文化・ライフ

今回のゲストは、福岡県北九州市で創業108年を迎えるシャボン玉石けん3代目社長の森田隼人さん。30歳の若さで事業承継し、早10年。先代社長の意志を引き継ぎ、安心・安全な無添加の商品づくりにこだわります。「消費者に正しい情報を」と語る森田社長の思いに迫ります。

突然の社長就任もシャボン玉せっけんの経営は順調

201803SANSAN_P01

もりた・はやと 1976年北九州市生まれ。2000年専修大学経営学部卒業。同年シャボン玉石けん入社。01年取締役。02年取締役副社長。07年30歳の若さでシャボン玉石けん、シャボン玉販売、シャボン玉本舗、シャボン玉企画社長に就任。

佐藤 ごぶさたしています。2011年の経済界大賞授賞式以来ですね。

森田 その節は優秀経営者賞を頂き、励みになりました。

佐藤 森田さんが社長になられたのが07年。半年後に先代社長のお父さまがお亡くなりになり、突然の就任劇だったかと思います。当時を振り返ってみていかがですか?

森田 私がシャボン玉石けんに入社したのが00年で、最初は関東の地方工場など現場を回り、2年目で副社長になりました。高齢の父は病を患っていたので、「役職が人を育てる」という考えから、若い私を要職に就けたのでしょうね。一方、私も問題が起きたら父に聞けばいいと甘く考えていたのが、父が予想よりも早く亡くなってしまい、突然、一人で経営のすべてをやる必要が生じました。そのときに決意したのが、会社を長年支えてくれているお客さまに、安心・安全なシャボン玉の商品を届け続けようということでした。

佐藤 「役職が人を育てる」と私の父もよく話していました。私も社長になってから経営や人の生かし方を現場で覚えましたし。これは笑い話ですが、私の社長就任が決まったとき、「娘が社長で大丈夫か?」と不安がる社員たちを前に、父は「バカ野郎! 経理部長はできなくても社長はできるんだ!」と怒鳴ったんです(笑)。ひどいですよね。

森田 面白いお父さんですね(笑)。

佐藤 事業承継後、お父さまの代から長年勤めている社員との関係はいかがでした?

森田 そこはスムーズにいきましたね。当社は1991年まで17年間赤字が続き、離職率も高めでしたが、黒字化した翌年以降は定着率が上がりました。私が入社した当時は新卒が多く、今の社員の平均年齢は33歳です。社歴が長い割に若手からベテランまで幅広く在籍しており、年上の役員も私をサポートしてくれます。

佐藤 年齢が近いと言いたいことを言えて、同じ時代を生きている分、価値観のズレも少ないですよね。若手が多く、ベテランもいるのにコミュニケーションにストレスがないのは良い環境ですね。

森田 そうですね。企業理念「健康な体ときれいな水を守る」の下、若手もベテランも一丸となっています。

無添加せっけんの技術を生かす派生商品も

201803SANSAN_P02佐藤 新商品開発や新しい事業展開はされていますか?

森田 2009年に感染症対策研究センターをつくり、産学連携で商品開発を行いました。そうした中で誕生したのが無添加の手洗い石けん「バブルガード」です。手洗いを中心とした感染予防の啓蒙を図り、今では病院や食品工場などでも採用されています。その後石けんリサーチセンターを起ち上げ、石けんの研究・開発により力を入れています。

佐藤 モノがあふれる昨今、世の中で無添加が見直されていますから、御社のような取り組みは大切ですよね。ほかにも環境に優しい消火剤の開発・普及にも努められているそうですが。

森田 そうですね。阪神・淡路大震災の教訓を元に、「少ない水で効果的な消火活動ができる消火剤」の研究を産官学連携で開始し、世界初の石けん系泡消火剤「ミラクルフォーム」を開発、07年から販売しています。山火事(森林・泥炭火災)の多いインドネシアでは政府と連携して普及に努めています。

佐藤 泥炭火災はあまり聞き慣れませんが、どういったものですか?

森田 泥炭火災は地中で化石燃料の元になるものが燃え続ける現象です。大量のCO2排出が人体や環境に悪影響を与えるばかりか、煙が航空などの交通インフラを妨げるなど、多大な経済損失を招きます。消火活動における水との違いは、腐葉土のような野原に放水しても流れてしまいますが、泡なので地中に浸透していきます。水の使用量も通常よりも少なくて済み、環境に優しいという利点がありますね。

佐藤 無添加に強みを持つ御社ならではの商品ですね。日本国内での展開はいかがですか?

森田 まだこれからですね。日本の消火はまだ水が主流なので、入り込む余地はあります。誰も靴を履いていない島に靴を売る、そんな感覚でしょうか。

佐藤 森田社長は以前から無添加の良さや合成洗剤との違いについて世の中に真摯に訴えていますね。石けんは私たちの身近にあるものだからこそ、良いものを選びたい。私も愛用していますが、御社の商品は衣類の着心地がいい気がします。

森田 そうですね。当社の洗濯石けんは柔軟剤を使わなくてもふんわりと仕上がります。正しい情報を伝えていくという側面からは、合成洗剤はせめて妊娠授乳期間中は使用しないなど、世の中に訴え続けていきたい。お客さまを大切にし、同じくらい社員を大切にして、生き生きと働ける組織づくりをしていくことが今後の目標です。

佐藤 お父さまの遺志を継ぎ、若手を引率し続けてくださいね。

 

似顔絵=佐藤有美 構成=大澤義幸 photo=長島和美

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る