ブランドロイヤリティー化を強めるにあたり、各社の戦略の状況を分析してみます。ブランドラインエクステンションをまず、各社は行っていますが、現在のところ商品のスペック違い(性能違い)などは行なわずに、色展開を積極的に行っています。

 各社がどういう色展開をして顧客ニーズを獲得するのか非常に興味深いので、今回はカラーバリエーションについて考察してみます。

加熱式たばこ3社のカラー展開の違いとは

 ブランド戦略において、商品の価値を高めるためのバリエーション展開として、限定品やカスタム品などを追加投入することが良くあります。

 加熱式タバコ業界では、先行しているアイコスは白と黒をベースに、外側のカバーやスティックの口側部分のカラー部品の展開をして、カスタマイズに力点を置いているように思えます。

 グローの戦略としては、本体の色バリエーションを増やし、また、あえて高価格に設定した高級バージョンの限定販売によって、ブランド価値のプレミアム化を狙っていると思われます。

 グローについては一体化構造のため、本体外側に数百円の簡単シールを巻きつけてカスタマイズできるようにし、ネット上などでは、いろいろな面白いシールが販売されています。

 プルームテックに関しては、現在も品薄状態であることが関係しているのか、マットブラック一色のみの展開なので、自分好みのカスタマイズが出来ていない状況ですので、今後の色展開が楽しみです。

 さらに詳しく見てみると、まずアイコスは他社より先行販売をしてはいたものの、キャンペーン以外ではカラーバリエーションが少なく、当初は白と黒の2種類で現在も白と青と少なめ。一部、空港にて海外旅行の方向けに免税店限定でブルーメタリックなども販売されています。また、旧型ではあるもののLINEとのキャンペーンでスティックを販売するなど工夫をしています。

 グローは、基本シルバーの1色ですが、店舗ではシャンパンゴールドやピンク、ブルー、ブラックなど4種の購入が可能です。

 さらに、アイコスとの明確な高級化でブランドイメージの差別化を図るために、先着順予約にて1千台限定で高価なプレミアムカラーを加えました。販売期間もずらして、シリアルナンバーを入れることでプレミアム感を向上させています。写真のAuオータムゴールドも現在相当の付加価値がついています。

 以下に、現時点でのわたしの調べた限りでの最新情報を載せておきます。海外での販売商品は除いています。写真はすべて筆者撮影です。

アイコス18回-1

アイコス新型2.4plus(10,980円税込)。このほか、ネイビー(基本)、空港免税店限定でブルーメタリック、キャンペーン限定色旧型ホルダー単体(6,980円税込)でゴールド、ミッドナイトブルー、ローズピンク、バーガンディー、ブルー、シルバー、ダークデニムがある

グロー18回ー2

グロー(8,000円税込)、プレミアム・シルバー(基本)。このほかシャンパン・ゴールド、モーブ・ピンク、ミスト・ブルー、ストーン・ブラックがある。プレミアム・シルバー以外のカラー製品は、グロー旗艦店、オンラインストア限定販売

グロー。シリアルナンバー入り高級PREMIUM COLLECTION 1,000台限定カラー(16,980円税込)、Au(オーラム)ゴールド色。このほか、Cr(クローム)、C(カーボン)がある。オンラインストアにて抽選販売のみ(すでに販売は終了)

ブルームテック18回-1

プルームテック(4,000円税込)。マットブラックのみ

*本記事はタバコやパイプ煙草等の推奨や宣伝をする目的では全くなく、商品分析のために書かれたものです。タバコは人体に有害とされているため推奨されるものではありません。厚生労働省などの方針も現時点でのものです。

※本連載の過去記事はこちらから

+++++++++++++++++++

(やまもと・やすひろ):ビジネス・バリュー・クリエイションズ代表取締役、ブランドマーケッター。日本コカ・コーラ、JT、伊藤園でマーケティング、新商品企画・開発に携わり、独立後に同社を設立。これまで携わった開発商品は120アイテム、テレビCMは52本製作。1年以上継続した商品を計算すると打率3割3分、マーケティング実績30年。現在では新商品開発サポートのほか、業界紙をはじめとしたメディア出演や連載寄稿、企業研修、大学等でのセミナー・講義なども多数実施。たたき上げ新商品・新サービス企画立ち上げスペシャリスト。潜在ニーズ研究家。著書に『ヒットの正体』(日本実業出版社)、『現代 宣伝・広告の実務』(宣伝会議)、英語著書『Stick Out~a ninja marketer~』(BVC)など。

 

 

 

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る